毎年1月26日は文化財防火デーですが、26日川越市内でも喜多院境内で防火訓練が実施されました。

 文化財防火デーは1955年(昭和30年)に当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)により制定されました。

 制定の発端は昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建築である法隆寺の金堂が炎上し、壁画が損傷したことに基づいています。この火災が、火災などの災害による文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まり、翌年の昭和25年に文化財保護法が制定されました。

 今年の文化財保護デーは第58回を迎えますが、川越市では喜多院、仙波東照宮、日枝神社で防火訓練を行うとのことであり、当日は喜多院での防火訓練を大勢の見学者の一人として見学しました。

 

 訓練では喜多院本堂から出火した想定で、地上からの放水のほか、はしご車を導入して上空からの放水も行い、無事鎮火するという想定で、およそ30分程度の訓練でした。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp