Archive for 2012年 1月

「世界に挑んだ絵師 新訳北斎伝」 荒井勉著

 

北斎美術館が事業決定してから葛飾北斎について少しづつ勉強してきているのですが、とりわけここ数カ月は難解な本も含め、数冊の本を読み北斎の事績を通しその人となりを思い描いてきました。

 

その中でもこの「新訳北斎伝」は筆者による推測もありますが、謎の多い北斎の人物像を生きたものとして現在によみがえらせることに成功していると感じます。

  

 
 
 
 

アニメではありませんよ!

少なくとも、型にはまらない破天荒な人物であったことは間違いありません。

 

また、ユーモアのセンスもあったようです。70代から80代の作品を見ると、反骨精神も旺盛だったようですし、幕末の騒乱の前に亡くなっていますが、晩年にはかなりの開明的な思想の持ち主だったこともわかります。

 

最晩年に至っても外国の絵の具を取り寄せるなど、最後まで絵を極めることに徹していたようです。

 

北斎というと富嶽三十六景があまりに有名なので、他の作品や人物像が注目されることがあまりないのが残念ですが、とても魅力的な人物であったのだろうと思われると同時に、幕末において新しい時代を作った人物にそれなりの影響を与えたことも、本書を読みわかってきました。

 

佐久間象山と交流もあったようですし、北斎の最後の弟子・本間北曜は、勝海舟塾で蘭学などを教えていました。北斎の死後、北曜は長崎に行き英語を学び、その英語力を高く評価され、薩摩藩の英語教師として西郷隆盛をはじめ倒幕のリーダーを育てました。

 

こうした事実を知ると、幕末・維新の群像の背景に北斎の思想がかかわっていたのではないかと、さらなる想像力を働かせてしまうのですが、もうひとつ面白いことは、本書では東洲斎写楽は北斎であったと、写楽=北斎説をとっていることです。

 

わずか10か月程度の活動ののち忽然と姿を消した写楽については、長い間その正体は?という議論があったのですが、近年は阿波の能役者・斎藤十郎兵衛だとする説が有力になっています。

 

そのほかにも写楽は北斎説のほか、歌川豊国説、喜多川歌麿説など、多くの人物があげられていました。

 

詳細は述べませんが、写楽が北斎であったとするほうが、作品を見ると自然であるように思います。

 

北斎美術館を予定している墨田区にとってもそうだとすれば夢が広がります。

 

先に、ユーモアのセンスがあると申し上げましたが、写楽(しゃらくせい!)北斎(あほくさい!)という語呂合わせは、北斎の真骨頂のように感じるのです・・・

 

 

PHP地域経営塾:夕張市で何が起きたか~危機のシグナル、破綻の現実

 

昨日はPHP研究所主催の「地方議員のための政策力アップ講座」に行ってきました。

 

ここ2~3年PHP研究所は地方議員の政策力アップのために様々な講座を実施してきました。

 

地方分権の進展と共に地方議会・議員の役割がこれまで以上に重要になってくるとの判断があるのでしょう。

 

可能な限り出席し、勉強しようと思っているのですが、毎回地方から出張で来る議員の多さに驚きます。

 

多額の交通費をかけ、地方から出張してくる議員に比べれば、都内の議員は恵まれています。都内在住の利を活かしもっともっと学んでいくべきでしょう。

 

さて、今回のテーマは、『財政破綻の現実と破綻回避のシナリオ(全2回)』

 

第1回目の今回は、夕張市の破綻に至った経緯とその後の処理の実態をふまえ、現在の地方債の現状や公会計制度を通じて破綻を回避するためには何が求められるか、といった非常に重要なテーマでした。

 

東京は、地方に比べなんだかんだ言っても財政は安定しているといわれていますが、国債の利率が低位安定しているあいだはともかく、国の財政が破綻状態と市場から判断されれば、いっきに金利が上昇し、財政がひっ迫します。

 

つまり、国の動向に振り回される宿命にあるのですが、想定外という言い訳をしないで済むよう、自治体としてできることに取組み、財政規律を維持していくスキームをつくっていかねばならないと感じました。

 

区債残高が今年度から増加傾向にあります。財源不足が生じても、区債残高を横ばいから減少させていかねばなりません。

 

