Archive for 2011年 12月

 市民からの苦情問題について現地にて要望内容を確認、午後からは市役所にて予約の市民相談に応対。およそ2時間の相談ののち、依頼を受けた事業所を訪問。

 26日午前、市役所執行部と1月の事業予定の会議進行等の打ち合わせを実施、午後からは市民相談依頼の事業所を訪問。

 25日午前10時から会派の会議を実施、年末から明年2月までの当面の活動について確認を実施、個人別活動、会派での活動の事業内容が確認されました。

 公明党埼玉県本部において、平成23年分の個人別政治団体収支報告の作業確認会に参加、本年の収支報告の適正な報告についての指導・確認が行われました。

 公明党埼玉県本部では、平成23年の政治資金収支報告書の会計処理事務処理に関する確認事務が実施され、担当者として出席をしました。

 政治団体にかかる政治資金の収支報告は厳正でなくてはならないため、適正な会計処理に基づく報告を行うための確認作業が行われました。収支報告は平成23年分が平成24年1月4日から受け付けが開始されます。

 23日午前中、さいたま市の荒川運動公園の公園設備と河川公園の状況を見学しました。

 運動公園はテニスやサッカー、少年野球場などが複数面整備されており、川越市にも河川敷地内での運動公園要望を一般質問でも取り上げましたが、各種の競技で複数のグランドを設けた運動公園として参考になる公園と感じました。

 また、河川公園は運動公園事務所までの区間を河川の両側で散策、散歩などの利用に適した整備がされており、私が過去の一般質問で提案してきた河川整備に近い、理想的な河川公園の整備が行われています。

 川越市(川合義明市長)川越市議会第5回定例会(12月議会)において、市政報告として11月28日の一般質問の初日の冒頭に市内循環バス「川越シャトル」の見直し案が報告されましたが、議会として最終日の12月16日に市内循環バス「川越シャトル」の見直し案の再考を求める決議が採択されたことに対して、市として再考をすることを決定しました。そして、市政報告の見直し案では、平成24年度当初から見直し案を実施するスケジュールを示していましたが、それを変更して改めて見直し作業に取りかかることとした。との報告が議長あてに12月22日に通知されました。

 大泉かずお支援者の集いとしての市政報告会を川越市内で午後7時半から開催、当日は非常寒い中にもかかわらず、多くの方が参加していただき、後援会長あいさつ、支援者代表挨拶、福永県議のあいさつを受け、川越市議会12月議会の報告をさせていただきました。

 総支部では20日坂戸市内において、今年最後の議員会を開催。五伝木総支部長から年末の活動と年明けの活動の確認が行われ、新年早々からの出発の決意固まる議員会となりました。

 なお、当日は午後1時から本年議員に当選された新人議員を対象とした、政治団体収支報告書の提出に対する確認作業を総支部長と共に実施しました。

 川越市議会は16日最終日を迎えましたが、議会開会に先立って午前10時より議会運営委員会が開催され、最終日の議会進行に関しての協議等が行われました。

 議会運営委員会では決議書(市内循環バス「川越シャトル」の見直し案に対する再考を求める決議)の扱いが提案されていましたが、全会派同意により提出が確認されました。また、議案(学童保育室に関する一部改正の条例議案)に対する付帯決議の提出が本日急きょ提案されたため、その取扱いについて各会派での協議もあり、断続的に委員会が開催されましたが、最終的に付帯決議についても提出が確認されました。

 また、議会運営委員会では、この日今まで協議を重ねてきた議会中継を今後インターネットでも実施することが確認されていましたが、導入にあったての設備等の対処の程度が検討されていましたが、極力支出を抑えながらも映像的に支障をきたさぬ程度の方法で、実施に向けて工事に取り組むことが確認され、早ければ年明けの3月議会からの試行が見込まれるようになりました。なお、中継の範囲はケーブル中継と同じ議会の初日と最終日と質疑の中継となります。

 議会は、当初の予定より遅れて午後3時20分から開会されて、各常任委員長からの報告の後、議案ごとの質疑・討論・採決が行われ3つの議案について討論が行われましたが、提出議案、付帯決議、決議がすべて通り、午後5時前に閉会をいたしました。

 市議会の最終日(予定)を明日に控えて、前日の15日委員会の関連事項について、正副委員長と事務局での打ち合わせを実施しました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp