ふじみ野市上福岡飲食店組合の主催、ふじみ野市社会福祉協議会、ふじみ野市商工会などの後援での第1回目の歌謡ショーがふじみ野市勤労福祉センターで開催されました。

 開会にあたって高畑ふじみ野市長のあいさつで、この地域では昼からのカラオケ人口が多く、昼カラオケで町おこしを行いたい、との話がされました。声を出すことは、さらに笑顔で歌を歌うことは健康にも大変良いことだと感じました。さらに、市長からは、ふじみ野市の少年の主張で、東日本大震災で被害にあった被災地のことを忘れてはいけない。との声を聴き、引き続きの支援の輪を持続する大事さを述べられ、本日のイベントでもチャリティーとして集まった募金を全額被災地に届けるとの話などがされました。

 私自身も議会の一般質問で、被災地支援の思いを復興が済むまで叫ばなくてはならない、川越市のイベントには常にサブタイトルで復興支援を掲げ、支援の思いを風化させてはいけない、と訴えさせていただきましたが、子どもたちもその思いに立っていると聞き感動しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp