川越市の中老袋の入間大橋を渡り、古谷本郷の上江橋までの区間は、今菜の花が土手を覆い黄色の壁となっています。この土手の上は散歩やサイクリングで利用者も多いのですが、川越市の入間大橋運動公園としてソフトボールのグランドが並んでいます。大変きれいな空間が醸し出されていますが、この土手の脇を通行する車両も多いのですが、いかんせん擦れ違いが厳しいくらいの道幅であるため、随所に設けられた待機場所で車両の擦れ違いを行っています。よって、自転車通行も危険があります。この土手の中に道路とは別に自転車や歩行者の通路が確保できたら、どれほど住民は喜ぶか、また安心な通行ができると思われます。なかなか難しい課題ですが、今後自分なりに考えて相談していきたいと思っています。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp