Archive for 2010年 12月

 市道0006号線の小仙波地域を通行する小仙波貝塚史跡前がまもなく道路整備が完了しそうです。この場所は雨が降るとその雨水が道路上に留まり、雨が止んでもその場所は水溜りが2~3日は残り、通行する自転車や歩行者は大変苦労しておりました。

 平成20年に市民要望で相談を受けてから、市にその改善を求めてきましたが、課題も多くその改修になかなか進展が見られず、今年まで来てしまいましたが、やっとその工事が決定しました。改修工事の相談も毎年行ってきましたが、足掛け3年目でその工事が進みましたが、道路の問題はなかなか難しいことを今回の相談事例で勉強させていただきました。市役所としても市民からの要望でも環境が整わなくては進められないことも理解をしています。今後も工事が必要な問題は、なかなか早期の解決は見込めないことも理解したうえで、地道に取り組んでいくことを心がけて行きたいと考えております。(最後の写真は工事が始まる前の11月4日の工事場所の現状です。雨は前日には上がり、当日はあれ上がっているのに、水溜りの水は一向に引かず、市民は大変不便をしていました。

 旧琵琶橋は老朽化により2年ほど前に撤去しその後通行止めになっていましたが、この度新しく設置するには法令的に設置基準に問題があるため建設できませんでしたが、今回仮設橋として設置が決定し、建設されていました。予定では年明けになる予定で有りましたが、工事も順調に進み、年末年始にはこの琵琶橋を渡って初詣の車両が多数利用することなどの配慮と思われますが、今月21日の午後3時から開通することになりました。橋を渡って通行する市道1414号線は一方通行なのは従前どおりでありますが、開通することで市内(川越駅方面)に向かう車両は大変便利になります。この琵琶橋には撤去されてから地元市民からも、早期の設置を要望されていましたが、その都度市役所の担当部署や部長に対して要望を伝えさせていただきましたが、今回、暫定的な仮橋の設置(仮橋でもその利用には支障は全くありません。)でその要望が実現することになり、地元市民や自動車利用でこの交差点を利用する人には大変便利になります。

 現地では平成22年2月18日に旧琵琶橋の取り壊し風景を取材しましたが、今回新たに仮橋が設置されることの喜びは周辺住民にとっては、大変な喜びになっております。 

 第4回定例会の川越市議会は12月8日に一般質問が終了しました。今議会では24名の議員が一般質問の通告を行いましたが、予定の4日間(12月3日~8日)で終了しました。議会は翌日から付託された4常任委員会において質疑が行われます。(12月9日~)

 児童擁護施設 埼玉育児院の主催で4日やまぶき会館で第3回を迎えたチャリティーコンサートが開催されました。

 開会では始めに後援会の齋藤会長の挨拶につづいて川合川越市長の来賓挨拶が行われ、第一部に入りました。第一部はソプラノ歌手小林晴美さんによる歌が8曲披露され、休憩の後、第二部として、子どもコーラス「ひまわりキッズ」と小林晴美さんによる歌が披露されました。その後、宇宙プロデューサー長谷川さんによる宇宙を往復した桜の種等の報告の後、全員でのクリスマスメドレーが歌われて、午後4時前に終了しました。

 埼玉育児院は平成24年10月で創立100周年を迎え、県内で最も古い児童福祉施設です。大正元年に現在の嵐山町で孤児救済事業として始まり、昭和初期に現在の川越市笠幡に移り、現在に至っているとの説明パンフも頂きました。そして、その使命と目的は、虐待を受けたり、様々な発達上の障がいを持っている児童に対して、心の傷を癒し、安心して生活できる場を提供し、一人ひとりが健全な社会人として生活が送れるよう、そして、子どもたちの夢をかなえられるよう支援することです。と説明されていました。

 今回は会派の桐野議員に誘われて鑑賞させていただきましたが、現在施設には66名の児童が生活しているとのことのようでした。オレンジリボンは購入していますが、このように支援している団体の活動も知っていかなくてはならないことを再認識いたしました。

 12月1日川越市の表彰規則に基づく表彰式が午前10時からやまぶき会館で開催されました。当日は有功表彰54名、善行表彰1名、顕彰「初雁賞」受賞者3名の合計58名の表彰式が開催されました。受賞者は会場において一人ずつ市長より賞状が手渡され、その受賞の喜びをかみしめておられるようでした。

 川越市議会は2日議会運営委員会を開催し、通告された一般質問の確認とその他について委員会を開催し確認しました。3日から一般質問は12月8日までの4日間の予定で開始されます。

 第4回定例議会は12月29日と30日かけて議案質疑が実施されました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp