2011年「彩の国・食と農林業ドリームフェスタ」が11月19日、20日にわたって加須市の加須はなさき公園を会場に開催されます。19日午後に現地を訪れ視察を行いました。知人からの案内で当イベントの開催を紹介され、原子力発電所の事故による農業への影響の問題に対しても、検査が適正に実施されている商品にも風評被害が及ばないよう対策を期待したい等の声をいただき、埼玉県産の農林業の取り組みの声と商品を見学させていただきました。

 当日は朝からの生憎の雨模様の中での開催で、予想より大幅に少ない来場者とも感じましたが、逆にその分各ブースをより多く回ることができ、商品の説明や取り組みなどの声も聞くことができ、埼玉県内の農林業に関係する方々の努力や商品の素晴らしさ、将来性の高さを実感することができました。また、ここの会場にも東日本大震災の復興支援のブースを設けて、支援の絆づくりを行っておりました。

 また、当日のイベントには、同時開催として、「彩の国米まつり・NHKふるさとの食にっぽんの食」も開催され、19日はNHKさいたま「支えよう東北~埼玉からの応援歌~」FM公開放送も開催されていましたが、観客も傘を差しながらの見学となってしまいました。なお、明日20日は、加須ご当地グルメフェスタが開催される予定のようです。県内のB級グルメの参加(川越の太麺焼きそば、参加予定のようです。)や県外の有名グルメも参加(富士宮市、佐野市、鹿沼市等)こちらでは加須青年会議所が「世界一長いうどんをつくろう!」というイベントも企画されているようで、非常に興味を惹かれます。

 

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp