JV工事事務所での説明を受けたのち、同地内の作業現場を車で移動してそれぞれの作業工程を視察させていただき、最後のにその一連の選別作業が連続して流れ作業のように進んでいる現場で最後の説明と、質疑を実施させていただきました。

質疑の中では、説明でもありましたが放射線量の定期的な(毎日)検査が実施されており、規定値をオーバーしたことは無い、作業工程における安全、選別の正確性などについても十分な対応がされている。なお、現在広域処理で東京都に受け入れを行っていただいている廃棄物は、宮古市内でも別の作業場で一括で行っており、この現場での広域委託先は群馬県前橋市などに移送しているとの説明もありました。

(選別作業場での説明は、活動欄に再掲しますので、詳細は省略します。)

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp