Archive for 2009年 10月 31日

 JMAC構造改革推進セクター、NPO日本評価学会の主催で開催された、2009年シンポジウム「二元代表制を機能させる議会改革10月30日日本教育会館一ツ橋ホール(千代田区一ツ橋)で午前10時(終了午後4時半)から開催され受講してきました。当日は全国の地方議員や議会事務局職員を対象に企画され、およそ300人弱の参加者でありました。

 当日のプログラムは、午前9時30分から受付が開始されました。(9時30分到着)

1、はじめに。「議会改革のこころ」(10:00〜10:20)、日本評価学会理事梅田 次郎氏

2、議会改革全国レポート 月間ガバナンス編集長が観た全国議会改革の潮流

 (10:20〜11:00)(株)ぎょうせい 月間ガバナンス編集長 千葉 茂明氏

3、議会改革実践プログラムの提案 議会が主導する予算決算改革(計画策定・予算編成・決算認定への関わり)」 (11:00〜11:50) JMAC構造改革推進セクター 事業責任者 星野 芳昭氏

4、事例発表1:「行政評価を活用した常任委員会による決算認定」(13:00〜13:40) 熊本県合志市議会 総務常任委員会 委員長 辻 敏輝氏

5、事例発表2:「自治基本条例の取り組みと議会改革」 (13:40〜14:20) 長野県飯田市議会 議長 中島 武津雄氏

6、総合質疑応答とパネルディスカッション(14:40〜16:30)

 パネリストは上記登壇者、コーディナーターは星野芳昭氏

閉会(終了後、名詞交換会)

川越市市民会館のやまぶき会館で10月29日午後、平成21年度川越市社会福祉大会が開催され、厚生常任委員会のメンバーとともに参加しました。当日は稲浦委員長の他、私(副委員長)と3名の委員が出席しました。

大会は川越市社会福祉協議会が主催し、日頃から社会福祉協議会の事業に協力をされている個人や団体を表彰、感謝をあらわす場として、それぞれ賞状や感謝状が送られました。式典には川越市長、川越市議会議長、福永埼玉県議会議員などが来賓挨拶を行い、催し物として東邦音楽大学の学生による演奏も行なわれました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp