Archive for 2010年 1月

川越市(子育て支援課)主催の子育て講演会が、1月30日やまぶき会館で午後2時半から開催されました。

今回の講演会は、国際児童年30周年記念の意義を込めた講演会で、「たぬき先生」の愛称で親しまれている《毛利子来》先生を招いての「育てあう子育てとは」と題した子育て講演会でありました。

開会に先立って、川合市長が登壇して挨拶を行いました。川合市長の挨拶では、市長の今年の重点政策として、特に子育てに関する事業として、保育園の待機児童の解消と小学校児童の医療費無料化に向けて取り組むとの報告がなされておりました。

毛利(たぬき)先生の講演は、冒頭からこどもに対する同情の考えを述べられ、子供は生まれながらに、不条理を乗り越えなくてはならない定めを負って生まれてきている、との話が印象的に頭に残りました。(名前、容姿、親の選択など変更が出来ない環境で成長しなくてはならない。) また、子供の教育育児問題など子供を知りたかったら、一番の解決策は子供と付き合うことである。 さらに、子供の育児については、ほんの少し前までは、子供は地域や街(村)ぐるみで育ててきたもので、核家族の環境で育てるようになったのは、ほんの近年 になってからのことである。 しかし、過去には戻れないので、現在の行政が地域や地域の生活環境を考慮して新たな「街ぐるみの育児」の環境づくりに取り組 まなくてはならない、との講演がありました。(話の内容は、メモのため」若干異なる部分もあると思います。) さらに、会場のお母さんからも直接、育児問 題に関する質問を受けるなどの質疑応答も行なわれました。

川合市長の挨拶の中に、就任1年目で今まで実施されていた「長寿祝い金」を節目支給に変えたことで、その予算を待機児童解消 に向けて活用させていく。来年(平成23年4月には、4つの民間保育園がオープン予定で、およそ300名の児童の確保が見込まれる、との話もされました。

毛利先生の回答の中で、アトピーの対応で、食べ物のアレルギーは血液検査では正確に判定はできない。まず食べさせてみることで、症状の出方を試 す。食べ物に慣れさせる方法が良い。食べ物を制限させる方法では、食べ物(食品)に対して貧しい子供になってします。また、アレルギーになりやすくなった のは、日本が清潔になりすぎたことも、その一因かも知れない、との説明に対して一つ一つ同感を抱く講演でありました。

国際児童年とは

1979年、児童の権利宣言20周年を記念して、その機会をとらえて改めて世界の子供の問題を考え、その解決のために取り組むべく国際連合により定められたものです。

わが国では、当時の総理府に国際児童年事業推進会議が設置され、児童問題についての認識を深めるためのさまざまな啓発活動が実施されました。

川合市長の就任1年経過しての市政報告会と賀詞交換会が 30日午後6時から開催され、県知事や国会議員、県議会議員、近隣の首長などと川越市議会議員34名(名簿上35名)と、その他多くの来賓や後援会の方々 が参加して、およそ600名は超えていた(主催者発表は無かった)ようにも感じられましたが、大変多くの方の出席で開催されました。

来賓挨拶では上田知事やそれぞれの立場の代表が短時間での挨拶を行い、市長の1年の活動に対する賞賛の言葉を述べられていました。

特に、公明党を代表して登壇した(参加者の参議院議員を代表しての挨拶)西田まこと(実仁)参議院議員(公明党埼玉県本部代表)は、川合市長が川越市、川越市民のために活動している公明党市議団7名の要望や意見に前向きに取り組んでいただいていることに感謝を述べられ、今後も自身が述べているような市長の任期などにとらわれずに出来る限り長くがんばっていただきたいとエールを送られていました。

川合市長の挨拶において、就任1年間の活動と取り組みの姿勢を述べられた、厳しい財政状況の中、公共料金や市税について一部上げることを実施した、しかしこの判断にも、闇雲に進めたわけではないとの説明がなされた後、平成22年度の重点事項として、1、文化スポーツに対する推進を図る。(ハーフマラソンの開催も) 2、子供医療費の無料化(当面小学校3年生まで) 3、川越駅西口の駅前広場の改善・整備 4、川越市駅、新河岸駅、南古谷駅の駅前整備の計画立案に取り組む 5、斎場の早期建設に向けた対策 等の政策を特に重点において取り組むとの力強い挨拶が行なわれました。そして、では「コンクリートから人へ」のスローガンを掲げているが、川越市では『コンクリートも人も』のスローガンで進んでいくとの、経済も人も大事にする政策を積極的に進めていくとの言葉を述べられていました。

川越市の南古谷地域からふじみ野市にぬける川崎橋(一般県道並木川崎線)の架け替え工事が完成まじかになりました。

29日現場付近の九十川の樋門から土手沿いに歩いて、完成が近い川崎橋まで歩いて見学してきました。埼玉県川越県土整備事務所の案内では2月上旬には完成式典も予定されているようで、南古谷地域の市民の移動にも便利になるものと感じております。

今後、完成後には川越側の手前の手押し信号の場所が自動信号(標準型)に変更できないものか、市民の関心は募るものと思われます。この問題には、以前から市役所や川越警察に相談をさせていただきましたが、交差点に至る周辺道路の問題も課題で交換できない状況の説明を受けてきましたが、今後、川崎橋 の完成で交通量の増加や走行スピードも早くなるものと考えられるため、信号の問題は課題になると考えられます。今後更に改善に向けて取り組みたいと考えています。

国会では参議院の予算質疑が27日行なわれていましたが、27日は公明党代業の山口代表が質疑に登壇を予定していたので、午前中に公明党の補正予算に対する考えを街頭で訴えました。

午後には、公明新聞の取材で川越市が本年3月の春祭りのオープニングに発表を予定している【マスコットキャラクター】の、選定にいたる経過と今後の予定や活用について担当課の説明を受けました。また、昨年12月から導入(5台)された視覚障害者への情報提供の「音声読み取り装置」の設置場所に行き、活用と今後の普及啓発の対応について、施設の担当者から説明を受けました。

いずれも、平成21年6月議会の一般質問で、【大泉一夫】が、その必要性を訴えて、選定や導入が決定された事業であります。

東京スカイツリーはさいたま市とその誘致について争ってきましたが、最終的に東京に決定し、現在その工事が進んでいるところ であります。2011年12月末には完成し、2012年春にはオープンを見込んでいますが、視察した25日には286メートルまでその高さを延ばしていました。最高の高さが634メートルを予定しているタワーでありますが、完成すれば当然いままでの東京タワーとは高さ的にも比較にならない高さになり、地域の活性化や地場産業の更なる発展に寄与することは間違いないと断言できる建物になります。さいたま市に誘致できなかったことがいまさらながら悔やまれま す。

当日は、タワーの建設に伴い、直ぐ側を流れる隅田川の河川の護岸工事の状況や押上・業平橋駅周辺地域の主要工事現場の状況も視察し、大規模の工事に伴う工事期間の周辺で発生する問題なども研究することが出来ました。

今後川越市においても、川越駅西口における地域振興ふれあい拠点の建設が予定をされますが、その際には周辺への問題も想定されるため、工事現場の視察は参考になりました。

公明党埼玉県本部(西田まこと本部長)では、新春の恒例の賀詞交換会を本年は新たに、例年とは会場を変えて実施しました。当日は党本部から山口代表を向かえて地元埼玉県知事や市町村の首長や議長が多数出席をいただき、盛大に開催することが出来ました。

今回の常任委員会視察は、唐津市、大野城市、北九州市を訪問して、川越市の厚生常任委員会所管の事業における先進市の事業を視察してきました。

国会も1月18日開会され、平成21年度第2次補正予算案や平成22年度本予算案が今後審議される中で、市の補正予算にも影響する国の補正予算について、個人的に感じる問題を街頭で訴えさせていただきました。(11会場で実施)

伊佐沼は現在沼の水を抜いて環境整備の工事が行なわれていますが、19日に見回りをしましたが、沼に大型ショベルカーが入り、先日(1月5日)の見学のときより更に工事が進んでいるようであります。

また、鴨田の市道0028号線と3121号線とが交差する交差点には、以前は一灯点滅式信号機が付いていましたが、利用者からは見えにくいとか、見落としやすいなどの意見が出ていましたが、その市民要望を平成20年8月21日に福永県議会議員と共に川越警察署に要望を説明に行きました。警察でも調査するとの回答でありましたが、平成21年の秋に標準型の信号機に交換になりました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp