バックナンバー: 2016年 5月 16日

今年の5月3日は、69回目の「憲法記念日」でした。ゴ-ルデンウィ-ク後半の5月7日(土)に、鹿嶋市と鉾田市で街頭遊説を実施して憲法に関する訴えをしました。

公明党は、「人類普遍の原理」というべき、「国民主権主義」「基本的人権の尊重」「恒久平和主義」の三原則を骨格する憲法を、優れた憲法であると積極的に評価しています。

この三原理は将来とも変わるべきではありません。この憲法の精神を具現化するため、公明党は真剣に努力を続けてまいります。

2016050600090001

 憲法改正について「護憲」か「改憲」か、二者択一で単純に立て分けようとする人たちがいます。

これは時代遅れの古い考えです。公明党は、現憲法は優れた憲法であり、平和・人権・民主の憲法三原則を堅持しつつ、時代の変化、時代の要請に伴って提起される新たな理念や条文を加え補強していく「加憲」、これが最も現実的で妥当な手法であると考えています。

DSC_0118