29日に美術館・博物館前の川越城本丸御殿までの通りの、歴代川越城主の「のぼり旗」を見学しました。

 この旗はすでに今月20日過ぎから掲げられていましたが、天守閣の無い川越城ではとかく城下町という印象が薄れてしまいますが、川越を収めていた殿様が何代も存在した、それもかなり有名な武将が城主になってきたことをこのような形で示すことは、やはり川越城のあった川越の印象を植え付ける、良い手法だと考えております。

 今後もこのような知恵を使い、歴史ある川越を、城下町川越をPRしていただけるよう願います。と、同時に、計画にある「富士見櫓」の建設を実現していただきたいと、一市民として願っております。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp