Archive for 2012年 2月

 14日午前10時から開会したさいたま市議会の代表質問2日目の議会を開会より傍聴いたしました。さいたま市議会では平成22年9月議会から対面方式での質問方式に変更したため、一度傍聴したいと思っておりましたが、2月議会がわが市より早く開会したので、14日傍聴に出かけました。

 二日目は3名の議員が予定をされており、民主党の神崎 功議員が40分、同じく高野秀樹議員が38分、公明党の輿水恵一議員が62分の持ち時間での質問でした。

 午前10時からの4番目(初日から)の神崎議員が登壇し、1、市長の政治姿勢について(小項目2題)。2、明日のために改革を(小項目4題)。3、明日に向かっていきいきと(小項目4題)。について持ち時間すべてを使い質問をされました。

 今回傍聴して、通告の大項目別に交互に質問、答弁という形で、まったくの一問一答方式ではなく、大表題の中で複数の項目の質問を行うことが確認できました。

 また、神崎議員は、2項目目と3項目目の質問では、答弁を受けた後、再質問を行いましたが、これに対しての市長の答弁は、演壇では行わず、自席での答弁でした。

 神崎議員は、午前11時31分に終了いたしましたが、引き続いて、休憩を入れずに、5番高野秀樹議員が登壇して、質問がスタートしました。

 高野議員は、持ち時間38分でありましたが、1、明日の世代をはぐくみます(小項目4題)。2、明日のまちをつくります(小項目5題)。3、明日の力は市民の力(小項目4題)を通告して、先の議員と同様に、大項目ごとに質問を開始しました。なお、12時を回ったところで5分のトイレ休憩が取られましたが、12時10分に再開し、続けて進行されました。ただ、高野議員が2項目目の質問を、小項目の2項目目で質問を止め、答弁に移る形になったときに、中断があり、質問の大項目を分けることに対して確認の作業が行われましたが、通告の際に2項目目については、分割質問することが申し出されていたことが確認され、再開されました。再開後は3回目の登壇で2項目目の後半の3項目について質問が行われ、最終的に午後1時4分に終了しました。このあと休憩に入り、再開は午後2時5分との議長発言で午前の議会は終了しました。

 昼食を取った後、待合所で議会事務局の職員から、さいたま市における昼休みの取り扱いを照会したところ、さいたま市では昼休みのために時間で休憩を入れることは稀で、昼前に登壇した議員については、終了するまで昼の休憩に入らないのが通例であるとの説明を受けました。よって、午後の開会は終了時間によって変更するようです。

 また、対面方式に改修された議場は、中央の演壇(答弁用)の向かい側に議員用演壇が設けられており、半円形の演壇と答弁を受けている際に待機するテーブルが一体化したテーブルが配置され、椅子に座って答弁を受ける形です。答弁側はその都度自席に戻りますが、再質問があった場合のみ自席で答弁をいたします。また、すべての議員と理事者側の机にマイクが備え付けられており、議長席後方の壁には液晶のディスプレイが備えられて、登壇者の姿が映し出されていました。また、このディスプレイでは議員側で質問で許可を得て使用したいパネルなども映し出せる形で、神崎議員は質問で使用しました。

 質問についても、大項目ごとに答弁を受けますが、通告した小項目のそれぞれの質問がさらに細分された質問を実施するので、傍聴者は配布された質問通告書では小項目までしか記載されていないため、質問者の質問内容に注視する必要があります。

 午後2時10分から再開された6番目の公明党輿水恵一議員は、公明党を代表して一人で実施するため、持ち時間も62分が表示されました。

輿水議員は下記の7項目(大項目)を順次実施しました。とりあえず小項目まで記載しましたが、質問側だけの62分は大変長く感じられました。

1、公民連携による新しい公共の推進について(①、公民連携による公益事業の展開について ②、デマンド型公共交通における公民連携について ③、コンセッション制度(包括協定)の活用について ④、民間からの資金調達(レベニュー債)について ⑤、公民連携による監査について)

2、ノーマライゼーションの推進について(①、教育における適切な教材等の提供について ②、ハート購入制度の活用について ③、障がい者就業のパイロットスタディについて ④、障がい者の住宅の確保について ⑤、選挙等における配慮について )

3、市民の命と健康を守るために(①、社会保険大宮総合病院の移転整備について ②、心の病の初期治療制度の構築について ③、みんなで楽しく挑戦する健康づくりについて )

4、子どもを安心して産み育てられるまちへ(①、先天性代謝異常の早期発見について ②、地域資源を最大限に活用する待機児童解消について ③、不登校の児童生徒への適切な支援について)

5、安心して暮らせるさいたま市の構築について(①、高齢福祉における支え合いのまちづくりについて ②、障害のある方と家族が安心して暮らせるまちについて ③、新クリーンセンター整備と住民への配慮について )

6、未来への夢と希望があふれるまちへ(①、次世代自動車・スマートエネルギー特区の取り組みについて ②、見沼田圃の活用における規制・要綱の整備について ③、文化芸術活動の活性化について)

7、国際交流都市へのさらなる飛躍を(①、産業の国際交流の推進について ②、スポーツコミッションの国際戦略について ③、ラオス人民民主共和国への技術支援について)

さいたま市議会では、傍聴者に質問通告書のほかに、会期日程表、議案付託表、請願付託表、執行部座席表、議員座席表、会派議員一覧表を希望者は受け取ることができます。ただ、写真撮影や録音は許可されませんでした。

 13日午後2時から川越市国保運営協議会が市役所で開催されました。協議会では開会に当たり担当部長からのあいさつの後、会長(大泉より先の答申の報告を行った後、本日の議題である平成24年度の予算関係等の協議内容について議事を進め、午後4時前に終了いたしました。

 会派では13日午前10時から会議を開催、各議員から所属委員会等での懸案事項や会議内容の報告が行われ、今後の方針等を確認しました。また、2月議会が22日から開会するため、議会中の確認事項を再徹底し、議会に向けてのスタートをいたしました。

 11日さいたま市内で埼玉県公明党県本部での議員研修会に参加。当日は昨年の統一地方選挙以降に初めて当選された議員を中心とした研修会を中心として開催されましたが、最初に、所沢市の肥沼氏によるシリーズ研修で、今回は自治体行政のしくみについて研修を受け、引き続き、これからスタートする介護報酬の改定に伴う介護保険事業の見直しについて、和光市の東内課長を迎えて研修を受けました。

 9日会派の6名の議員(清水京子団長、小ノ澤哲也、近藤芳宏、桐野忠、中村文明と大泉かずお市議)で静岡市にある静岡県地震防災センターで実施される「HUG体験研修会」に参加しました。

 この「避難所HUG」とは、いつ発生するかもしれない災害における避難所での生活に対する運営の立場になったときの、避難所運営を皆で考えるための一つのアプローチとして静岡県が開発したものです。

 避難者の年齢や性別、国籍など、それぞれの避難者が抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室の見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また、避難所で起こる様々な事態や出来事にどのように対応していくかを模擬体験するゲームです。

 プレーヤーは、このゲームを通して災害時要援護者への配慮をしながら部屋割りを考え、また、炊き出し場や仮設トイレの配備などの生活空間の確保、視察や取材対応などの出来事に対して、思いのままに意見を出し合ったり、話し合ったり、グループ全員でゲーム感覚で避難所運営を学んでいただくシステムです。

 HUGのH(hinanjo避難所)、U(unei運営)、G(gameゲーム)の頭文字を取ったもので、英語の「抱きしめる」という意味のようです。避難者をやさしく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名づけられたそうです。

 当日は、我々6名のほかに、岩手県盛岡市議会の委員会議員や町田市議会の議員、北名古屋市議会議員、埼玉県内の市議会議員、神奈川県内の市議会議員など総勢44名の参加で午前9時から開始されました。

 参加者は名簿により指定されたテーブル7つのテーブル(6~7名)に分散され、私たち6人も別々のテーブルに振り分けられました。

 テーブルに広げられた模擬避難所に、総合進行役が指示する避難者の戸別カードや緊急連絡、連絡事項などのカードを順次読み上げていく中で、避難所スペースを状況に配慮しながら部屋割りをしたり、仮設トイレ、仮設テントの設置、緊急車両の受け入れや、車避難者の受け入れ、幼児や高齢者、病気などの諸条件の課題に対して、それぞれの事案にたいして、グループで協議して受け入れ先や方法、部屋区分などを決めて、避難所運営を体験するゲームでしたが、次々と避難者を迎え、その条件を吟味していくことのむずかしさ、世帯で避難されても構成が異なり、その対応を協議しているうちに次の避難者が来るなど、保留してしまう事案も多く出てしまいました。およそ1時間の間に200件を超えるカードを順次整理して対応することのむずかしさは、災害時の緊急性を考慮した上では最適な訓練だったように思われました。災害時は、運営側(避難所)の事情で制限できるものではなく、一時に想定できない対応が求められることも発生します。瞬時に決断して対処する運営側の心構えや対応でパニックを防止できることも理解しました。このような模擬的なゲームでも、実際に対応を求められた場合の課題が体験できるので、このような模擬研修をぜひとも、日常の災害訓練でも実施することの大事さを学びました。今までの訓練では基本的には参加者は「視覚」(一部体験もあるが)で災害時を想定して訓練を学びますが、しかし、今回の訓練では、それぞれの参加者が「頭(脳)」で事態の対応を考え、結論を出していきます。このような訓練も今後は大いに取り入れて実施することが求められると強く感じられ、川越市で取り入れていくべきと考えました。 参考にこの模擬ゲームを購入していこうと考えましたが、現在在庫が無いようで注文(2~3か月先?)になるとの説明でした。(1セット6,700円)

 静岡県地震防災センター

  静岡県静岡市葵区駒形通5丁目9番1号(054-251-7100)

 HUG体験ゲーム(照会先)

  静岡県静岡市葵区駿府町1-27勝山ビル NPO法人静岡県作業所連合会・わ(054-272-3730)

 8日午前9時から川越市農業委員会委員の選任に伴う辞令交付式が市役所迎賓室で行われ、川合市長から辞令の交付を受けました。

 引き続き、午前9時半から市役所7A会議室で、第381回川越市農業委員会総会が開催され、出席しました。

 総会では、市長からあいさつがあり、引き続き、全委員から自己紹介を述べていただき、会議に移りました。

 今回は第22期農業委員の初総会にあたるため、会議ではまず、会長の互選について諮られ、引き続き、会長代理の互選が行われ、そののち、総会議席番号の決定をくじ引きで決められました。そののちに、農地・農政部会の委員の互選を行い、3つの選出区分ごとに行い、続いて、各部会の議席決定が同様に行われました。最後に、農地部会長の選任、農政部会長の選任、農地部会長代理の選任、農政部会長代理の選任が行われ、午後3時前に終了しました。

 2月6日さいたま市の埼玉会館で実施された「東日本大震災で被災された事業主を救済する」ために、新たに制定される「二重ローン・リース救済法」の説明会及び勉強会が開催され、金融関係・農業関係団体などの参加者に加えていただき傍聴してきました。

 国会でこのたび議員立法により成立した「株式会社 東日本大震災事業者再生支援機構法」が平成23年11月28日に交付され、平成24年3月5日から業務が開始予定の運びとなったことで、法による対象事業や対象地域など疑問が生じている内容について、手引書をもとに説明を受けることができました。

 再生支援の申し込みができる2条件の中で、まず、

 「被災地域において債権者等と協力して事業再生を図ろうとしていること」「被災地域」については、東北各県(青森、岩手、宮城、福島県の指定地域北海道、茨城県、栃木県、千葉県、新潟県、長野県、そして埼玉県の各指定地域が示されています。埼玉県内では該当地域は「久喜市」のみであります。

 また、「原子力発電所事故による農林水産物の出荷制限/自粛地域として指定を受けている市町村」としては、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、長野県、静岡県の指定地域が示されております。埼玉県内の指定を受けている市町村はさいたま市・川越市・秩父市・所沢市・飯能市・狭山市・上尾市・入間市・新座市・ふじみ野市・蓮田市・坂戸市・鶴ヶ島市・日高市・三芳町・毛呂山町・越生町・小川町・ときがわ町・横瀬町・長瀞町・小鹿野町・東秩父町・美里町・神川町・熊谷市・白岡町が指定されています。

 なお、該当する各県に「産業復興相談センター」が設置(岩手県、宮城県、福島県、青森県、茨城県のみ)されますが、設置されない県については、「東日本大震災事業者再生支援機構」(東京都)に相談していただきたいとの説明でありました。(電話03-5545-7408、FAX03-3589-1880)川越市の場合は、支援機構に相談することになります。

 なお、当日は、議員立法に尽力された埼玉県に関係する国会議員(西田まこと参議院議員片山さつき参議院議員荒井広幸参議院議員柴山衆議院議員)が参加され、それぞれ制度に関する説明、質疑にも対応されていただきました。

 4日、視察の帰りに浦和駅に向かう途中回り道をして、埼玉県知事の公館とさいたま市役所駐車場を見学しました。

 埼玉県知事の公館はさいたま市役所の東側にありますが、久しぶりに見学したところ、南側駐車場に太陽光パネル(太陽光発電システム)が一直線の駐輪場の屋根のように取り付けられていました。取り付けられているパネルの面積は80㎡、最大発電電力は10kwの設備です。

 さいたま市役所の正面玄関前のタクシー乗り場には、一般のタクシー乗り場とEVタクシーの乗り場を別々の設けてあり、EV使用のタクシー専用の乗り場でタクシーもEV車が待機していました。

 さらに、さいたま市ではすべての区役所に啓発用にEV自動車とEV急速充電設備が整備されていますが、市役所にも正面駐車場入り口ゲート裏側に急速充電設備が設置されており、利用時間も平日は夜の9時まで、土日も朝の8時半から夜7時まで利用でき、あらゆる面で啓発事業としての取り組みが、市民ニーズに沿った取り組みであることに感心いたしました。

 2月4日埼玉県県土整備部水辺再生課による「みんなでつくろう川の国埼玉」をテーマとして「川の再生交流会」がさいたま市民会館うらわで開催されました。

 午前10時から開催され、午前は開会式、上田知事の挨拶のあと、表彰式になり、①第4回川の国埼玉フォトコンテスト(一般部門、ジュニア部門)の表彰式、②水辺サポーターの優秀団体表彰(18団体)が実施

 引き続き、「川の国埼玉みんなでつくろう宣言」を参加者全員が起立して実施、その後、4つの団体グループによる活動報告が実施されました。

活動報告は、1、「元荒川で遊び、そして学ぼう」(鴻巣市立下忍小学校 4年生児童と教員、鴻巣市) 2、「地域、学校、企業との連携~元小山川での活動報告」(川・まち・人プロデュサーズ、本庄市) 3、「きれいな川を求めて~浄化槽フォーラム地域協議会の活動~」(川にやさしい浄化槽フォーラム、春日部市) 4、地域安全パトロール活動から発展させた、河川環境美化活動の取り組み」(水辺の里親西原会、上里町) が午前中に実施されました。

写真コンテストでは、ジュニアの部で、川越市の小学5年生が伊佐沼のハスを写した写真「いい香り」が優秀作品に選ばれ、一般の部では、川越市の男性の入間川を写した写真「まんぐり」が入選しました。

また、水辺サポーターの感謝状贈呈団体には、「びん沼川」で活動している「特定非営利法人NPOゆめつるせ」(川越市・富士見市・さいたま市)と「小畔川」で活動している「伊勢原町8地区協議会」(川越市)が表彰された県内18団体の中に選ばれました。

 午後からは、分科会が6つのグループに分かれて実施されましたが、登録者でないため、写真展示と活動団体の活動報告展示を見学させていただきました。

分科会のテーマは、1、川づくり、まちづくり、歴史と文化 2、水質改善、排水対策、下水と浄化槽 3、川の生き物・生態系 4、環境学習 5、川の清掃活動、環境保全 6、里山保全、河畔林の保全 の6つのテーマに分かれて討論され、最後に各分科会から報告が行われます。

 総務財政常任委員会(大泉一夫委員長、柿田有一副委員長)は31日から委員全員(9名)参加で3日間の視察を実施しました。

 視察先は、武雄市役所(視察内容、フェイスブック・ツィッターの活用)、熊本市役所(視察内容、入札制度改革「環境配慮指針」)、福岡市役所(視察内容、アセットマネジメントの導入について)の3自治体を訪問して、調査視察を実施させていただきました。

 武雄市では、フェィスブックの活用について、ツィッターの活用について、SNSの利用について、など全国的にも先進中の先進市である武雄市(平成23年8月1日から移行)の活用と効果、反響について担当から説明を受けました。当日は視察中の研修風景を写真にとり、その場でフェィスブックに登録して、その画面をネットで確認することができ、登録者からはその投稿に対しての感想が、次々とカウントされていくことも確認、帰ってきて再度ネットで確認をいたしました。

 熊本市では、入札制度改革の一環として取り組んできた、公共事業における環境配慮指針の策定における目的、特色、指針策定の作業手順、コスト問題などから、入札における参加業者の取り組み状況など、環境に配慮した公共工事などの入札の改善を学ばせていただきました。なお、熊本市は本年4月に政令指定都市に移行することについて、休憩時間にその取り組みなどを聞かせていただきました。

 福岡市では、昭和47年から政令指定都市に移行し、さらに市制施行123年を本年迎えるという歴史と都市の規模の大きい中で、すでに進んでいる自治体の財政危機を迎える中で、多く存在する公共施設や公共資産などの管理や維持について、アセットマネジメントの見地から財政事情に合わせた総合計画や経営方針の策定などを全庁的に取り入れて乗り切ることへの説明を受けました。歴史が長いだけに喫緊の課題であり、対象の施設も多く存在する中で、市民ニーズとのバランスと安全安心な施設等の維持の諸課題の取り組みは、今年市政90周年を迎える川越市においても重要な課題であると再認識をいたしました。

 

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp