29日はゴールデンウィークの初日になりますが、勤労者が休日を本当に楽しめる社会の実現に向けての党の街頭遊説に参加しました。

初日の今日は、西田まこと参議院議員を先頭に、福永信之県議会議員と川越市議会議員の会派所属の議員全員(石川団長他6名)7名が参加して、街頭遊説(途中から徒歩遊説と広報車遊説を併用)を実施しました。

現在の政治情勢を反映してか、私達の遊説活動に今まで以上の声援を頂く場面に遭遇し、その思いが我が党の政策や私達議員の政策、決意に対しての責任の重さと期待に架かっていることを実感いたしました。

西田参議院議員も演説で述べていましたが、「現場の声を現場で聞くことが出来る政党は本日の街頭風景を見ても判るとおり、我が党だけです。」と言 い切れるほど、我が党は地域と密着した地方議員と国会議員が連携できる政党であると改めて実感をさせていただきました。本当の政治は市民の声を現場で聞く ことが、第一原則であると再度認識をいたしました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp