Archive for 2008年 3月

『小江戸川越の春まつり』3月29日オープンして5月8日まで、観光事業として川越市内を会場にして実施されます。春爛漫のこの時期に新河岸川の氷川橋周辺で実施する舟運に多くの観光客が見える為、この時期に平成20年3月の議会での一般質問『河川の有効活用』についての現地視察を再度実施しました。当日はおよそ4時間半かけて自宅から自転車で視察を行いました。

 

 

 3月30日自宅〔仙波町1丁目〕から自転車で仙波町4丁目の仙波河岸公園まで行き、公園内を歩いて新河岸川に出ました。

 新河岸川の側道を進み、埼京線の線路の北側の畳橋をスタートの基点として滝下橋、田島橋、仙波大橋を潜りぬけて、精進場橋、弁天橋、貝塚橋、琵琶橋と進みました。この区間は特に一般質問でも川幅も広く、側道には桜も咲き、菜の花も多く咲いており、また川には鴨やカワ鵜や鯉が泳いでいる直線的な眺めの良い場所です。当日も沿道には多くの写真を持った観光客や地元の方が、見事に咲きだした桜の風景を写真に収めておりました。桜の花と菜の花が同時に咲き誇る風景は珍しいとの説明も受けました。

 さらに、新琵琶橋、第123号橋、杉下橋と進む間には、ウォーキングをしている坂戸からのグループにも会い、新河岸川をめぐるコースはよく利用するが川の清掃と歩行者が安心して歩けるスペースの確保をお願いしたいと要望を受けてしまいました。

 引き続き、杉下橋から初雁球場の新城下橋、城下橋と進みましたが、この区間は川の側道は国道を進まなければ成らず、危険な場所でした。危険回避には市道に入るのですが川からは少しずれます。市民プールや初雁球場の東側に歩行者専用道路だけでも設置していただけたら、ハイカーは喜ぶのではないでしょうか。

 城下橋からは急に観光客も多くなり、川沿いでは風景を描いている方にもお会いしました。宮下橋、氷川橋では当日行っていた舟運の風景写真を撮ろうとしている人や、乗船を待つ人、見学する人、花見の宴会や食事をしている人と多くの観光客でにぎわっておりました。

 人ごみを掻き分けて、田谷橋、道灌橋、と進み、このあたりからは川と脇を通る市道が整備され景観も良いです。さらに、東明寺橋と進みます。東明寺橋を過ぎ、坂下橋から高沢橋(菓子屋横丁は入り口)までは、本当に川べりを歩ける遊歩道も設けられており、整備された場所になっております。

 この先にも石原橋、歩道橋,お茶屋橋、黄金橋、三日月橋と続きますが、天候も怪しくなったので、今回は高沢橋で終了しました。今回の視察で、何人かの観光客の意見では船ももう少し乗船区間が長ければとか、川底の清掃問題とか、川べりの植樹〔花〕などを奨めたらもっとよい観光地になるなどの意見を頂きました。

 圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の鶴ヶ島JCT〜川島IC間の開通に伴う開通式が川島ICが設置された川島町(川島町民会館ホール)で3月29日午前10時から開催されました。

 式典終了後には、場所を変えて、圏央道川島ICのゲート前でのテープカットが執り行われ、式典に参加された来賓や地権者その他多数の方が、主催者の用意されたバスで川島ICと鶴ヶ島JCTの間を往復しました。

 川島町民会館で行なわれた開通式典では、始めに主催者挨拶として、金子善次郎国土交通省政務官が挨拶を行い、引き続き来賓として登壇した上田きよし埼玉県知事の祝辞が述べられました。埼玉県知事は『道路財源の確保を地方側の立場に立って、その確保を考えていただきたい」と今後も引き続き道路特定財源の確保を望む発言を行なっておりました。その後、参加された国会議員の来賓を代表して、地元の山口泰明衆議院議員の祝辞のあと、来賓の方の紹介が行なわれました。沿線周辺の首長の皆さんが出席されていました。川越市長は同時刻に平行で開催された、川越市東部地域ふれあいセンターの竣工式が開催されていたので、代理参加となりました。

  第19回小江戸川越春まつりのオープニング式典が開催されました。例年恒例の小江戸春まつりは3月29日から5月8までの期間で開催されます。

  公明党地方議会議員の新人議員の研修会が、さいたま市の県本部で開催されました。今回は第2回目の研修会で議会の権限等を先輩議員の講義で、約1時間半の研修が行なわれました。

 第19回小江戸川越まつりは3月29日のオープニング式典の開催で、ゴールデンウィーク終了後の5月8日までの間、川越市内の協賛事業や催しで春の賑わいを市民と川越市においでの観光客の皆さんの参加で、川越を観光していただくイベントです。詳しい内容は別添のリンク集の川越市のホームページの市内観光で確認してください。写真はイベント当日のオープニングで使用する舟運観光の準備風景です。櫻の綺麗な場所ですが、新河岸川をさらに下った大仙波周辺の川べりの桜並木も絶景ですので、是非一度散策してみてください。

 公明党の新人議員研修は、3月29日午後2時からさいたま市の県本部で開催されました。今回は議会の権限について学びました。当日は研修の合間に福永県幹事長の挨拶と西田代表の挨拶を受け、新たな埼玉公明党を構築するのは、私たち新人議員にかかっているとの激励と指導を受けました。

 川越市東部地域ふれあいセンターが、平成20年3月29日(土)竣工式典が挙行されます。平成18年度から建設が開始された同施設は、2年間の建設期間を経て平成20年4月より地域住民の活動の拠点として利用できるようになります。

 「ねんきん特別便」の対応で非常な混雑が報道された川越社会保険事務所を訪問して、年金相談の状況を視察してまいりました。

 東部地域ふれあいセンターは、専任された指定管理者のもとで地域住民が社会活動、地域活動においてその拠点となる施設であります。地域の方が自由に生涯教育をめざして利用できます。

 施設の所在地は 川越市 大字並木 452番地1 電話049−236−2360です。また、施設に隣接して川越税務署がありますので、便利な場所です。

 『宙に浮いた年金記録』として持ち主を探すための「ねんきん特別便」が送付されたことで、連日多数の相談者に応対している川越社会保険事務所を訪問して事務所長と相談室長にその状況について伺ってきました。

 3月に入って送付された「ねんきん特別便」の相談が、20日過ぎから特に多くの相談者が社会保険事務所に訪問して、記録の確認手続きがおこなわれているそうですが、連日500人を超えるような日も続いているため、職員は昼休みもそこそこで少しでも早く相談できるように努力しているようです。

 実は私の兄も昨日(27日)に同事務所を訪問して、相談したそうですが452番で2時間半待ちだったとの連絡を受けました。しかし、記録を確認したところ職歴の途中で転職した1社分の記録が別の厚生年金番号で管理されていたようで、直ぐに現在の基礎年金番号に統合できたようです。これで、いままでの年金記録が完璧になったので受給を待つばかりと話していました。

 事務所長からは、「ねんきん特別便」が届いたが、直ぐに社会保険事務所に出向けない人は専用の電話回線ができているので、まずはそちらに電話するのも良い方法と話していました。また、「ねんきん特別便」が送付された方は記録が漏れている確立の高い人ですので、通知を無視せずに確認していただきたいとの話ですので、時間を見つけて相談に行くか、まずは電話だけでも行なうようにしましょう。

 ねんきん特別便専用ダイヤル 0570−058−555 です。

 平日 午前9時から午後8時まで 第二土曜日 午前9時から午後5時まで

埼玉県が進める地域福祉事業の平成19年度、第2回目の推進委員会が埼玉県県民健康センターで実施されたので、その傍聴(20名限定)者に該当したので、その事業内容を調査してきました。

 埼玉県福祉政策課が主催の埼玉県地域福祉支援計画の推進に向けた平成19年度地域福祉推進委員会が、平成20年3月26日(水)午後1時30分から埼玉県県民健康センター大会議室で開催されました。

 同委員会は今回の委員会から、一般県民に対して広く事業の推進を進める為に会議の内容を公開することを実施、20名の限定ではありますが、傍聴ができることになりました。

 当日は、事務局の埼玉県福祉政策課の進行で、関係部署の社会福祉課、高齢者福祉課、障害者福祉課、障害者社会参加推進室、子育て支援課の職員も同席し、20名の委員のうち18名の参加で委員会が開催されました。

 委員会では、議事として埼玉県地域福祉支援計画の実績と現状が資料を交えて報告された後、質疑が行なわれ、引き続き、今後の埼玉県の地域福祉の推進に向けた方向性と題して、平成16年3月に策定された「埼玉県地域福祉支援計画」が平成20年度で5年目を迎えるにあたって、新たな次期計画を策定することになるための計画案の検討を目的に進行しました。各委員からは埼玉県と市町村との間で計画の進行状況などで開きがある、さらに市町村の段階でも大きな開きがあることも指摘され、今後の事業推進の取り組みの重要性が述べられた。

 歴史ある川越第一小学校第61回卒業式が、3月24日に149名の卒業生全員が参加して盛大に開催されました。

 当日は朝からの小雨の降る中でしたが、周りの木々は新緑を増し、桜の花もほころびかけ始めたなかでの、心に残る立派な卒業式に、参加された卒業生の保護者をはじめ在校生の保護者や多くの来賓の祝福を受け、男子75名、女子74名の卒業生が晴れやかに卒業され、新たな中学生に向かって旅立ちました。

 会場の体育館には、卒業式にふさわしく壇上前にはきれいに鉢植えの花が飾られ、卒業式の開始を待ちわびた在校生と保護者が既に待機している中を、9時25分から卒業生149名が1組から順に入場され、最後の4組が入場し終わると、教頭先生の開始式の言葉で始まり、国家斉唱のあと全員に1人ずつ卒業証書が校長より授与されました。

 引き続いて、河野哲夫校長からのお祝いの言葉が述べられ、特に「心のスイッチ」という詩を取り上げて、良いときも悪いときも有るが何事も意欲を持って挑戦し、心のスイッチをオンにして何かを見ようとする意欲を持っていただきたい。さらに家族の方への感謝の心を持っていただきたい。そして最後に私たち先生は学校の伝統である4つのだいじ1、いのちをだいじに。2、ひとをだいじに。3、心をだいじに。4、物をだいじに。)をモットーに教育に取り組んできた、と話され、新たな教育の場(中学校)でがんばってほしい。と激励をされました。続いて、教育委員会の伊藤委員長の祝辞、愛校会の野村会長の祝辞、記念品の授与が行われました。

 その後に、卒業生と在校生による「別れのことば」と題しての歌と言葉による思い出と感謝と決意の披露が行われました。特に感動したのは、1組の担任の男性教師が感極まっての涙にハンカチで涙をぬぐうしぐさを目の当たりにした時、生徒に対する真心の教育の実態を垣間見ることができました。

 卒業生(149名)の皆さん、ご卒業おめでとうございます。保護者の皆様、本当にご苦労様でした、そしておめでとうございました。先生方、本当に有難うございました。

圏央道の開通を記念して、「圏央道ウォークフェスタ2008」が川島ICと坂戸IC間(2.6キロ)で、記念式典の開催の後、午前10時50分頃から開催されました。

式典では、主催者の挨拶(川島町長)の後、来賓の方々(中野清代議士、山口泰明代議士などの来賓の挨拶)の挨拶が行なわれ、その後、鶴ヶ島インターから引き継がれた採火リレーの松明が、式場に設けられた採火台に点火されました。その後いっせいに会場に訪れた県民が川島インターのゲートから坂戸インターに向かって歩き出しました。

 3月23日は歩いての坂戸デー(坂戸IC)になりますが、3月29日は車での坂戸デー(坂戸IC・鶴ヶ島JCT)になります。

  3月23日(日)は、午前9時50分からの記念式典の予定でしたが、10分ほどの遅れの後、高田川島町長の挨拶が行なわれ、その後、来賓の山口泰明代議士の挨拶、中野清代議士のほか、埼玉県ほか来賓の挨拶が行なわれ、鶴ヶ島市民から坂戸市民へ、そして川島町民に引継がれた採火リレーの松明が、記念式典会場に到着し、高田町長に引き渡され、町長が会場に設けられた採火台に点火して式典は終了しました。

  式典が終了したところで、インターの料金所前のゲートが開き、一斉に県民が坂戸インター方面に向かったて歩き出しました。当日は広報での案内が午前9時30分からの開始として報道されていたため、会場には川島町や周辺の特産物の屋台が設置され販売も行なっていましたが、式場周辺の道路はすでに人ごみで動くのも厳しい込み具合で、一部には式典が長過ぎるなどの不満を役員に訴えるものまで出てきていました。さらに、ゲートは開いても余りに多くの人で高速道路になかなか人が流れていかず、30分近くゲート周辺でうろうろする始末でした。フェスタの運営は少し見込み誤りをしたのではないかと思われます。ただ、私の見た中ではけが人は出ていなかったようなので、一安心はしましたが、トイレやスタンプラリーは人だかりで、そのための待機の人だかりでまた、道路が通行できないような事態が発生していました。とりあえず私は、30分ほど現場待機の後、およそ1時間30分ほどで坂戸インター間を往復することができました。

 式典では、今までの建設の経過や今後の継続部分の話がされていましたが、周辺及び今後の埼玉県の経済における重要な役割を担う基幹道路になるので、引き続きの計画道理の建設が望まれるものです。現在、国会での道路特定財源の問題が取りざたされていますが、早く結論を出していただき、目的にあった使用により県民に役に立つ道路として建設を進めていただきたい。途中で中断なんて事態にならないことを祈るばかりです。

埼玉県・さいたま市・埼玉県道路協会の主催の「第5回道路愛護の集い」がさいたま市のラフレさいたま・櫻ホールで開催され、道路環境に貢献している団体や企業の活動報告を傍聴してきました。

 平成20年3月22日(土)京浜東北線与野駅の北側にあるラフレさいたまで開催された集いでは、活動報告の前に県内の小中学校の生徒によるポスターや作文に対する表彰が行なわれました。

  道路愛護の集いでは、最初に平成19年度・道路愛護ポスターコンクールの受賞者の表彰式と国土と交通に関する図画・作文コンクール受賞者の表彰式が行なわれました。

 ポスターコンクールの受賞者は、埼玉県知事賞、さいたま市長賞、埼玉県道路協会会長賞、食品容器環境美化協会会長賞の表彰が行なわれ、川越市の小学生、中学生が合計11名受賞されていました。特に川越第一中学の2年生女子埼玉県知事賞を受賞されました。

 授賞式に知事の代理でこられた橋本光男副知事も、自分の出身中学である川越城南中学の生徒も受賞されたことにふれ、身近な道路を大事にすることを小学生、中学生の時代に学ぶことの大事さを話され、日常的にボランティア活動をされている「彩の国ロードサポート団体(350団体・企業、17,000名)」「埼玉県ロードレポーター(6団体、46社、6200台)」の皆様のボランティア活動に感謝の言葉を述べられました。

 式典の後、各団体と企業による日常の活動の紹介が行なわれ、サポート活動やレポーター活動が軌道に乗るまでの苦労と現在の活動状況にふれ、地域に密着した活動が定着しつつあり、看板取り付け、清掃活動、美化活動、危険防止活動、緊急連絡活動などが道路における事故防止だけではなく、地域防犯までその効果が拡大していることの説明が行なわれた。

 このような活動が、税金で作られた道路の社会資本を長く大事に利用する上で、大きな意義があると実感いたしました。

 

川越市議会3月定例議会が閉会(3月21日時間延長)

 平成20年第一回定例議会は3月21日に最終日を向かえ、提出議案及び最終日に緊急動議された「市庁舎建設特別委員会」の設置を時間延長して可決しました。

 平成19年度の一般会計及び特別会計の補正予算と平成20年度の一般会計と特別会計の予算案を可決した。

 議会最終日の21日、議会開会前に議会運営委員会が開催され、議会最終日の進行を協議する前に、市庁舎の問題について協議が行なわれ、議会としても市庁舎問題に対しての取り組みとして、委員会の設置が議題となり、緊急動議で対応することが決定された。

 最終日に緊急動議として提案された川越市庁舎の建設問題は、昨年9月議会において、一般質問で市役所の耐震問題に触れたことに対して、市長が現在の建物は耐震基準をクリアーしていない状況を取り上げ、耐震補強するよりも移転新築する方向の答弁を表明したことに関して、その後12月議会でもその発言に質問が及び、その後今年2月に市民五千人を対象に市民アンケートを実施しています。このような動きに対して、議会としても市庁舎の移転問題は議会の3分の2以上の同意が得られなければ、可決されないことをふまえて、市庁舎建設にかかわる諸問題を審議する「市庁舎建設特別委員会」の設置が必要であるとして、全会一致で可決した。

 なお、同委員会は各会派から選出された委員12名で構成され、現庁舎の現状、市庁舎の機能、市庁舎の建設位置と周辺対策、市庁舎建設事業にかかわる経費、その他などを審議することとなる。

 平成19年度・埼玉県高次脳機能障害理解促進セミナーが川口市の市民センターで平成20年3月15日(午後1時30分〜)に開催され、講義を受けてまいりました。

 埼玉県障害者福祉課の主催で平成19年度・高次脳機能障害理解促進セミナーが、平成20年3月15日(土)(午後1時30分〜3時30分)に川口市の市民センター(フレンデイア・JR川口駅駅前)で開催されました。当日は埼玉県内の県民およそ300名を対象に、2時間の講演が行われました。

 はじめに、埼玉県から、行政説明として「埼玉県の高次脳機能障害の現状について」説明が行われ、その後に講演『高次脳機能障害の理解と支援のために』と題して岐阜医療科学大学の阿部順子教授により2時間の講義が行われました。

 当日の講義内容については、別段「活動報告」欄にて、掲載させていただきますので、参考にしてください。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp