川越市では恒例の百万灯夏まつりが30日、31日にかけて実施されます。初日の30日は午後3時から本川越交差点特設ステージで開会式典が実施され、国会議員、県議会議員、市議会議長を初め多くの市議会議員とともに参加をしてきました。また、式典の終了後は市内各所で実施されているイベントも見学をしてきました。

 開会式典では大会実行委員長(原 敏成氏)、大会会長(大久保敏三氏)と川合川越市長の挨拶と来賓の国会議員の挨拶、県議会議員や市議会議員は氏名の紹介を受けました。

 また、今回制定された「川越着物の日」(毎月18日)の設立メンバーが登壇して、川越の新たな見所として、着物の似合う街をめざす構想の報告と川合市長のバックアップの応援スピーチもありました。会長との記念写真も撮っていただき、今後私自身も着物に関して造詣を深めなくてはと考えさせられました。

 式典終了後は本川越の交差点中央でのテープカットが行なわれ、各種団体のアピール行進が中央道路を北上していきました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp