24日は支援団体の幹部と市内の農業を大規模で行っている方の訪問活動を実施しました。
日本の総理が日米首脳会談で意思表示を示したと思える日本のTPP交渉参加についての意見を伺いました。
7名の方の自宅を訪問しての意見交換でしたが、不在の方もおりましたが五人の方から率直な意見を伺いました。今後は与党の中で公明党にもしっかり要望を伝えて行きたいとの声など、日本の農業を守るための強い姿勢を感じ取ることができました。
また、日本の農業も外国に負けない潜在的な力もあるので、その力を発揮させられる国の支援も必要との意見もありました。過去にも、オレンジの自由化の際もその試練に打ち勝った実績もあるなど日本の粘り強さも教えられました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp