明治大学公共政策大学院のガバナンス研究科シンポジウムが、19日明治駿河台校舎アカデミーコモン2階で開催されました。

 今回のシンポジウムは「自治体と防災」というタイトルで、パネルディスカッション方式で実施されました。

 当日のパネラーは、

東京都大田区長:松原忠義氏「自治体と防災」

東京都危機管理監:醍醐勇司氏「東京都の防災対策」

東京災害ボランティアネットワーク事務局長:上原泰男氏「宮城県南三陸町での私たちの被災者支援活動」

ガバナンス研究科教授:北大路信郷氏「自治体と防災:東海地震対策にみる課題」

と、コーディネーターとしてガバナンス研究科教授の青山 やすし教授の進行で進められました。

最後は、参加者からの質問に対して、パネラーからの回答を受け、およそ3時間の講義を受けることが出来ました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp