Archive for 2008年 11月

農業ふれあい事業実行委員会(川越市・鴨田体験農園組合・川越市伊佐沼青空市組合)が主催する「2008ふれあいセンターまつり」が晴天の中、大勢の市民を迎えて開催されました。

当日はセンターの駐車場にはフリーマーケットが所狭しに出店して、農産物直売所や伊佐沼周辺は大変な混雑となりました。隣接の体験農園には野菜の採取を体験する家族連れが土の中から野菜を採っていました。施設内では木遣りや太鼓、お囃子の演技やカラオケなどの発表も行なわれ、模擬店なども開いていました。

川越市小中居の県営小中居住宅自治会主催の第7回防災訓練が住宅内の児童公園で11月30日に、川越北消防署南古谷分署の協力で自治会住民と関係者を集めて午前9時から実施されました。

 当日は古谷地区自治会会長や自治会顧問の県議会議員、市議会議員に加わり公明党の古谷地域担当として参加させていただきました。主催者の石塚自治会長の挨拶に始まり顧問の議員に加わり挨拶をさせていただき、行政と地域住民の協働による防災訓練の重要性を述べさせていただきました。引き続き、消火訓練の実演、てんぷら鍋の消火訓練に続き、三角巾による傷害の手当、骨折の対処を実技で体験を見学し、そのあともAEDの体験、炊き出し訓練も行なわれました。

 また、同自治会には街頭緊急通報システム(スーパー防犯灯)が団地内に合計4ヶ所設置されており、その説明も自治会副会長より受けました。スーパー防犯灯はボタンを押すことで、その場で警察官と通話ができ、通報者の姿がモニターにより警察署にその状況が映し出され、警察が通報者の状況を映像でも把握できるシステムです。

 「イーブンライフin川越」は、昭和58年3月、国際婦人の10年を機に、女性の主体性を促すための意識啓発として、「婦人のための講演会」を開催したのが始まりです。平成7年度に現在の「イーブンライフin川越」と名称を改め、社会のあらゆる分野に女性と男性が平等に参画することができる男女共同参画社会の形成をめざし、川越市と川越市女性団体連絡協議会が共催で開催しています。(主催者配布資料の説明を抜粋)

 やなぶき会館ホールには加盟団体の活動報告がホールに掲載されており、特に関心を持って見させていただいたのが「臍帯血バンクを支える会ライフサポート川越」の展示物を見学させていただきました。

 1時半から始まったプログラムでは、オープニングに「よさこい鳴子おどり」(桜踊華おうようか)の披露があり、市立高階中学校の生徒によるボランティア活動の団体(活動3年目)の力強い演技には感銘を受けました。市長の挨拶のあと、講演が行なわれましたが、地域貢献を率先して行なう中学生の活動には冒頭から感銘を受けました。

 11月28日に開会した第5回定例市議会は12月19日までの22日間開催されます。開会日の28日は午前10時から議会運営委員会が開催され、議会の日程などの議事進行の確認が行なわれ、午後1時15分から恒例の議場コンサートが開催、今回は「楽しいハーモニカ」のメンバー3人による演奏が6曲行なわれました。

11月27日午後1時15分から埼玉県県民健康センターで開催された、ヘルシー・フロンティア埼玉県民会議総会と健康づくりフォーラムに参加、基調講演と事例発表会(三題)を聴取、最初に埼玉県健康医療部長の説明と健康づくり支援課の「ヘルシーフロンティア埼玉行動計画〜すこやか彩の国21プラン〜の進捗状況についての説明が行なわれました。閉会午後4時半

複数のスクリーンを持つシネコンが埼玉県内に進出しておりますが、このたび川越市にも11月29日にオープンする予定であります。場所はJR川越線の南古谷駅の西側の県道に面した敷地にオープンします。同地域は踏み切りの側で交通量も多く、渋滞の箇所でもありシネコンのオープンでその動向が地域住民にとっては関心がもたれているところでもあります。オープン1週間前の23日に県道の状況を視察、歩道などの環境整備の状況を視察してきました。

 平成20年11月24日で三周年を迎える伊佐沼農産物直売所では、11月23日〜24日の両日で3周年記念フェアが開催。11月23日に現地を訪問し、地元産の農産物などの販売風景を見学、野菜を購入してきました。

 隣接する伊佐沼は当日は水量も少なく、水上の舟も浮き上がっていました。

埼玉県農業大学校(鶴ヶ島市太田ヶ谷64)では、11月22日午前10時から午後3時まで敷地内を会場にして、第33回農業大学校祭が開催されました。当日は学校で生産された農産物の即売や模擬店などの販売コーナーが各所に設けられ、さらに草花などの即売会場も盛況で参加された方が各所に行列を作っておりました。また、隣接する埼玉県農林総合研究センター鶴ヶ島試験地でも農産物の販売や焼きいもの販売、芋ほり体験などが行なわれ、両会場を合わせて見学する市民で大賑わいでした。(実りのフェスティバルin鶴ヶ島地

JAいるまの農協主催の「秋の収穫祭」が川越水上公園で11月22日午前9時から開催されました。会場には式典や表彰などがステージで行なわれた他、会場一帯に各支店や関係団体の催し会場が設置され、来場者へ商品などの説明や販売が行なわれておりました。農産物の品評会の優秀者にはステージにおいて表彰が行なわれ、その生産農産物は展示会場に陳列されておりました。芳野女性部や南古谷支店女性部の出展会場も見学してきました。

 川越市議会第5回定例市議会の開会に向けた議会運営委員会が午前10時から開催され、11月28日に開会され、12月19日までの22日間の日程の確認を行ないました。

 午後3時からは、第5回定例議会に提案される議案についての説明を、公明党会派で理事者側より説明を受けました。

 午後4時10分より市長室にて、公明党会派の平成21年度の予算要望書を公明新聞の記者の同席で提出しました。提出の風景は後日公明新聞に掲載されます。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp