Archive for 2012年 9月

 23日市内小江戸蔵里を会場に三富地域農業振興協議会主催で、「第6回さんとめの木をいかす展」が開催され見学をいたしました。

 同展は9月21日から開催されており23日は最終日となりましたが、生憎の雨で広場での展示等はおこなえず、室内のみの展示でありました。

 それでも通路や展示室には多くの見学者が訪れており、三富新田の歴史や三富地域の農業の展示と木材を活かした展示作品を製作者の説明を受けながら、気に入った製品の即売会も開催されていました。また、川越いもの子作業所の製品の販売も行われておりました。会場では招待状を頂いた埼玉県の農林振興センターの職員や製作者からの説明と主催者代表とも懇談をさせていただき、今後も継続した展示を実施して、三富の製品を多くの方に知っていただき、そして日常の生活品として使用していただけるよう取り組んでいく強い決意を伺いました。また、川越市の農政課の職員も運営に携わっており、懇談をさせていただきました。

 川越市議会は21日に一般質問が終了しました。この日は前日までに終了できなかった議員が残ったため、予定の4日間に1日追加することが20日の議会運営委員会で諮られて実施することとなりました。

 21日まで一般質問が伸びたため、これからの議会の日程では、週明けの24日に委員会質疑前の議案研究日が設けられ、翌25日から四常任委員会が開催されます。委員会に置いては付託された議案を審査することになりますが、平成23年度決算認定の審査もあり、委員会でも活発な審議が見込まれます。私自身は総務財政常任委員会に属しますが、委員長という立場の為質疑は基本できませんが、議事進行に全力で取り組みたいと考えております。

 19日川越市議会は一般質問の3日目になりましたが、初日からの中断が影響して3日目にして前日途中で終了した8番目の会派の中村議員からスタートしました。

 8番目から14番目までが公明党会派の連続の質問ですが、私の番は13番目でした。午後3時37分から登壇することになり、予定した3項目の質問を実施、午後4時45分で終了させていただき、会派最後の小ノ澤議員は翌日の実施となりました。

 私が行った一般質問の表題は

1、河川敷を利用した公園整備について

2、歯科口腔保健の推進に関する法律に対する川越市の取り組み

3、職員の服務のあり方について

の内容で実施させていただきました。なお、中身の内容については、いつも通りできるだけ早い時期に、議会報告欄に掲載をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 本日で一般質問は4日目で予定では終わりでありますが、残り11名の通告者が残っているため、1日の追加を行わなければ無理ではないかと感じております。いずれにしても本日の議会運営委員会で図られて決めることになると思いますが、10月2日の最終日(予定)まで全力で取り組んでいく決意であります。

 15日午後3時半から川越市の南文化会館ジョイフルで公明党川越支部主催の時局講演会が開催されました。

 当日は西田埼玉県本部代表を向け、川合川越市長などを来賓に迎えて盛大に開催することができました。

 最初に福永信之埼玉県幹事長(県議会議員)からあいさつがあり、開催に際してのあいさつと当日来賓として参加された県議会議員、市議会議員を紹介、一言づつ挨拶もいただきました。(渋谷、舟橋、中野各埼玉県議会議員、江田、吉敷、関口、高梨各川越市市議

 次に川合善明川越市長から来賓あいさつを頂き、国政における公明党の活動と自身の川越市政4年間の活動と新たな展望を披露し、絶大な拍手を受けておりました。

 次に、友好党として自民党の埼玉第7支部の神山佐市支部長より、連立時代からの友好な関係を野党となっても持続してきたことに触れ、今後の政局においても協力的に戦っていきたいとの決意が披露されました。

 公明党からは、矢倉かつお次期参議院選挙予定候補、岡本三成次期衆議院選挙北関東比例予定候補、輿水恵一次期衆議院選挙北関東比例予定候補がそれぞれ登壇して、自身の経歴と国政に臨むにあたっての決意や政治ビジョンをきびきびとした口調で力説しました。

 最後に西田まこと埼玉県本部長(参議院埼玉選挙区参議員議員)より、通常国会閉幕までの公明党が果たしてきた国政でのぶれない政治姿勢について力説、これからも国民と密着した政党としての活動を約束。

 終了後に、登壇者全員と友好保守系議員全員で、勝利の勝鬨を行い、1時間の時局が終了しました。

 川越市議会は14日一般質問の初日で昨日までに通告した24名の議員の一般質問が始まりました。

 1番目の通告者(やまぶき会代表)の質問で、来年2月で任期が切れる川合市長の政治姿勢と二期目の挑戦の有無を確認したところ、川合市長からは二期目に挑戦する強い意志の答弁が出て、来年の市長選に挑戦することが確認されました。

 一般質問はその後、続きましたが5番目の登壇者の質問に際して、議事進行の発言があり、その後休憩に入り、議会運営委員会が開催されましたが、協議が整わず、18日の議運の開会とその後の議会開会が確認されて、本日は議会は休憩に入ったまま散会となりました。

 14日は午前7時半からの朝礼に出席させていただくため、東松山市まで午前6時半に出発、7時10分に会社に到着、社長に面談の後、会社の朝の体操から参加させていただき、その後、社長の紹介で朝礼前のあいさつをさせていただく時間を頂き、同行した岡本、矢倉両氏のあいさつを行わせていただきました。

 今日は昨日までの質疑が終了しなかったため、議運で諮り13日の午前中まで伸ばすことで残った3名の質疑が終了しました。

 午後1時からは、本日開催予定の議会運営委員会を午後に遅らせて開催しました。議運では昨日に締め切った一般質問の通告内容などを確認して、明日14日からの議会の開会を確認しました。

 今年の12月25日までには姿を消してしまう川越市の小江戸ランドマーク、9月12日の武州ガスのガスタンクです。

 12日議会は8日目を迎えましたが、昨日から議会が正常に動き出したため本来であれば本日は質疑が3日目でしたが、空転の時間もあったため本日は17名の質疑通告者のうち、3名が残ることになり(1人は途中)明日の午前中まで質疑を行うことが議会運営委員会で確認されました。

 明日は午前10時から予定していた議会運営委員会も開会を午後1時に開催することも確認されました。議運では本日締め切った一般質問の通告内容を確認しますが、14日からは当初の予定通りの議事日程に戻る予定で一般質問がスタートいたします。

 今議会では一般質問は13番目の通告になりましたので、二日目の18日の後半か、三日目の19日の前半あたりに順番が来るのではないかと予想しております。今回は3項目の質問を通告させていただいております。

 11日市議会は前日に引き続き、議会運営委員会での協議になりましたが、協議の対象の委員が病気を理由に本日からの議会を欠席する届が出されたことについて協議が進められ、その取扱いなどを条例などと照らしながら協議を進め、昨日に続き代表者会議も間に開催されましたが、一部協議が整わない状況ではありましたが、午後3時から議会が開会し、定刻まで質疑が行われました。

 3時に開会した議会において、最初の議案第56号平成23年度川越市水道事業の利益の処分について、の議案に対して質疑に登壇しました。質疑では公営企業会計の法律改正に伴う取り扱いの変更について質疑を実施、特に利益を水道利用者に還元しない理由や義務付けが廃止された積立金の継続を実施する理由などを中心に質疑を行い、細部については付託委員会において会派の委員により行わせていただくこととしました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp