川越市は4月1日の人事異動を27日発表しました。発令対象者は862人で、うち管理職(副課長以上)は135人、女性の部長級を1人増やし、更に女性の課長級を4人から8人に増加するなど、女性の管理職を46人から53人に拡大されました。

 私は個人的な事情で28日に知ることとなりましたが、このたびの人事異動では、11年ぶりに報道監を、2年ぶりに危機管理監を新設することになりました。

 報道監の職務は、市制情報の整理や市長等への情報提供を行う、また、情報媒体を通じて市政の積極的なPR活動を推進すること、が大きな職務のようです。

 危機管理監の職務は、防災対策や危機管理対策、更に見直し予定の地域防災計画策定の総合調整を受け持ち、もしもの災害発生時には危機管理全般の対応を受け持つ。とのこと、今後予想される首都直下地震などの危惧される災害への対応と思われます。

このほかにも、副市長も今回交代され、宍戸副市長は埼玉県庁に戻り、新たに同じく埼玉県庁より奥山氏が副市長に就任される人事案件は、26日の議会最終日に採択されました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp