Archive for 2009年 3月 21日

川越市議会の超党派議員(公明党議員団6名参加、その他の会派13名)と川合市長の参加で3月21日午前9時から、川越市の大袋650番地にある川越総合卸売市場株式会社を訪問し、会社側からの会社概況や事業状況、経営状況などの説明を受け、不明な点についての質問なども行なわれました。

当日は、事業説明などの会議に先立って、市場の開設状況を2班に分かれて鮮魚コーナーや食品、野菜コーナーなどを巡回見学しました。会場内は土曜日でもあり多くの一般市民のお客も多く来場しており、その盛況振りを感じましたが、平日はその数も少なくなるとの話もありました。また、敷地内にある飲食店も現在は1軒のみで、スペース的には5軒あるようですが、現在は1軒のみになっているとの説明でした。説明会終了後に会派の議員数名で昼食によらせていただきましたが、土曜日のせいか、大変混雑をしていました。

東洋大学 地域産業共生研究センターが主催で、川越市が後援して開催された「低炭素都市・地域づくりシンポジウム」−低炭素社会に向けての川越からの発信ーが3月20日午後1時から川越市の川越東武ホテルで開催されました。地球温暖化対策としてのCo2削減の対策を産学協同で進めている報告が行なわれ、行政としての取り組みについても川越市が報告を行なっていました。

当日の講演内容は

主催者挨拶(東洋大学学長)、来賓挨拶(川越市長代読)が開会にあたり行なわれた。

1、「川越学の実践と今後の展開」 東洋大学工学部 尾崎教授

2、「低炭素都市の実現に向けた産官学連携」 東洋大学工学部 藤田教授

3、「循環・共生社会における木造建築の可能性と役割ー住宅と学校施設から考える」      東洋大学工学部 松野教授

4、「地域における分散型の水・エネルギー利用システム」 東洋大学工学部 小瀬准教授

5、「川越市が進める温暖化対策の取り組み」 川越市環境部参事・環境政策課長

パネルディスカッション

  「川越の自然と文化を活かす低炭素都市づくりに向けた取り組みと課題」

 「パネリスト」

  川越市環境政策課長、内閣官房地域活性化統合事務局主査、積水化学工業(株)環境・ライフラインカンパニー部長、東洋大学工学部准教授

 埼玉県議会は新年度当初予算案に対して、各会派12名が知事などの執行部との一問一答方式での質疑が行われました。公明党からは畠山清彦議員が埼玉の農業問題に関して質疑を行い、特に地産地消対策について知事の答弁をいただいてました。西山淳次議員も「優秀な教育の確保策」について質疑を予定されていましたが、裁判所と法務局にも用事があったので、見ることはできませんでした。

川越市高齢者保健福祉計画・第4期川越市介護保険事業計画の事業計画原案を協議するための推進委委員会が3月18日(水曜日)午後1時半から市役所7階会議室で開催されました。

委員会では、平成21年度からの第4期事業計画の最終原案についての協議が行なわれ、各委員から活発な意見が交わされました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp