Archive for 2010年 5月

川越市議団(公明党市議:小ノ澤哲也、桐野忠、大泉かずお)3人で南古谷駅周辺の住宅地前で街頭遊説を実施しました。(29日午前)

当日は現在政府が進めている事業仕分けにおいて、民間への移行の判断が出されているUR住宅に対する公明党の考えを訴え、住民重視の政治判断が必 要であることを強く訴えました。現在進められている事業仕分けの方法が、公明党が考えてきた事業仕分けとは異なる、マスコミ利用の一部の見解を持つ意見重 視で、本当のやり方ではないのではないか、と疑問を訴えさせていただきました。

街頭の最中、団地住民から国民本位の政治に戻していただきたい、との強い意見を頂きました。

28日は、地域企業や住民との対話を持つ機会があり、企業からも今の政治に対して強い不満の声を頂きました。現在の政権政党はどこで国民の声を吸 い上げているのか、地方の住民の声ではなく、マスコミからの情報で政治を行なっているのではないか。貴方達公明党みたいに、市会議員が回って歩き、現実の 声を吸い上げて、その声に対処する政治を望むと、現場が第一の意見を強く求められました。

同僚の桐野忠議員の紹介で、健康講座「食生活で変わる子供の心と体」~かしこく、たくましく、やさしい人づくり~:講師、大塚 貢氏(元長野県上田市教育委員長、教育・食育アドバイザー)の講演に参加してきました。

講演では、講師の教育現場での食育の取り組みで生活、人間つくりの効果を紹介され、食が人間形成とくに子ども時代における食生活の大事さを、強く訴えられており、参加者も関心を持って聞いていました。

大塚氏の講演は今回で2回目の参加でありましたが、内容は前回と同様の話でありましたが、改めてバランスのよい食生活の確保と学校給食の大事さを認識させられました。

この大事な学校給食に対して、その代金の支払いを拒否する家庭(負担が厳しい状況で無い家庭において)があり、その徴収に先生方が出向いたりし て、苦労している情報が多く流れていますが、講座での食の大事さを理解すれば、せめて学校給食ではバランスある食事を提供していただけるのだから、その納 付することの理解はしていただきたい、との考えも生まれます。子ども手当ではなく学校給食の無料化の意見もありますが、その考えも色々な状況を加味すれ ば、良い方法なのかも知れません。(私見)

5月30日は年2回実施するゴミゼロ運動の1回目が仙波1丁目でも実施されました。

午前8時から約1時間町内を巡回してのゴミ回収作業ですが、平成22年度役員と町内有志が参加しての改修作業でしたが、それほどゴミは見つからず、 日常の活動の成果とも思えますが、私達の町内には住宅が無い場所があまり無く、その効果とも考えられると同じ班の婦人の方とも話しました。人家の無い道路 わきや河川には現在でもかなりのゴミが投げ捨てられている状況を見ると、まだまだモラルの向上が必要であるとの話にもなりました。

今年4月から稼動が開始された川越市資源化センターの近くを27日の夕方通りかかり、その時の姿が印象的だったので写真に撮りました。

田園風景の中に一際目立つ塔と建物が、夕刻の雲の中に浮かび上がり、風景写真としてとても美しく見えました。環境対策と市民への環境問題への啓発教育の場としての機能を持つセンターです。内容と共に地域景観のスポットになっていただくことを願います。

23日は生憎の雨模様の一日であり、まち行く人も少なく窓も閉めている天気のため、市内中心部をおよそ3時間遊説車を巡回しました。

25日は、桐野議員と農村地域の農作業に従事されている市民や工業団地で仕事に励む人に政策アピールの遊説をおよそ5時間実施しました。天候も良かったので、車両から離れてハンドマイクを利用しての街頭演説も実施しました。(卸売団地周辺、農産物直売所付近での街頭風景)

川越市議会の議運の委員会が26日午前10時から市役所で開催、6月定例議会の開催に向けた会議が行なわれました。委員会では委員長より6 月議会に運営に関しての協議事項が進められ、6月2日開会、6月22日閉会よ日程確認や提出議案などの確認が行なわれ、委員の了承を受けました。次回の次 回運営委員会は、議会開会日の午前10時から開催が予定されております。

さいたま市大宮駅の東口の市有地の有効な自転車駐輪場(時間貸し専用駐輪場)の設置の手法を現地取材してきました。

取得した市有地を即座に有料駐輪場に改修しての有効活用の現状を視察。

5月19日さいたま市の都市局まちづくり推進部大宮北部まちづくり事務所を桐野市議と訪問、日進駅周辺のまちづくり事業について行政視察を実施しました。

当日は、市の議会事務局の職員の出迎えを受け、事務所会議室にて事務所長の挨拶の後、担当職員から説明を受けました。

20日午前10時からの理事会に会派の小ノ澤市議と共に出席をしました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp