Archive for 2013年 4月

 3連休明けの30日市役所で恒例の団会議を開催。4名だけの会議でありましたが7日の議会運営委員会の協議事項の会派会議をじっくり行うことができ、また、今後5月の議員活動の確認などを行いました。

 午後からは、市民相談の案件を市役所担当課に確認をさせていただくなど、夕方までかかってしまいました。

 28日昼から招待を受けた「NPO日本医療情報福祉ネットワーク」主催の記念講演会に参加してきました。

 当日は2つの項目での講演会で、

1、日本のTPPに参加・実施された場合の医療界への影響は如何に。

2、高齢化社会の現状と今後の動向。

という二つのテーマによる講演をうけてきました。

最寄駅の東京駅の写真を取られている方が多いのに驚きました。

 28日オアシスでの障害者団体の定期総会の開始前に伊佐沼の農業ふれあいセンターを会場に開催されていた「川越・春の農業まつり」会場を見学しました。

 会場では太鼓の演奏や魚つかみ、牛の乳搾り、豚の丸焼きなどイベントが盛りだくさんで、開会の準備をしておりました。

 27日午後市民相談の家庭訪問の後、同町内にある喜多院所有の龍池弁財天を見学しました。住宅街の一角に湧水かもしれませんが池ができており、その中には錦鯉が数匹泳いでおりました。管理者からのメッセージで池に鯉を放流しないように立て看板が出ていましたが、これ以上増やさないための看板かとも思いました。

 池の水は池から住宅街の脇を通過して新河岸川まで流れていくものと思われますが、住宅街の中にこのような池が存在する事さえ貴重な風景と感じております。また、この池の所有者が喜多院であることにも、事実を知らない市民も多いのではないかと思います。

 川越市の丸広百貨店の駐車場に今日から29日まで屋台村がオープンしました。初日の27日の午後に見学しましたが、特設会場に周辺自治体の自慢のB級グルメが出店しており、お客をもてなしておりました。また、特設ステージでは川島町と川越市のご当地キャラクターが出演してのヒーローもののステージを披露されていて、親子連れの観衆に喝采を浴びていました。ゴールデンウィーク最初の連休のイベントとして喜ばれていました。

 私は見学の後、日本の伝統工芸品の展示即売会場を見学しましたが、匠の品の素晴らしさに感動させていただきました。しかしながら、芸術品は高価でもあり購入することはできずに帰宅いたしました。

 童謡「とうりゃんせ」の舞台でもある三芳野神社の横の初雁公園(公園内に初雁球場もある)の広場にある公園遊具もリニューアルして色も鮮やかになったことで、公園を利用する親子連れも多くなり、やはり公園には遊具があることが必須条件と改めて思いました。以前からこの公園には遊具はありましたが、新たにリニューアルされたことで春休みなどは大変な人混みでの利用風景を眺めました。

 今後も公園が少ないとよく市民から要望を受けることが多いのですが、公園面積をさらに拡大して自由に利用できる環境づくりが私たちには望まれると実感しておりいます。公園は市民が自由に利用できる環境で設置されるものが理想で、一部地域に限定されるような利用制限がなされるような状況を作り上げることは自治体として厳に慎むべきで行政としてしっかりとした考えで取り組むべきと考えます。利用する子供たちが自由に遠慮なく利用できる公園を今後も厳守し、拡大していくことの使命を改めて感じております。

 本丸御殿は26日は閉館日で門は閉じていましたが、川越で唯一川越城の面影を実感できる外観を醸し出しているのがこの本丸御殿で、この日も天気が良い中で青空にその姿は映えていました。

 

 川越市立美術館と博物館も現在新たな展示物をそろえて来館者を待っています。特に博物館では川越市にゆかりのある新河岸川の舟運の歴史を扱っており、川越市の発展の原点を再発見する企画と感じています。

 川越市役所の近くに川越城の堀跡が一部復元されて見学できます。26日自転車で市役所に出向いたのでついでに見学したところ、観光案内のチラシを眺めながら見学する男性やシルバーの観光案内の方に説明を受けながら刊行している着物姿の麗人二人と出くわしました。川越城の面影を残す堀跡は一部ではありますが川越の武家時代を彷彿させる史跡と感じています。城郭や天守が残っている地域では必ずと言っていいほど堀が現存しており、川越と比較すると羨ましさを感じることもありますが、今となっては一部でもその原型で当時をしのぶしかありません。

 25日川越駅東口に2基のエレベーターが設置される工事現場を見学しました。今年の8月9日までに工事は完了予定の見込みですが、現在順調に進んでいると思われます。工事個所の南側に喫煙場所を移設したので、今日も多くの愛煙家がそちらに集まっていましたが、工事完成後もその場所が固定するのか不明です。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp