10月6日~7日おいて神戸市で開催された全国都市問題会議に参加した市長、議員団の報告会が19日午前9時から市役所にて開催され参加しました。

 報告会は川合市長の招集で開催され、参加した議員団(副議長他7名)と出席依頼した(と思える)自治会連合会の会長他3名の参加と担当部署の職員、秘書室職員が出席して行われました。

 内容的には、市長より今回のテーマであった「都市型災害の対策」について、自身の感想や見解などが報告された後、参加者にそれぞれ意見や感想、取り組み状況などの報告を求める形で実施され、参加者のほぼ全員から発言があり、市長からは今後とも市に対しての意見や協力などの呼びかけと共に、今後観光行政に対しての取り組みも視察を含めて実施して行く予定なので、意見など有りましたら、秘書室に報告していただきたいとの発言があり、報告会は終了しました。

 報告会終了後、早速秘書室職員に対し、市長が観光対策で視察に出向く前に、先ずは、川越市の観光客を迎える体制、特に川越駅構内の観光案内所の実態(土日の状況)を見ていただきたい、多くの観光客が東武東上線の改札横の案内所や臨時案内所の回りを取り巻いて、照会や説明を受けている状況は情景的にも、また、観光客の立場でみてもあまり好ましい情景とは思いづらい、是非現地視察をされた後に、他市の状況をみてきていただきたいと依頼をしました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp