国道254号線と県道川越日高線が交差する小仙波歩道橋では、橋に張られたタイルが何箇所も剥がれていて、利用者の歩行に支障をきたしている、特に夜間の利用ではその路面の段差で転倒しそうになったり危険が多いとのこと、また、剥がれたタイルは橋に残っていないので、相談者はその処理がどのようになったのかも心配で、また、はがれた場所の周辺のタイルもぐらぐらしていて、剥がれる情況であるため、その危険もあるので、早急な対応を相談してきました。9日現地を視察し、その情況を写真に収め、10日市役所の道路担当に相談、写真を見せて、事情を説明、対処をしてもらう役所の確認をしてもらい、市役所からその旨を連絡していただけることを約束(県土対応)。早期改善をお願いしました。

 市役所からは、10日即日に県から近日中に改修するとの返答を受けた事の連絡を頂きました。市と県の安全に対する即座の対応には感謝をしたいと思っております。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp