公明党埼玉県本部では5月20日さいたま市内で、山口公明党代表を迎えて臨時県本部大会を開催しました。

 大会では先の2011年統一地方選挙での県内の結果報告(109名全員当選、埼玉県内の議員総数が208名)が行われ、大勝利の選挙結果に対しての今後の公明党の活動が県民に期待され、その責任の重さも非常に大きなものがあり、地域密着と現場第一主義の戦いを改めて決意をいたしました。

 大会では、代表選挙が行なわれ、西田代表が再任され新たな執行部が発表されました。再任された福永県幹事長より今後の活動方針等の報告があり、その後、再任された西田県代表から挨拶と抱負が述べられ、最後に山口代表が挨拶と東日本大震災に対しての報告と公明党の取り組み、地方議員がなすべき活動について指針を述べられ、新たな新人議員と勇退議員、現職議員が団結しての埼玉の活躍を期待する旨の話を頂きました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp