市民の方から感謝の連絡を頂いたので、連絡のあった菅間緑地公園を見学に20日出かけてきました。

 平成21年から意見としてうかがっていた菅間緑地公園の児童遊具については、従来あった遊具が痛み改修の要望をいただいていましたが、その後市での取り壊し撤去となり、平成22年には新たに設置要望を受けていましたが、市への相談では新たな設置については、いずれ設置したいが設置時期については明確な回答はいただけていない状態でありましたが、本年2月末に新たな遊具4種類(鉄棒、滑り台、ブランコ、シーソー)が設置されました。

 地元の相談者からは、完成後地元の子供が公園に来るようになって大変喜んでいるとの連絡を頂きました。20日現地の見学しましたが、この日も親子で遊んでいる風景を見かけました。遊具の危険性を述べる方もいますが、逆に遊具により野外での親子の交流、他の家庭との交流などメリットも多くあります。危険に対しては保護者や利用者の注意と行政の管理、地域住民の見回りなどで防ぐことは可能と感じます。今後この菅間公園が友好な場所として活用されると願っております。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp