沼の土壌整備が進む伊佐沼では現在水量も減り、西側のハス群生地のそばの囲われたエリアから水が抜けて、環境整備の状況を見ることができます。

 すでにハスはすべて季節も終わり枯れていますが、そのそばには沼でマシジミの繁殖場所も囲われており、今後新しいさらに自然と観光の名所の伊佐沼に向けて整備が進んでいることを実感いたしました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp