Archive for 2018年 4月

牛久市・保幼少連携教育を視察

【テーマ】 牛久市の保幼少連携教育の取組について 

 

【目的】 墨田区は、小学校入学前から小学校・中学校に至るまでの11年間を見通した学習、生活指導により、子供たちの健全な育成を図ることを目的として、平成24年に「墨田区幼保小中一貫教育推進計画」を策定。
平成30年2月には、平成30年度~34年度までの5年を計画期間とする改訂を行い、取組を進めているが、中学校の通学区域ごとにエリア化したそれぞれのブロックにお任せで、教育委員会の主導で進められていない。連携を図るための書類が統一されていないなど、様々な課題が指摘されてきた。こうした課題解決のため、先進事例の牛久市の取組を学ぶことを目的とする。

 

【内容】 

1.牛久市の保幼小連携教育の特徴
(1) よりよい接続のための幼児・児童の交流
(2) 教職員の資質向上のための研修の充実
(3) 配慮児の早期発見・早期支援のための相談活動
2.予算規模
(1)平成30年度・・・1280千円
(2)内訳・・・すべて謝金
 ・講師謝金(幼児教育研修会、保育相談会)
 ・巡回相談員謝金(大学教授等、幼児教育アドバイザー、言語聴覚士、市保育カウンセラー)
 ・保幼小連携サポートチーム謝金
3.今後の保幼少連携の方向性
(1)公立幼稚園・・・教師の研修に関するセンター的機能、保護者への子育て支援機能
(2)地域との連携
 ・地域の方によるみつろう画の指導
 ・保護者による「一日ボランティア先生」→一日保育体験をすることで、指導の難しさの理解につながっている

 

【所感】

①すでに10年余り継続してきていることから、小1プロブレムの未然防止に効果があることは間違いないが、一部には保育園、幼稚園と小学校の交流がイベント的なものとなっており、質の向上が課題とのことだった。

②アプローチ(保幼)・スタート(小)カリキュラムが充実しているとともに、研修の回数が多いことに驚いた。本区における研修とは大きな開きがあり、本区にあった体制が必要となる。

③問題がある、配慮が必要な幼児、児童を注意するのではなく、子供の側に立って考えることを教員に徹底している、との染谷教育長の言葉が印象的であった。

④学習指導要領改訂内容の中心となるアクティブラーニング(主体的・対話的で深い学び)に早くから取り組んでおり、すでに体制が構築されている。

牛久市IMG_0473

議会改革特別委員会 in 本所・ビッグシップ

 
 昨13日、私が所属している「墨田区議会議会改革特別委員会」が23区では初の試みとして区役所内の議事堂を飛び出し、本所地域プラザ・ビッグシップで開催されました。墨田区議会では、2月の八広地域プラザ・吾嬬の里での開催に続き2回目となります。
60名あまりの方が傍聴に来てくださりました。

議題は
1.議会基本条例の「区民と議会の関係」の項目「区民参加の推進」について
2.議会基本条例の「議員の政治倫理・身分・待遇」について
3.「本区議会における不祥事発生時の情報共有などのルール作り」について

区民の声を議会活動や区政にどのように反映させたらよいか、区議会議員が不祥事を起こした際、議会としてどのように対応するべきかなど、区民の皆様にとって関心の高いテーマでしたが、配布した資料の見方が分からないとか、今回のような議論は本来もっと以前にやっておかなければいけないんじゃないの!といった厳しいご指摘もいただきました。また、想像していた以上に真剣に議論していることが分かり頼もしく感じた、といった励ましの声もいただきました。

 今回の結果を活かしていかなければなりません。とりわけ、議員の議論を見ていただくだけではなく、率直に区民の皆様と意見交換する仕組みを作っていかなければならない、と改めて強く感じました。そして、これまで以上に議会改革を進めるエンジンとしてリードしていこうと決意いたしました。

また、開会前には同じ会場で実施している子ども食堂「みんなで晩ごはん」を見学させていただきました。2月、3月の試行実施を経て今回から本格実施とのこと。子どもだけで食事するとことが増えている現状で、こうした地域の取組はとても重要です。この日も親子3世代で来られているご家族がたくさんいらっしゃいました。行政として、こうした地域の取組をどのように支援していくべきか議論していきたいと考えています。

議会改革特別委員会IMG_2555  子ども食堂IMG_2554みんなで晩ごはんIMG_2549

Twitter
カレンダー
2018年4月
« 1月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
外部リンク
サイト管理者
墨田区 加納進
kanou-s-komei@polka.ocn.ne.jp