そのために、あらたな資金調達の手法や公会計制度改革の重要性を学びました。

 

 また、財政規律を守っていく条例を検討することも必要になってくるでしょう。

  

いずれにしろ、議会・議員は、区長部局に比べ財政上の情報量が圧倒的に少ないのが実態ですが、必要なものは開示させ、破綻のシグナルを見逃さない資質が求められます。

 

 

 

日経グローカルセミナー1月定例会

  

今月の日経グローカルセミナーは、「議員提案政策条例の動向とポイント」と題し、(財)地域開発研究所 主任研究員・牧瀬稔氏による講演でした。

 

 

牧瀬さんは自治体の政策アドバイザーのみならず、議会の政策立案能力向上のため、全国を奔走されています。

 

その一貫として、議員提案による政策条例の重要性を主張されています・

  

私と若干意見の違う部分もありますが、地方議員の活躍を期待し、エールを送ってく下さっています。

  

議員・議会としてにも、政策立案能力の向上が求められます。

  

  

 

 

菊川保育園竣工式が行われました

 

本日午後2時より、約2年かけ改築がすすめられていた菊川保育園の竣工式が開催されました。

 

区議会からは福祉保健委員会のメンバーが招待されました。

 

 

既存の場所を使いながらの改築でもあり、しかも工事期間中に東日本大震災もあったので、関係者のご苦労も大変なものがあったと思います。

 

2階のホールで行われた式典では来賓として山﨑区長があいさつ。

 

 

できたての舞台をはじめふんだんに木材を使っているので、全体的に木のぬくもりを感じるすばらしい施設でした。

 

地域の方や私立認可保育園の園長さんらがお祝いに駆け付け、また三部の内覧会では菊川太鼓の皆様による太鼓の演奏もあり、これまで参加した保育園の竣工式では、もっともにぎやかな式典でした (^v^)

 

  

富士宮やきそばってやっぱすごい!

 

昨日は商工会議所墨田支部の賀詞交歓会に出席させていただきました。

 

前半はいつも講師を呼び講演会を行うのですが、今回は富士宮やきそば学会の会長・渡辺氏でした。

 

 

言うまでもなく富士宮やきそばはB級グルメの王者。

 

今日に至るまでの経過を教えていただきました。

 

私と同世代でおやじギャグ連発の講演でしたが、重要なヒントをいくつもいただきました。 (^-^)

 

 

第15回「図書館を使った調べる学習コンクール」審査結果が公表されました

 

昨日とってもうれしい報告をいただきました。

 

第15回「図書館を使った調べる学習コンクール」の審査結果が公表され、全国で3万人近い応募の中で、墨田区から優良賞1名、奨励賞1名、佳作16名の入選があったのです。

  

墨田区では今年度初めて区教育委員会主催で地域コンクールを実施しました。

 

初めてにもかかわらず、1363名の小中学生が墨田区のコンクールに参加してくれました。

 

その中から優秀な作品を全国コンクールに応募したのですが、先に紹介した結果を得られたことは感慨深いものがあります。

 

今回受賞された子はより高い目標ができたと思いますし、受賞できなかった子や参加しなかった子もチャレンジしてみようとはげみになったことと思います。

  

今後、5回、10回と続けていくうちに、こどもたちの学力や生きる力の向上につながるものと確信しますし、学校図書館の充実や指導者のスキルアップにもなります。

 

これからの成果に期待したいと思います。

 

 

「どんど焼き」を行いました

昨日の10時から押上のわんぱく天国で「どんど焼き」を行いました。

 

  

正月の行事であるどんど焼き・正月飾りや書き初めなどを持ち寄って燃やし、無病息災を祈願する行事ですが、都会ではあまり見られなくなりました

 

墨田区では、こどもたちにそうした伝統文化に触れてもらおうと、ボランティアの方を中心に毎年実施しています。私もスタッフの一員としてお手伝いさせていただきました。

  

今年は「おしなり君」も特別参加。

 

  

こどもたちは大喜びです (^v^) 

20年ほど続いている行事ですが、煙がかなり出るので近隣からは苦情が出ることもあるようです。伝統文化を継承できるよう工夫しながら、近隣の方の理解を得られるよう努めていきたいと考えています。

 

  

東京ソラマチ®・第1回合同面接会が開催されました

 

以前報告していた通り、東京スカイツリー®内のショッピングセンター・東京ソラマチの合同就職面接会が、本日リバーサイドホールで開催されました。

 

私のブログの読者で区外の方には申し訳ありませんが、地元の墨田区民の方にできるだけスカイツリー内で働いていただくためにはどうしたらよいか、智恵を絞り思いついたのが合同就職面接会です。

 

ここまで実現できたことには感慨深いものがあります。

  

当初、就労に関してはハローワークの仕事と受け止めていた区を動かし、区内の公共施設で開催できるまでにこぎつけたのは、区議会の働きが大きかったと考えています。

  

 

墨田区民だけを対象に募集するわけにはいきませんが、交通費が余りかからないこと、災害時に帰宅困難にならないこと等、地元の方が有利であることは間違いありません。

 

 今日は約700人の方が面接を受けたそうです。

  

私も見学に行きましたが、幅広い世代の方が来られていました。

 

中には、まだ就職が決まっていない高校3年生も来ていたようです。

 

予想以上に応募が多かったことから、当初予備日としていた4月も実施し、かつ会場も増やす予定とのことでした。

  

多くの区民の採用が決まるとよいですね(^◇^)

 

 

ちなみに、第2回は2月20日、第3回は3月17日、第4回は4月16日の予定です。

 

それぞれ直前に東京スカイツリータウン®のホームページやチラシ、フリーペーパーで案内されるのでご注目ください。

 

 

「ランドセルは海を越えて」キャンペーン

 

昨年の東日本大震災後、被災地の児童にランドセルをプレゼントしよう、という運動がありました。

 

マスコミ等でも紹介されたので、あっという間に全国に支援の輪が拡がりました。

 

私も知り合いに声をかけ7~8個集まったのですが、集まった時にはすでに東北での受け入れは終了していて、結局贈ることができませんでした。(すぐに数万個のランドセルが集まったようです)

 

自宅に残ってしまったランドセルをながめ、提供していただいた方の善意を無駄にできず、どうしたものかと考えていたところ、ふとしたことから、海外の途上国の児童にランドセルを贈るキャンペーンが毎年実施されていることを知りました。

  

ランドセルは海を越えて」キャンペーンというのですが、アフガニスタンとモンゴルの子どもたちにプレゼントされるそうです。

 

2004年からスタートして今年で9回目とのこと。

 

実は、わかった時点で昨年の申し込みは終了していたので、今年はぜひ参加しようと思って、ときどきホームページをチェックしていたのですが、昨1月9日から受付を開始したことがわかりました。

  

実際に送るのは3月末~4月上旬になるようですが、さっそくメールで申し込みをいたしました。

  

被災地支援から途上国の子どもたちの教育環境整備への支援になりましたが、提供していただいた方も喜んでくれることでしょう。

  

  

成人を祝う集い

 

成人の日の今日、トリフォニーホールで成人を祝う集いが開催されました。

 

まちは朝から正装でお祝いする方であふれていましたが、11時からの区主催の成人を祝う集いに出席するため、錦糸町駅周辺に集まりだしました。

山﨑区長あいさつ

少子化の影響か、徐々に新成人の数が減ってきているように感じます。

  

それでも、新成人による実行委員会形式で企画しているか、私の記憶する限り大きな混乱どころか、参加者が一体となって盛り上がる集いが行われていると感じます。

 

終了後は、そのまま曳舟文化センターに移動し、手をつなぐ親の会主催の「新成人を祝う会」に出席させていただきました。

  

知的障害をお持ちのお子さんを持つ家族の団体ですが、今年は5人の方が成人を迎えられました。

  

大山会長あいさつ

 

ご家族にとっては、これまでのことが走馬灯のように思い浮かび感慨深いものがあると思いますが、新成人の笑顔でこれまでの苦労が吹き飛んだことでしょう。

  

後半の祝賀会では、ボランティアの演奏に合わせ唄ったり踊ったりと、とても盛り上がった会になりました。

 

これまでがんばってきたみなさまに代わり、これからは私たちが頑張る番です、という思いでいつも参加させていただいています。

 

 

ご家族にとっては 

 

Twitter
カレンダー
2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
外部リンク
サイト管理者
墨田区 加納進
kanou-s-komei@polka.ocn.ne.jp