26日大仙波から南古谷方面に移動する九十川沿いの市道を通行中に、道路の両側の雑草に悩まされました。この道路は現在も砂利道で時々砂利敷きを要望される場所です。既に舗装の要望書は提出されていると聞いております。

 この日も先週の大雨で道路まで水があふれた場所の事後検証に向かったところ、道路は凸凹状態になっており、両側の雑草も道路にしなだれている状態でした。普段あまり利用する車両や自転車は無いとは思いますが、やはりこの現状はひどい状況と感じ、市へは状況を報告させていただきました。

 道路への両側からの雑草の苦情は、少し前にも入間大橋から旧古谷東小学校までの区間で土手の下の道路に対して、自転車利用者から危険なので雑草処理をお願いしたいとの要望を受け、市に状況を説明させていただきました。

 管理が市であったり県であったりと異なる部分はありますが、行政としてこのような問題は毎年生じる事態であり、苦情などの来る時期も把握できると思われるため、事前の対策に取り組む姿勢も必要であると感じております。ちなみに現在秋の交通安全運動期間です。イベントだけでなく細やかな心配りで、逆に市民全体に安全の心構えが生まれてくるものと感じています。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp