Archive for 2008年 3月 15日

 平成19年度・埼玉県高次脳機能障害理解促進セミナーが川口市の市民センターで平成20年3月15日(午後1時30分〜)に開催され、講義を受けてまいりました。

 埼玉県障害者福祉課の主催で平成19年度・高次脳機能障害理解促進セミナーが、平成20年3月15日(土)(午後1時30分〜3時30分)に川口市の市民センター(フレンデイア・JR川口駅駅前)で開催されました。当日は埼玉県内の県民およそ300名を対象に、2時間の講演が行われました。

 はじめに、埼玉県から、行政説明として「埼玉県の高次脳機能障害の現状について」説明が行われ、その後に講演『高次脳機能障害の理解と支援のために』と題して岐阜医療科学大学の阿部順子教授により2時間の講義が行われました。

 当日の講義内容については、別段「活動報告」欄にて、掲載させていただきますので、参考にしてください。

平成19年度・発達障害理解促進セミナーが川口市民センターで平成20年3月15日午前10時から開催されました。(埼玉県障害者福祉課主催)

 午前10時から12時までに2時間で、埼玉県発達障害者支援センターの藤平センター長文教大学大学院の谷口教授により、発達障害の支援に関する講義を受けてまいりました。

 

 セミナーでは、埼玉県内の県民およそ300名弱の参加で開催されました。

 講演内容は、埼玉県の障害者福祉課長の挨拶に続き、2題についておよそ2時間にわたっての講演が行われました。

 1、『発達障害者への支援の現状』

  埼玉県発達障害者支援センター「まぼろま」 藤平 俊幸 センター長

 2、『心のバリアフリーをめざして:世界保健機関(WHO)の障害理解と発達障害』

  文京大学大学院 人間科学研究科 谷口  清 教授

 上記の2題について、講演を受けました。

 なお、講演の内容については、本ページ「活動報告」(別段)欄にて掲載させていただいております。ぜひ参照願います。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp