7月に入り古谷本郷地域の住民からJR川越線の線路わきの用水路までの周辺に葦が繁茂して水田にまで影響してしまうとの相談を受け、市の担当と相談させていただきました、市では河川担当や農業担当、荒川右岸などに内容を確認していただくことを相談しましたが、その後市からは現地確認をしたところ処理が済んでいるとの報告をうけ、相談者からも処理が済んでいるとの報告を受けたため、25日現地を確認しに出向いたところ、用水路と線路斜面の葦が刈られていました。刈られた葦は線路わきに残されていましたが、水田には影響しないような形で処理が済んでいることを確認しました。

 7月15日に現地を確認した際の状況とは、まったくきれいに処理されており、水路の流れや水田への影響はなくなったと思える状況を確認しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp