Archive for 2010年 4月

29日、市内の大正浪漫通りの商店街周辺を徒歩で見学しました。これからゴールデンウィークにかけて多くの観光客を迎えるであろう商店街での受け入れ態勢について、商店主からもその意気込みを聞かせていただきました。

埼玉県内でも2番目に位置する訪れてみたい場所、そして、また来たい場所として知名度のアップした街において、商店主の意見や将来展望を伺うことも大事と考えます。

29日はゴールデンウィークの初日になりますが、勤労者が休日を本当に楽しめる社会の実現に向けての党の街頭遊説に参加しました。

初日の今日は、西田まこと参議院議員を先頭に、福永信之県議会議員と川越市議会議員の会派所属の議員全員(石川団長他6名)7名が参加して、街頭遊説(途中から徒歩遊説と広報車遊説を併用)を実施しました。

現在の政治情勢を反映してか、私達の遊説活動に今まで以上の声援を頂く場面に遭遇し、その思いが我が党の政策や私達議員の政策、決意に対しての責任の重さと期待に架かっていることを実感いたしました。

西田参議院議員も演説で述べていましたが、「現場の声を現場で聞くことが出来る政党は本日の街頭風景を見ても判るとおり、我が党だけです。」と言 い切れるほど、我が党は地域と密着した地方議員と国会議員が連携できる政党であると改めて実感をさせていただきました。本当の政治は市民の声を現場で聞く ことが、第一原則であると再度認識をいたしました。

4月から公開が開始された中ノ門堀跡「市道0001号線」(市道愛称:初雁城「川越城」通りに面した場所)を農産物直売所の視察の後、帰り道の途中で見学しました。当日は生憎の雨でしたので、見学者は居ませんでしたが、説明やその堀の深さを実感することで、その堀の役目を理解できる歴史的な場所と、新たな川越の名所として早く周知されることを期待します。

28日午後5時半からは、さいたま市の大宮ソニックシティー小ホールで開催された、第1回聖学院大学地方自治シンポジウム「首長と地方議会の新たな関係」-地域主権と自治体のあり方を問うーに参加しました。

シンポジウムは、最初に大学の学長(阿久戸 光晴聖学院大学学長)の挨拶がされ、基調講演が2題実施のあと、パネルディスカッションが行なわれ、午後8時30分に終了。

1、基調講演1 : 「地域主権の国づくりと地方政治の役割」 講演者:橋本 大二郎 前高知県知事

2、基調講演2 : 「日本政治の展望とその課題」 講演者:小林 良彰 慶応義塾大学教授

パネルディスカッション : 「首長と地方議会の新たな関係」 パネリスト:清水 勇人《さいたま市長》、橋本大二郎(前出)、小林良彰(前出)。 コーディネーター:佐々木信夫(中央大学教授・聖学院大学客員教授)

川越市城下町42-5の場所に、4月28日(水)午前10時にオープンしたJAいるま野農産物直売所「あぐれっしゅ川越」を28日午前10時半ごろからオープン風景を視察しました。

初日の28日は午前10時からのオープンでありましたが、生憎の雨にもかかわらず、多くのお客様が来場されていたため、周辺の道路は大渋滞、そし てお店にも入場制限を行なっての入れ替え体制を敷いたため、お店に入るための行列が入口前に長蛇の列を造り、会場の庭(テントを張り、店外販売も実施中) に傘の花が列を成して咲いていました。

30分くらいの待ち時間を経過して店内に入りましたが、今度は店内で会計を待つ行列がレジカウンターごとに長蛇の列、買い物客もその列をくぐりながらの品物選びをしていました。

店内には野菜類が中心に陳列されていましたが、川越市産の商品カウンターが多くあり、地元の農家の積極参加が伺えました。

当日整理に携わっていたJAいるま野の職員に、川越市内の生産農家の参加数を聞いたところ、およそ220名以上の川越市内の生産農家が参加して商品を販売している状況との説明を頂きました。

野菜価格が高騰の折ですが、今後も多くの生産農家の参加を期待したいし、農業に希望が持てる直売所として成長していただきたいと感じました。

近場に伊佐沼の農産物直売所もありますが、お客のニーズをとらえ、立地条件や周辺環境をうまく利用して、それぞれが並び立つ直売所として多くの市民などに利用されるよう願うものです。

川越市内在住の松山高校同窓会の部会総会が24日午後1時から市内の会場で開催されました。今回加入要件が拡大されたことで、今年度から加入をしましたが、会場では前回の同級の同窓生も自分を含め4人参加しておりました。

今回の拡大で、会員も約100名に達したとの報告もありましたが、市内にはまだ対象の同窓生は多く居るようでした。

総会終了後、部会のメンバーで大学でも講義に立たれている方による「畠山重忠公」に関する講演も行なわれました。

川越市議会議会運営委員会では1泊2日で、山形県の山形市と米沢市の二市において行政視察(議会改革事項を中心視察項目)を行ないました。先進市の取り組みを拝見し経過の説明を受け、大いに参考になりました。

米沢駅では「天地人」の直江兼続公の像が駅舎の中にセットされていたので、記念に写真を撮ってきました。

参議院議員の「西田まこと」議員を励ます会が20日午後6時より、川越市内のホテルで開催されました。当日は受付担当で参加させて頂きましたが、会場には予定の人数を上回る参加者で盛大に開催されました。

党からは太田議長が参加され、地元川越市長や周辺の首長、県議会議員なども参加されました。

太田議長は来賓として花束の贈呈を受けましたが、その花束を西田参議院議員の妻に、改めて送られ内助の功をねぎらわれておりました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp