東北関東大地震の避難者の受け入れ先の第二避難所に指定されている芳野台体育館を25日午前視察しました。

 第二避難所は、第一避難所の農業ふれあいセンター(約150名)での受け入れがオーバーする場合に次の受け入れ先となる場所(約200名で、その後は第三番目に教育センターが予定されています。)で、本日現在ではまだ避難者は受け入れしていませんが、会場となる体育館には既に受け入れ態勢が整っており、屋外には仮設のトイレも男女別に設置、さらに臨時の流し場も設置されていました。会場の体育館も4つのブースに区切られ、保温対策も施されていました。こちらではまだ受け付け体制などは始めていませんでしたが、直ぐに体制に入れる準備は出来ているように見受けられました。

 隣接する東部工業会の事務所にも挨拶を行いましたが、加入事業所からも多くの支援の為の協力の声が上がっており、受け入れが開始されれば協力させていただくとの言葉も頂き、お礼と共に情報の提供もお願いしてきました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp