川越市並木の南古谷駅北側を通る市道0039号線県道川越新座線と合流する20メートル位手前の横断歩道と同じく0039号線と4089号線(南古谷駅東側の踏切を渡る市道)の交差するところの横断歩道の標示が書き換えられていました。(12月12日確認)

 この2箇所の横断歩道は地域住民から標示が削られていてドライバーに認識されない。当地域は通学路で車の交通量も多く、さらにどちらも道がカーブする場所の横断歩道であるため地域住民からは危ない場所なので、標示を書き直していただきたいと要望を受けていました。(平成22年9月) 早速市役所に相談、市役所からは管理する川越警察に確認をしていただくことになり、市役所から川越警察からの回答で年内には書き換える予定であるとの回答を頂いた。との報告を受けていました。(平成22年10月)

 今回、現地を通過した際に新しく書き直されていることを確認し、警察の早期対応を確認させていただきました。当該地域は通学する生徒も多く、また、交通量が多い割りに道路整備が遅れいている地域でもあり、安心な対応には横断歩道の標示も大事な対策と考えています。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp