バックナンバー: 2015年 1月

  国の平成26年度補正予算では、地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策として「地域住民生活等緊急支援のための交付金」が創設されます。 

2015_0130_094851-DSC02208

 

 1月30日(金)錦織市長に、一定割合を上乗せした金額が使える「プレミアム付き商品券」の発行など、地域の消費喚起や生活支援策を促進する平成26年度補正予算を強く求める緊急要望をしました。(桐澤いづみ・小古井芳一・山口哲秀・樋口富士男・池田法子)

24日(土)党茨城県本部主催の『新春の集い』が、多くの来賓を迎えて盛大に開催されました。

Exif_JPEG_PICTURE

2015_0124_105647-DSC02179

 

 山口那津男代表は、補正予算と新年度予算を社会保障の優先課題として「『子ども・子育て支援新制度』や認知症対策、介護分野で働く人の処遇改善などを進め、若者の雇用促進に取り組んでいく」と挨拶しました。

Exif_JPEG_PICTURE

地方創生の予算が3兆円になるようですが、地域の声を生かして推進したいと感じました。