Archive for 2009年 6月

 6月5日から開会した議会は29日最終日を午後2時40分から開会し、提案された15議案について付託された常任委員会の委員長報告が行なわれ、全議案が可決されました。なお、当日は新たに当日提案された意見書1件、意見案件2件、同意案件3件、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙と川越地区消防議会議員選挙などが追加日程として加わりましたが、すべてが即決され閉会しました。

 街中にある親水公園というタイトルで、道路に面したところに親水公園が設置されて、区民の憩いの場所になっている「一之江境川親水公園」があることを知り、今まで議会の一般質問で川越市には公園が少ないので、河川を利用した公園の整備を要求してきましたが、今回視察してきた親水公園は、江戸川区の住宅街を流れる川を整備して、公園と水に親しむ場所に改修した親水公園です。

 直ぐ隣を自動車は通行していますが、親水公園は道路に沿って流れる川を憩いの場所に改修し、水遊びや遊歩道、休憩ができる本当に住んでいる場所の側が公園となっており、生活環境に密着した憩いと健康増進にも役立ちそうな、理想な公園でした。

 今まで、議会でも新河岸川の河川の公園(遊歩道)利用麦生川(江遠島)の遊歩道とビオトープを兼ねた公園計画びん沼川の河川利用入間川河川敷の運動公園化の拡大などを市側に提案させていただきましたが、新たに公園用地を確保するには、予算も膨大になります。河川はその安全性を十分考慮し対策を施し、管理する県や国土交通省の使用許可を受ければ、無償に近い予算で用地確保が可能と思われます。

 今回視察した「一之江境川親水公園」の整備については、当日は日曜日の視察で、区役所に確認は取れませんでしたが、道路に面した河川利用という発想は今後川越市の公園計画にも大いに活用できるものと感じ、今後さらに調査を行い、可能な物であれば、今後議会においても提案していきたいと感じています。

 また、当日は副産物として、船堀駅前の「船堀駅中央駐輪場」(平成19年10月頃のオープンらしい)を見学することができました。駅前に位置した駐輪場で施設側の人間が一切関わらないで自動的に収納され、利用者はカードを挿入して自転車を受け取るシステムです。6階建ての建物に1号機から6号機までの操作口があり、各機がそれぞれ250台収納し、合計1500台が収納できるそうです。利用者は月単位の契約者のみで、毎月200件以上の待ちが発生するほどの盛況ぶりのようです。今後川越市でも駐輪場の確保は必要ですが、狭いスペースで多くの自転車を収納する対策も必要で、今後の課題としてこの問題も調査を進めて行く予定であります。

 川越市主催の男女共同参画市民フォーラムが、27日川越駅東口の「川越駅東口多目的ホール(クラッセ川越6階)」で開催され、地元開催行事のため、午後1時30分から開会から参加見学をさせていただきました。

 はじめに、石川副市長の挨拶で開会され、引き続き、NHK制作局第二制作センターのチーフ・プロヂュサーの後藤高久氏による「連続テレビ小説《つばさ》と女性」というタイトルでおよそ90分の講演が行なわれました。

 講演では、NHKの連続テレビ小説のテーマについて説明があり、今回の「つばさ」の製作過程の話もされました。女性ヒロインを中心にした家族をテーマにした内容でありますが、どうしても舞台となる地域があるため、内容と地域の表現方法で批判的意見もあるが、製作過程においてあくまで、作られた小説であるということを理解していただきたい、内容は舞台(地域)が変わっても代わるものではない、川越の市民の気質や地域性と異なるとの意見を多く頂くが、あくまで主題・テーマを中心につくらざるを得ない、との事情も話され、ただ、川越を舞台として使用させていただいたのだから、川越の宣伝になるような部分も考慮しなくてはならないことは理解し、努力していくとの話も有りました。

 私たち川越市民も、NHKがドラマで川越を使っていただいたことに感謝し、ドラマを見て、照会や苦情、意見を述べる知人などについては、私たちから本当の川越のすばらしさを説明してあげて、是非とも本当の川越を知っていただきたいので、川越に遊びに来てください。と言えるような応対も必要ではないかと実感しました。(大泉一夫個人的見解

 川越市議会の議会運営委員会が6月26日に午後2時から開催、今議会における検討事項について協議が行なわれましたが、一部の内容については、議会最終日に再度協議することになりました。

 次回議会運営委員会は、議会最終日の29日午前10時からの開催予定であります。

 テレビでも取り上げられている、高級な街銀座に全国のアンテナショップが続々とオープンまたはリニューアルしていることに対して、その実態はどのような状況なのか、現地に行き直接その感触を味わってきました。(6月24日に同行者として、桐野議員を伴って)

 当日は渋谷から東京メトロ銀座線で銀座まで行き、駅案内人に所在地を確認して調査を開始しました。案内人の説明では銀座には相当数のショップが点在しているので、目的はどの県を見たいか聞かれたので、すべて見たいといったのですが、20近くあるとの説明、とりあえず近くの場所を聞き出かけました。

 銀座1丁目に新しく出店した「おいしい山形プラザ」(山形県)を皮切りに、「銀座わしたショップ」(沖縄県)、有楽町駅の東京交通会館内の「北海道どさんこプラザ」、「むらからまちから館」「秋田ふるさと館」「ゆめぷらざ滋賀」「長野県東京観光情報センター」「いきいき富山館」「わかやま喜集館」「静岡県東京観光案内所」を見学しました。どこも多くの観光客がその陳列されている地元の特産品を購入しており、みやげ物に限ってはここで間に合うと実感しました。その他にも、石川県や鹿児島県、熊本県、岩手県、北海道、京都府、鳥取県のアンテナショップが周辺に点在していますが、これらは見学できませんでした。

 埼京線(川越線)は、指扇駅と日進駅の間に「西大宮駅」が開通(平成21年3月14日)してから乗客が増加して、いままでの乗客から、車両の増加など何か対策ができないのか、便数を増加させるとか、JRは何か考えてもらえないのか、等の意見を多く聞くようになりました。

 JR東日本大宮支社には毎年複線への変更を要望するために、地元自治会の代表と国会議員、県会議員と市議会議員の代表で要望(平成19年12月20日、平成20年12月26日)に行かせてもらっていますが、なかなか進展の目途は立ちません。

 今回は、川越始発の車両が現在10車両ですが、一つ車両を増設できないか、停車駅のホームの空きスペースやホームの延長が可能か、停車駅を二人で車両の最前部と最後部で写真を撮りながら、渋谷駅まで調査を行ないました。

 池袋や、新宿、渋谷駅はまったく問題はありませんが、川越駅や赤羽駅、十条駅ではホームが足らない上に、ホームの延長も他の線路の関係で難しい、その他の駅では、1両分くらいはホームを延長すれば可能であるように見受けられました。

 今後、二人のデータを元に検討して、何か対策が取れないか、検討していきたいと考えて行きたいと思います。

 月曜から金曜までの午後0時30分から放送される、NHKラジオ第一の「ここはふるさと旅するラジオ」の公開放送が鏡山酒造跡地の「大正蔵」で行なわれました。当日は川越出身の俳優「市村正親」さんをゲストに迎えて川越市のすばらしさや思い出などを交えておよそ20分間の公開放送が行なわれました。

 当日は観光客などおよそ200名以上の観客が建物内に集まり、立ち見もでる程でした。市村正親さんの高校時代の恩師(川越商業高校演劇部顧問)の演劇との出会いのエピソードや中学の同級生(初雁中学)による同窓会の話、そして昔懐かしい「太麺焼きそば」の試食などが行なわれ、間じかでみる俳優に観客も感動をしておりました。

 荒川自然公園内には、幼児から小学生までを対象に、公道での交通ルールなどを親子で学べる交通園が併設されていました。管理事務所で自転車や三輪車を借りて、実際の公道に模した道路が公園内に設置されているので、親子で自転車の走行練習や交通ルールを学ぶものです。また、ゴーカートも借りられます。

 管理事務所の職員の方に利用状況を聞いたところ、平日は学校単位での練習で利用され、休日には区外からの利用者も多く、日に500人以上の利用もあるとの説明でした。

 現在、公道での自転車の交通マナーの悪さが指摘されており、自転車が原因での事故も増加しているとのデータも出ています。しっかりしたルールを小学生の時代までの身につけておくことは大変重要な事で、この施策はどの自治体でも求められることだと思います。

 

 三河島水再生センターは、大正11年(1922)に三河島汚水処分場として運転が開始された。日本で最初の近代的な下水処理施設です。敷地内は緑が豊かで、桜の開花時期には、赤レンガ造りの旧主ポンプ室と桜が美しい景観を創り出し、桜と施設見学会が開催されます。この旧三河島汚水処理場ポンプ場施設は、設立当初から稼動し、平成11年(1999)に引退しました。平成15年(2003)3月には東京都指定有形文化財に、また、平成19年(2007)12月には国の重要文化財(構造物)に指定されました。この施設の上部に人工地盤で造った公園が荒川自然公園です。(見学:要事前申込み)《以上、荒川区産業経済部観光振興課作成の荒川区の観光スポットより転載》

 三河島水再生センターの上部に設置されている荒川自然公園(荒川区荒川8−25−3)は、その敷地面積が約5.7ヘクタールあり、東京ドームの約1.2倍の広さに匹敵します。公園は大きく2つのエリアに分かれ、南側部分(都電荒川線荒川二丁目電亭)には、自然観察ができる野草園や昆虫観察園、オオムラサキ観察園、荒川区の地形の白鳥の池と水辺の広場があり、散策や観察に適しています。

 北側になる部分(荒川7丁目、8丁目、町屋1丁目入口)には、野球場やテニスコート、子供プール、ふれあい健康広場、さんさん広場と交通園などがあります。

 とにかく1階部分には水再生センターがあり、その上にこのような広さの公園が設置されていることに、非常に驚きを感じましたが、このような自然環境を人工地盤で作り上げた荒川区には感服いたします。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp