8月26日川越市の近代建造物の保存対象に選定されている連雀町の「鶴川座」を活用したイベント「カワゴエイドバタユニオン」が午後12時から夜9時までの時間帯で開催されました。

 当日は12時半ころに現地に行き、会場の雰囲気を見学させていただきました。会場は≪川越の個性的なショップとアーティストがイドバタに集う!!そこから生まれるお祭り騒ぎ!!≫とのキャッチフレーズで入り口前後に飲食のショップや雑貨のお店が出店、中のステージではアーティストによる演奏と若者が元気に交流をかねて集っておりました。

 鶴川座自体が川越の近代歴史を象徴する建物であり、その歴史の重みをもつ建物の中で、若者が集い歓談し、入れ替わりの演奏などのイベントを見学する催しは、観光名所を見学するだけでなく参加型で長時間の滞在型の催しとして大変好ましい趣向だと感じたものです。今回は私が見た限りでは若者中心の内容のようにも感じましたが、年齢層の幅も内容により変えられるのではないかとも感じられ、また、イベント内容によっては夜間の開催も可能であるとも感じました。

 7月から開催されて昨日でいったんは終了した「妖怪ナイトツアー」も川越の魅力を時間をかけて回り、歴史なども学びながらのイベントで、このような先ずは土日を活用したイベントの開催で、川越の魅力を滞在させて味わっていただく催しを継続して開催で切れば、夜間にも人を呼べる川越に徐々に変貌していくのではないかとも感じています。これからも川越市民の力で川越を更に発信できたらと願っております。

 鶴川座でも飲み物と食べ物を購入しましたが(ビールやワインも販売していました)、近くでは川越のB級グルメ「太麺焼きそば」の店もあったので、昼食として食べました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp