Archive for 2008年 10月

「川越まつり」国指定の重要無形民俗文化財に指定されています。今月18日と19日の両日に川越市の中心地で開催されます。18日は午後2時半、19日は午後2時に市役所前に今年参加の山車が集合して、一斉に市街地に向けて巡行が開始されます。交差点などで出会った山車が向き合って行なう「曳っかわせ」が見所です。

 10月16日に市役所前を視察し、現在進んでいる市役所前南側の道路改修現場(祭りには改修は間に合いません。)や川越城中ノ門跡整備の状況を確認してきました。来年の川越祭りには道路も広がり新たな川越祭りの風景が見ることができるのではないでしょうか。是非来年も川越まつりを見学していただき、変貌を見届けていただきたいと思います。

川越城の歴史は、入館の際に頂いたパンフレットの説明によると、「川越城は、扇谷上杉持朝が長禄元年(1457年)に家臣の太田道真、道灌父子に命じて築城させたものである。当時、持朝は古河公方足利成氏と北武蔵の覇権をめぐって攻防を繰り返しており、築城はこれに備えたものであった。築城当初の規模は、後の本丸・二の丸を合わせた程度とすいていされている。小田原を拠点に武蔵への進出を図る後北條氏は、天文6年(1537年)に川越城を攻め落とした。天文15年(1546年)、扇谷上杉氏は、それまで対立していた山内上杉氏・古河公方と手を結び川越城奪回を図るが奇襲に合い大敗する(川越夜戦)。その後、後北條氏は川越城を足がかりとして北武蔵への支配を固めていった。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の関東攻略に際し、川越城は前田利家らに攻められて落城した。同年8月徳川家康は江戸に入城する。川越城には江戸の北を守る重要拠点として、酒井氏が配置され、その後も幕府の要職にある大名が藩主に任じられた。寛永16年(1639年)、川越藩主となった松平信綱は川越城の本格的な拡張・整備を行なう。川越城は、本丸、二の丸、三の丸等の各曲輪、4つの櫓、13の門からなり、総面積は9万8千坪余りの規模を持つ城郭となった。川越城本丸御殿は寛永元年(1848年)に時の藩主松平斉典が造営したもので、当初16棟、1025坪の規模を誇っていた。現在は玄関・広間部分と移築復元された家老詰め所を残すのみであるが、日本国内でも御殿建築が現存する例は極めて少なく貴重である」との説明が記載されていました。

当分の館は見学ができなくなりますが,一部展示物は博物館に移設して展示を行なうようであります。

 

 

平成19年度決算特別委員会第1日目の審査が、川越市役所の会議室で午前十時から開催されました。決算特別委員会は10名の市議会議員で構成されています。

 10月12日町民体育館、平成の森などが隣接する町民グランドを中心に川島町の町民体育祭が開催されていました。6つの公民館(中山、伊草、三保谷、出丸、八ツ保、小見野)が共催の町一本の体育祭であります。当日は、私の実家を訪問した帰りに見学をさせていただきました、同級生や知人にも会え、そして町議会議長等にも挨拶をさせていただきました。

埼玉県企業局と川越市でその建設を進めている、川越市芳野台工業団地の東南の方角に位置する川越第二産業団地の土地整備が進んでいます。10月12日予定地の前を通過したのでその状況を写真に収めました。

 秋晴れの中、30回目の開催を迎える川越市障害者スポーツ大会川越市民グラント゛で10月12日午前9時より開催されました。

 当日は29の団体及び施設の方々でおよそ700名位は参加しているように思える人たちが各種の競技にエントリーをして、その競技を競っておりました。

 行なわれる競技種目は、プログラム表によると、宝探し、玉入れ、ボーリングゲーム、400mリレー競技、おやつ運び競争、パン食い競技、アベック風船運び協議(以上午前中)、午後から、綱引き、お掃除しましょう、魚釣り競技、ボール送り競争、大玉転がしリレー競技、ボール運びリレー競技と多種多彩な種目が用意されていました。

 私は平成19年度と20年度の社会福祉審議会の中の、身体障害者福祉専門分科会に所属させていただいているので、この機会に身体障害者の方々の運動に関する事の参考にさせていただきたいと思い、当日10時頃に会場にうかがい、各団体や施設の代表として競技に参加される方々と関係者、そしてボランティアの人たちの活動状況を現場で見学させていただきました。

  行政書士会川越支部の業務研究会が川越西文化会館会議室で10月11日午後6時から開催されました。最終回の第5回研究会では平成20年12月1日から施行される新公益法人制度について約2時間勉強会を開催しました。現行の法人に関する民法第34条が廃止された後の移行問題などを研修しました。

 川越支部では10月11日(土)午後1時半より川越駅東口において、参議院議員松あきら議員西田実仁議員、次期衆議院選挙予定候補者長沢広明前衆議院議員を迎えて、街頭演説会を開催しました。松あきら議員の演説においては、その迫力ある演説に集合された支持者はもとより、通行中の市民もその内容に耳を傾けておりました。

 保存修理のため、川越城本丸御殿は10月21日から平成23年3月(予定)までのおよそ2年5ヶ月の間休館となります。10月10日補修前の外観の写真を記念に収めてきました。

  川越市の第4期介護保険事業計画の作成等について、第8回目の委員会が川越市立美術館アートホールで開催されました。

  また、10月31日(金)午後6時から8時、川越市民会館会議室において介護保険事業についての「市民の声を聴く会」が開催されます。参加予定人数は100名を予定しており、参加申し込みは川越市のホームページ(9月18日掲載)又は「広報川越」(10月10日郷に掲載されています。関心のある方はどしどしご応募してください。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp