28日午後に昨日解放した伊佐沼の木道橋を再度視察しました。

本日は昨日の雨とは打って変わって晴天になり、ゴールデンウィークの初日に当たり、伊佐沼を訪れる観光客も多く、また、釣り客も沼の周りに陣取っておりました。

沼では木道橋を珍しくわたる方もあり、今までの気分とはまた違った印象があると、すれ違った方も述べていました。

これから有名になってきた蓮の花の咲く時期には、また新たな景色を醸し出すと思われ、今後季節に合った様々な伊佐沼の風景を市民に披露することでしょう。

視察した28日は、翌日の「蓮華まつり」の準備で、隣接する「農業ふれあいセンター」のグランドには準備のテントが張り巡らされ、明日の集客を迎える体制を整えていました。

伊佐沼の北側にあるふれあいセンターの駐車場は(他にも伊佐沼庵の駐車場、冒険の森公園の北側駐車場も同様)、この日も前日の雨で「水たまり」が多数できており、駐車しても車を降りるときに水たまりを避けながら注意が必要で、利用者も不平を言っている方もいました。この伊佐沼周辺の駐車場の舗装の要望は、すでに議会の一般質問直接担当部署への要望を伝えさせていただいてきましたが、一向に改善されません。公園として利用される駐車場ですので、ほこりや水たまりなど利用者に支障をきたす環境は早期に解決をしていただきたいと改めて感じました。今後も改善を要望していきたいと考えております。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp