大仙波地域の自治会の方から要望を受けて、相談させていただいた新河岸川の河床の掘削工事が平成22年度末の3月末に完了しました。

 従前は川底に生えた水草で、豪雨のときは水流にも影響を及ぼし、地域住民からは住宅そばの水路まで逆流の危険を感じていましたが、今回の工事で通常の水路部分を掘削し、流れがスムーズになるようになりました。見学した7日はまだ工事間もないため掘削した土が川の両側に盛り上がっており、草も生えてないため、少し違和感がありましたが今後水草がその部分には生え揃い、水と緑の調和の取れた河に変貌するものと思われます。

 現在、この新河岸川のエリアは、上流の舟運イベントを行う初雁球場以北の桜の名所に匹敵する隠れた花見の道路として、通行する観光客や写真を撮る方も多く、新たな観光名所として知名度も上がっているようです。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp