スカイフェスタ(狭山市駅西口まち開き記念イベント)は、3月25日午後12時30分から、 駅の西口特設会場を中心に開催されました。当日は午前中に式典が行なわれたようで、午後からはイベントとして特設ステージでの催し物や周辺に設けられた広 場屋台のブースに多くの見学者が溢れておりました。

当日は小雨の降る生憎の天候でありましたが、オープン前から多くの方がブースなどに列を作るような状況でありました。一緒に行った同僚の桐野議員と特設会場の催し物を見学したり、商業施設の建物の概要を見学(駐輪場や駐車場を備え持つ商業施設)しました。

特設会場では仲川市長が登場して、50年来の長年の念願が本日現実となったことの説明と感謝を述べられていました。今回の整備事業は1街区の整備事業の完成で、今後平成23年度末の完成を目指して、公共施設などを含む2街区の整備が進められる予定のようであります。

今回の完成した整備事業は、駅の西口の市街地再開発事業を柱に、新都市機能ゾーン整備事業と橋上駅舎と東西連絡自 由通路の整備事業を含む事業で、特に従来東西の行き来は駅の下を通る地下連絡道を利用していたのが、今後は橋上での横断にあるようです。この地下通路も明 日からは通行が出来なくなり、閉鎖される張り紙も出ていました。

駅からの橋上デッキが商業施設まで続き、広い範囲で橋上デッキを利用して移動できる構造になっています。非常に歩行者に優しく安心な構造のように見受けられ、さらにデッキの床も木材を使用するなど、自然と環境を考えたつくりにも見受けられました。

2街区の完成が待ち遠しくも感じられ、完成後の姿は今後川越駅西口の『地域ふれあい拠点』の完成後の川越市にも大きく参考になるのではないかと感じられた視察になりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp