Archive for 2008年 4月 18日

社会保険庁は、平成20年4月から新たに全ての年金加入者にねんきん特別便を順次送付していますが、相談窓口の社会保険事務所が大混雑している状況の対応で、土曜・日曜・祝日の相談4月に実施すると発表しました。埼玉県内には川越社会保険事務所のほかに、浦和(浦和駅)、大宮(宮原駅)、熊谷(熊谷駅)、所沢(所沢駅)、秩父(秩父駅)、春日部(春日部駅)、越谷(新越谷駅)の8つの社会保険事務所があります。臨時に開設される相談日の開設時間は午前9時半から午後4時までとなっております。各社会保険事務所の場所や住所については、同ホームページの情報リンク集の社会保険庁のホームページから関東エリアの埼玉県を検索してください。

 社会保険庁は、年金相談において住民の住所地の自治体でも、オンライン端末装置で年金の加入記録や納付記録を確認できる「ねんきん特別便支援相談室」を開設して、年金相談に対応するオンライン端末装置の貸与を行なうことを発表した。今回貸与されるのは全国23の自治体で、埼玉県内では6自治体が該当することになりました。全国に先駆けて埼玉県志木市で17日からサービスが開始されました。ただし、貸与された志木市で相談できるのは志木市の住民で、予約制をとっています。該当する地域の方で相談を希望される方は、志木市役所総合窓口課にご照会願います。川越市民につきましては、住所地に川越社会保険事務所が設置されていますので、川越社会保険事務所での相談となります。なお、社会保険事務所での相談については、住所地の特定はありませんので、全国の社会保険事務所で相談を行なうことができます。また、社会保険庁は今後、貸与する自治体を増加する計画もあるように報道されております・今後の状況や相談状況については、同ホームページの社会保険庁ホームページから、該当の地域(関東から埼玉県を検索、埼玉社会保険事務局を検索)して、情報を確認してください。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp