松本市の健康寿命延伸の取組を調査しました

 

1、視察・研修日時・テーマ

 8月3日(金)13:30~15:00 松本市の健康寿命延伸の取組について

 

2、視察場所:松本市役所

 

3、調査目的:2025年を視野に、墨田区の健康施策の再構築が求められている。とりわけ健康寿命の延伸は最重要施策。

財源に限りがある中で、福祉、保健、医療・介護の連携、高齢者の住まいと住まい方など多くの課題解決に向け優先順位をつけ取り組む必要がある。最小の経費で最大の効果をもたらすために松本市の健康施策を学んでいく。

 

4、調査内容

① 長野県全体で健康づくり推進員制度を導入し定着していることがベースにあり、健康寿命延伸施策の推進にとって大きい役割を果たしている。

② 地域コミュニティ(35地区)ごとに地区づくりセンターを設置していて、地域力の向上に寄与している。

③ 地域力の向上が健康づくりの原点との視点で、健康づくりセンター内の福祉ひろばが地域づくりの拠点。

④ 平成7年から全地区に「福祉ひろば」を設置→当初は高齢者中心の利用が主だったが、今は子育てサークルや子どもから高齢者まで多世代の交流の場にもなっている。

⑤ 健康づくり推進員がOBも含め各地域で活動している。

⑥ 大学や企業との連携 

・若い時からの認知症予防プログラム

・がん検診啓発パンフレット作成

・コンビニで健康相談

⑦ こどもの生活習慣改善事業 小学校5年生と中学校2年生に血液検査を導入(平成13年度から)

⑧ 働き盛りの生活習慣病予防事業

 

5、所感:企業との連携により、若い世代からの健康意識の醸成に効果がある。小中学生の血液検査はコストパフォーマンスが低いと思われていたが、生活習慣病予備軍の低年齢化が進み、グレーゾーンが多いとのことだった。食生活の改善は子どものころから求められることが理解でき参考になった。

市独自のがん検診が多い(肺がんCT検診、乳がん超音波検診等)

予防接種費用の助成制度も充実(おたふくかぜ3000円を助成、就学前の幼児にB型肝炎2500円を助成)

身体活動維持向上事業=ロコモ予防、メタボ予防、市民歩こう運動

健康増進、健康寿命延伸を目的として、以上のような多様な事業を実施している。費用対効果の検証は必要だが、参考になる事業が多い。

  

 

(仮称)墨田区子ども読書活動推進条例(素案)がまとまりました

 

平成28年度に、当時区民文教委員長だった私が発議し、検討が始まった『(仮称)墨田区子ども読書活動推進条例』の素案がまとまり、本日開会された墨田区議会・議会運営委員会で、条例の必要な理由・背景及び内容について簡潔に説明させていただきました。

 

一部に条例化に反対の議員もいましたが、大半は協力的で、議員提案の政策条例の意義なども確認することができ、(併行して議会改革を進めているところですが)できるところから改革を進めることができたと考えています。また、まとめ上げていくことの難しさとやりがいも感じました。かかわっていただいた方には心から感謝申し上げます。

 
2年余り時間をかけたことで、子どもの読書活動に係るこれまでの国や自治体の取組や全国の先進事例などを調べることができ、改めて子どもにとっての読書、特に幼児期からの読書習慣の確立が、いかに重要であるか確認することができました。

 
今後は、区長と教育委員会の意見をうかがったうえで議案化の作業を行い、9月開会の第3回定例会で上程することを目指すこととなります。条例制定まで油断はできないので、今後も丁寧に説明し制定を目指してまいります。

 

子ども読書活動IMG_2884子ども読書活動IMG_2830子ども読書活動IMG_2898

富山市「体育館のデッドスペースの地域健康拠点へのリノベーションについて」視察報告

 

1、視察・研修日時、テーマ

 8月2日(木)14:50~16:00 体育館デッドスペースの地域健康拠点へのリノベーションについて

 

2、視察場所:トヤマタウントレッキンングサイト(TTS)

 

3、調査目的:公共施設のデッドスペースを、民間の活力でリノベーションすることに成功した事例の調査・研究

 民間事業者との契約(あるいは協定)などの内容について調査。総務省が募集したコンペに応募したそうだが、同事業はすでに終了している。墨田区において参考になるかどうか?健康ハウスの活用を視野に入れること。

  

4、調査内容

① 平成28年度の総務省「公共施設オープンリノベーション・マッチングコンペティション」に応募し採択された事業(現在は公募していない)

② 乃村工藝社が中心となり富山市の地元企業と連携を取り企画立案した。企画立案に関する経費は乃村工藝社が負担したため、採用されなかった場合の市の負担はゼロ。

③ TTSオープンまでの総事業費は約1億円。内訳は、総務省のオープン・リノベーション推進事業の委託金3000万円と富山市負担3000万円の6000万円が施設整備費。内閣府の地方創生推進交付金2000万円と富山市負担2000万円の計4000万円がインテリアや血圧計、備品・消耗品費などを含むソフト事業費。富山市の実質負担は2分の1の5000万円。

④ 完成後の富山市の委託費等の負担はゼロ。事業者とは協定を結んでいる。施設の一部(体育館の低・未利用部)を目的外使用として使用許可を出している。委託費を払っていないが使用料も徴収していない。

⑤ 健康志向のカフェ、スポーツショップ、交流スペース「STUDIO」(セミナー・イベント)、「Labo(ラボ)」(健康管理)で構成。

⑥ 利用者数ーショップ:年間4700人、カフェ:年間7000人

 

IMG_0643

  

5、所感:施設の低・未利用スペースの活用手法として参考になったが、国の事業スキームが終了したため財源対策は苦心しそうである。健康ハウスの廃止後の活用については、十分な検証が必要だが、民間の知恵と力を活かすべきであろう。 

民間事業者の収益が一定程度確保できるのであれば、施設使用料を徴収しない考え方があってもよいと思われる。

 

 

富山市・まちなか総合ケアセンターを視察

  

1、視察・研修日時、テーマ

 8月2日(木)13:30~14:40 まちなか総合ケアセンターについて

 

2、視察場所:総曲輪レガートスクエア内まちなか総合ケアセンター

 

3、 調査目的:地域包括ケアの拠点施設として位置づけられている『まちなか総合ケアセンター』であるが、拠点としてどのような機能を持たせているのか?事前の調査では、児童福祉施設の機能が充実しているるようだが、医療・介護の拠点としてどのような機能を持っているのか、詳細に調査することを目的とする。併せて、廃校になった小学校跡地の活用手法について、事業手法を調査する。

 

 IMG_0632

 

4、 調査内容

 ① 地域包括ケアの拠点施設という表現は現在使用せず、『多世代・多機能型ケア拠点施設』と表現している。

 ② もり込んでいる機能

・こども発達支援室(心身の発達の遅れが心配されるお子さんへの早期支援と保護者の不安軽減を図るため、相談や訓練など、切れ目ない支援を行う)

・地域連携室(健康づくり、介護予防、在宅医療や介護などに関する研修会を行う)

・まちなかサロン(多世代にわたる市民が参加できるイベントなどを開催できるスペース)

・カンファレンスルーム(医療・介護関係者が会議を行う)

・医療介護連携室(まちなか診療所の診療相談をはじめ、在宅医療・医療介護連携などに関する相談支援、研修会を行う)

・まちなか診療所(訪問診療など在宅医療のみに特化した診療所)

・病児保育室

・産後ケア応援室(産後のお母さんの心身の回復と、お子さんとの新しい生活を安心して過ごすことができるようサポートする施設)

 ③ こども発達支援室以外は、富山市の直営で運営している(医師、看護師等も市の職員)

 ④ 総曲輪レガートスクエア全体では、敷地:8,700㎡、総床面積:17,110㎡

  まちなか総合ケアセンターは、3階建て、床面積:2,500㎡

  大和リースを中心とした企業体とのPPPで実施した。

 

 IMG_0635

 

5、所感

うらやましくなるほど、多世代に対応した多機能型の施設であった。市民病院があることから、医師・看護師に関しては配置が可能であり、本区では難しいが、産後ケア応援室、については、参考に本区でも、喫緊の課題として施設整備に取り組む必要がある。また、児童発達支援事業に関しても、ニーズの増大に対応できていない状態なので充実が求められる。

 

 

墨田区議会:地域子ども文教委員会報告

墨田区議会地域子ども文教委員会が開会され委員として臨みました。

 
議案第45号 生涯学習センター条例
議案第57号 東向島児童館分館の指定管理者の指定について

の2議案について慎重に審議した結果、賛成いたしました。

 
その他当委員間所管事項として、本区で学校施設のブロック塀の緊急調査・点検をした結果をふまえ、ブロック塀以外の学校施設の安全点検、通学路の点検、並びに学校だけではなく、私立を含む保育園・幼稚園、その他すべての公共施設の安全点検を求めました。

 
また、医療的ケアの必要な児童・生徒に対する保育と教育分野における支援について、早急な対策の検討を求めました。

IMGP1176

久々のお笑い浅草21世紀!

久々にお笑い浅草21世紀の舞台を観てきました。

今月も笑いあり、涙ありの充実した舞台でした。

 

浅草21世紀IMG_2677

 

8月26日には、劇団結成20周年記念の舞台があるそうで、さっそく申し込みました。会場が浅草公会堂ということで今から楽しみです(^.^)

 

玉カフェ講談

玉ノ井カフェで毎月開催される『玉カフェ講談』に参加させていただきました。

 

毎回、以前からの知り合いの田辺一乃さんが演じられるので行きたいと思っていたのですが、やっと行くことができました。

 

田辺 一乃IMG_2675

 

演目は、東京野菜講談「府中御用瓜」と明智左馬之助伝説の「湖水渡り」

 

講談は難しいのですが、リズム感と雰囲気がとてもいいですね(^.^)

 

6月22日のお江戸両国亭もお誘いいただいたので行ってこようと思います。

自治体総合フェア2018/教育ITソリューションEXPO 

東京ビッグサイトで開催中の『自治体総合フェア2018』と『第9回教育ITソリューションEXPO』に行ってきました。

 
1時から2時半までは、『教育分野✖️ICT技術=地方創生が成功の軌道に⁉︎』と題するセミナーに参加。「2018 日本ICT教育アワード」を受賞した愛媛県西条市の取り組みやリコージャパン(株)の公民連携の事例を学びました。

 
その後短時間でしたが展示を見学。

 
教育の情報化の進展は目を見張るものがあり、ついていくのが大変ですが、最新情報は収集しておく必要があります。とりわけ、プログラミング教育やVRアプリなどに関する展示は大変な人だかりでした。

 

j自治体総合フェア2018IMG_2629教育ITソリューションEXPO IMG_2631

 

 

 

 

品川区議会 議会報告会を見学

品川区議会主催の第3回議会報告会を見学してまいりました。

 

前半は、常任委員会の活動の内容を各委員長が約6分で説明。後半は、一般参加者の区民と議員が6~7名程度ずつテーブルに別れ、ワールドカフェ形式で意見交換を行いました。

 

手話通訳のみならず、要約筆記者も手配され登壇者の話す内容がほぼ同時に文字として流れ、障がい者に配慮されていました。
 

資料はすべて議員が作成しているとのことでしたが、ベテランの議員がパワーポイントを駆使して説明している姿に好感を覚えました。松澤議長も8期目のベテランでしたが、タブレットにすべての資料をおさめていて、使いこなすよう勉強したとのことでした。

 

ワールドカフェ形式の意見交換の進め方については、早稲田大学のマニフェスト研究所にお願いし、ファシリテーター研修を全議員が受講したとのこと。議会基本条例の検討はしていないそうですが、できるところから改革を進めていこうということでした。IMG_2615品川区議会IMG_2613品川区議会

 

 

 

牛久市・保幼少連携教育を視察

【テーマ】 牛久市の保幼少連携教育の取組について 

 

【目的】 墨田区は、小学校入学前から小学校・中学校に至るまでの11年間を見通した学習、生活指導により、子供たちの健全な育成を図ることを目的として、平成24年に「墨田区幼保小中一貫教育推進計画」を策定。
平成30年2月には、平成30年度~34年度までの5年を計画期間とする改訂を行い、取組を進めているが、中学校の通学区域ごとにエリア化したそれぞれのブロックにお任せで、教育委員会の主導で進められていない。連携を図るための書類が統一されていないなど、様々な課題が指摘されてきた。こうした課題解決のため、先進事例の牛久市の取組を学ぶことを目的とする。

 

【内容】 

1.牛久市の保幼小連携教育の特徴
(1) よりよい接続のための幼児・児童の交流
(2) 教職員の資質向上のための研修の充実
(3) 配慮児の早期発見・早期支援のための相談活動
2.予算規模
(1)平成30年度・・・1280千円
(2)内訳・・・すべて謝金
 ・講師謝金(幼児教育研修会、保育相談会)
 ・巡回相談員謝金(大学教授等、幼児教育アドバイザー、言語聴覚士、市保育カウンセラー)
 ・保幼小連携サポートチーム謝金
3.今後の保幼少連携の方向性
(1)公立幼稚園・・・教師の研修に関するセンター的機能、保護者への子育て支援機能
(2)地域との連携
 ・地域の方によるみつろう画の指導
 ・保護者による「一日ボランティア先生」→一日保育体験をすることで、指導の難しさの理解につながっている

 

【所感】

①すでに10年余り継続してきていることから、小1プロブレムの未然防止に効果があることは間違いないが、一部には保育園、幼稚園と小学校の交流がイベント的なものとなっており、質の向上が課題とのことだった。

②アプローチ(保幼)・スタート(小)カリキュラムが充実しているとともに、研修の回数が多いことに驚いた。本区における研修とは大きな開きがあり、本区にあった体制が必要となる。

③問題がある、配慮が必要な幼児、児童を注意するのではなく、子供の側に立って考えることを教員に徹底している、との染谷教育長の言葉が印象的であった。

④学習指導要領改訂内容の中心となるアクティブラーニング(主体的・対話的で深い学び)に早くから取り組んでおり、すでに体制が構築されている。

牛久市IMG_0473

Twitter
カレンダー
2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
外部リンク
サイト管理者
墨田区 加納進
kanou-s-komei@polka.ocn.ne.jp