Archive for 2008年 8月

特別委員会は8月20日午後1時から委員会に先立って協議会が開催され、引き続き午後2時から委員会が開催されました。

委員会では、冒頭委員長より先に実施した他市の視察に関しての参加委員の感想や意見等を全員(委員長は除く)から述べていたきたいとの提案で、対象者全員がそれぞれ、横浜市、岩国市、北九州市戸畑区の庁舎視察状況に関して発言を行ないました。

その後、理事者側より前回の質疑により求められた内容についての報告と市庁舎建設に関してのアンケート集計の分析内容について説明が行なわれました。

休憩の後、質疑に入りましたが、理事者側への質疑に対して答弁内容が不十分な点もあり、継続になりました。次回委員会は10月と11月に開催することになりました。 

 終戦記念日の翌日、8月16日は午後4時過ぎから埼玉県内を襲った激しい豪雨は、川越市内においても各地に床上浸水や停電などの被害をもたらしました。

 川越市では午後4時から2時間で74ミリの雨を観測(翌日の報道)される位の集中豪雨で外出や乗車中の車からも出られないくらいの雨が集中的に降りました。少し落ち着いた午後6時過ぎに近くのオアシス周辺の新河岸川の状況を視察に出かけましたが、オアシス駐車場は水浸し、市民会館駐車場も水浸し、新河岸川も相当の増水状態でありました

 8月19日、市役所危機管理課で被害状況の確認をしたところ、床上浸水4棟、床下浸水26棟、道路冠水20箇所が掌握されているとの、被害状況の報告を受けました。今回の豪雨では河川の増水の被害は無く、市街地の被害が大きかったとの被害分析で、短い時間に集中的に降った為、地下の配水管が満杯状態になったことで、市街地の被害が多かった、河川は治水対策が功を奏して従来の被害は出なくなった、との状況。今後は市街地の集中豪雨対策が求められることを示唆した報告でした。

  63回目の終戦記念日にあたる8月15日公明党市議団(大泉かずお、清水京子,小ノ澤哲也、桐野忠の市議会議員)福永信之県議会議員で、川越駅東口クレアモール入り口前で午後5時より、街頭遊説を実施しました。

 演説では、世界平和に向けた活動を真剣に国政の場で実施しているのは公明党であることを主張。現在行なわれているオリンピックの最中にも、ロシアとグルジアで戦闘が行なわれてしまった事等に触れ、世界から本当に戦争を無くす行動を全世界の人民に訴えることの重要性を訴えました。

 街頭遊説に先立って、大泉かずおと若狭みどり議員で、公明党の宣伝カーによる市内周りを午後2時半から5時まで実施して、街頭遊説に合流しました。

 川越の恒例花火大会が8月9日(土)の午後7時25分から伊佐沼公園で盛大に開催されました。当日は開催に先立って、伊佐沼公園内の特設会場で民謡ステージを設けて、午後5時30分から1時間余り小江戸川越にゆかりのある曲の踊りが披露されました。7時過ぎから点火式のセレモニーが行なわれ、川越大使の露木氏も来賓として参加され、天候の具合もあり予定より5分ほど早めて、花火の打ち上げが始まりました。5500発の花火が川越の夜空を彩り、夏の暑さを吹き飛ばしていました。「割り物」「水中花火」「型物」「ポカ物」などの色々の花火が披露されましたが、特に水中スターマインの壮大さには圧巻をさせられました。

 現在川越市が議会として特別委員会を設置して取り組んでいる川越市の市庁舎建設の問題に関して、神奈川県横浜市(耐震対策を実施中)、山口県岩国市(新庁舎建設、20年6月オープン)、北九州市戸畑区役所(複合施設としての区役所建設)の3市の庁舎に関して担当部署からの説明を受けてきました。平成20年8月5日〜7日)

平成20年8月4日、会派の新人4名で武蔵野市を訪問、全国的にも財政指数の高い同市の財政計画の策定方法や予算編成の進め方について、財政課の課長と職員からその策定状況についておよそ90分の説明を受けてきました。

 平成20年度水防演習(2年に1回実施)が川越市大字上戸地内の上戸運動公園で市長、副市長、消防議長、議会議長並びに関係各所の来賓を迎えて開催されました。水防演習は水防体制の強化、川越市水防団の水防技術の練磨を図るために2年に1度実施しているものであります。

 富士見市大字下南畑568−1にある難波田城については以前より県道川越新座線を通行するたびに、その存在が気になっていた場所でしたが、今回(8月2日)立ち寄ることにしました。

 施設は難波田城公園難波田城資料館が併設された施設でありましたが、どちらも入園料などは不要で、どなたでも見学することのできる施設でありました。

 資料館配付の資料の説明を一部掲載します。

難波田城公園  難波田城は、中世に富士見市内を本拠として活躍した難波田氏の居城跡です。昭和36年に埼玉県旧跡に指定されました。荒川低地の一角に築かれた平城で、規模は50,000へーホーメートル以上とすいていされています。難波田城公園は、この貴重な文化遺産を保存し、活用するために平成9年度から3ヵ年をかけて整備したものです。園内には、難波田城資料館や城跡を復元した「城跡ゾーン」、市内の古民家を移築した「古民家ゾーン」があり、富士見市の歴史や文化を肌で感じることができます。

難波田城資料館  難波田氏や難波田城をはじめ、中世から現代までの富士見市の歴史や民族に関わる多くの資料を展示しています。富士見市の成り立ちや生い立ちをわかりやすく解説しています。 

城跡ゾーン  発掘調査や古城図などの記録をもとに堀や土塁など、城の往時の様子を復元しました。水堀と土塁、本城門、追手門、復元木橋などがあります。 

古民家ゾーン  富士見市内に残されていたふるい民家を移築し、かつての農家の景観を再現しています。農具や農家に伝わる行事の展示も行なっています。また、はた織りや昔懐かしい遊びも体験することができます。旧鈴木家表門(市指定文化財)、旧大澤家住宅(市指定文化財)、穀蔵、旧金子家住宅(市指定文化財)が移築されています。

 見学をして、まず感心したのは、これだけの施設に対して入場料が不要という点であります。建設の経緯を確認していないので不明ですが、今後確認したいと思います。また、施設が歴史を学ぶ観点で当時の原風景を復元してあるだけでなく、一部イベント行事で体験型の行事を取り組んでいる点であります。施設全体的にも高齢者には昔の思い出を回想できる施設、子育て世代には公園利用と学習の場としての活用が感じられました。観光の方からの意見も自分たちの街にもこのような場所がほしいと、感想を述べていました。今後川越市でもこのような歴史遺跡と公園の併設した場所の確保をめざして勉強を進めて行く決意をさせていただきました。

 公明党埼玉県本部主催の議会改革研修会が平成20年8月2日さいたま市で開催されました。講演を行なっていただいたのは、三重県伊賀市で「議会のあり方検討委員会」の委員長として取り組んだ本村議員(公明党)で、議会基本条例の制定までの取り組みについて講演が行なわれました。(午前10時30分から)

 8月2日夜、地元仙波1丁目自治会・公民館主催の恒例の盆踊り大会に参加、地域の方の踊りを見学させていただきました。(8月3日も開催)

 7月31日(木)さいたま市の大宮ソニック市民ホールで開催された、〜地域福祉ワークショップIN埼玉〜は、午前10時半から基調講演として「新たな支えあいを考える」と題して、埼玉県立大学教授・埼玉県地域福祉推進委員会委員長の朝日教授の講演で始まりました。引き続いて「県の地域福祉に関する取り組みについて」埼玉県福祉部福祉政策課地域福祉担当より説明がなされました。

 午後からはワークショップという方式で参加者123名が、3つのテーマについて1グループ8名の編成で意見交換を行い、テーマ別の発表や講評が企画されていました。当日の参加者は市町村職員や社会福祉協議会職員のほか私のように地域社会福祉に関心のある申込者の参加でありました。3つのテーマは、

1、「気軽に相談できるところをつくろう(相談援助システムの形成)」

2、「支え合いの仕組みをつくろう(小地域福祉活動の推進)」

3、「地域福祉を担う仲間をつくろう(地域福祉の担い手の育成)」

でグループ分けをして希望のテーマに参加できます。(私は午後別の予定のため欠席しました。)

 

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp