Archive for 2011年 7月

善政競争の時代へ!マニフェスト・サミットに参加

    

私が所属しているローカル・マニフェスト推進議員連盟の総会及び研修会に参加してまいりました。  

     

開会あいさつ

同時にローカル・マニフェスト推進首長連盟も設立され、ローカルマニフェスト推進ネットワークとして北川教授が代表を務めています。  

    

ローカル・マニフェスト推進ネットワークの活動を受けて今では地方選挙においてもマニフェストを掲げる候補者が圧倒的に増えてきました(我が会派もそうですが)    

           

総会に引き続き研修会が行われました。  

    

テーマは、  

~いまこそ地方議会の役割を問い直そう~  

今回の東日本大震災では、地方都市の首長や職員の活躍は目立ちますが、地方議員の姿は見えてきません。現実には多くの地方議員が被災者のど真ん中に入り被災者の要望・声を伺い、集約し、行政との間に入り、また、県や国に被災者の現状を伝える重要な役割を果たしているのですが、そうした活動が伝わってきません。    
  
      

 

北川教授・基調講演

そこで、大災害時の対応も含め、全国の先進事例を紹介し、地方議員・地方議会の役割を見つめ直そうというのが今回の研修会のテーマです。
  

  北川教授の「地方議会から地域をつくり直す」と題した基調講演に続き、「ズバッと斬る!地方議会~政策提案型議員の挑戦~」をテーマにパネルディスカッションが行われました。 

 
テレビの朝ズバッ!でおなじみのコメンテーター金井辰樹東京新聞政治部次長のコーディネーターのもと、北川教授、伊藤悠東京都議会議員、黒川勝横浜市議会議員、佐藤邦夫奥州市議会議員の4名がパネラーとして登場。議会改革やマニフェスト作成、大震災時にどう対応したかなどこれまでの取り組みについて報告がありました。  
 
 

金井辰樹東京新聞政治部次長

   

   

黒川横浜市議が所属する自民党横浜市会議員団が今年の統一選時に作成したマニフェストはすぐれもので参考になりました。
  

佐藤奥州市議会議員からは震災後野菜ボランティアを立ち上げて活動している旨の報告がありました。これも、議員として自らのネットワークを生かした大災害時における議員活動の好事例と感じました。 

    

  

  

 
   
 

河野太郎衆議院議員

パネルディスカッションのあと河野太郎自民党衆議院議員による特別講演「日本のエネルギー政策を考える~地方議会の役割とは~」 

    

河野衆議院議員は今回の原発事故以前から日本の原子力推進政策の問題点を指摘し続けてきました。  

 
 
以前は自民党内でも相手にされてこなかったそうですが、このたびの原発事故を受け注目のまとに。 
 

 

   
   

       

盛りだくさんの研修会ですが、最後に流山市議会の「スマートフォンを活用した電子採決~ICTによる議会改革の可能性」と題した報告がありました。  

    

スマートフォンを活用して電子採決ができるなどとは、ICTに弱い私としては想像もできませんでした。  

    

地方議会では国会と違い無記名投票が認められています。本来は議員の態度表明は公開されるべきで、記名投票を原則とするべきだと考えますが、議員の投票行動が狭い地域では有権者の反発を買う可能性があるということで無記名での投票が認められているのです。  

    

記名投票では手間がかかることも事実ですので、参議院のように電子投票にできればなあ、と思っていましたが、ハード整備にコストがかかることも事実ですので、これまで言い出せませんでしたが、今日の報告を聞き、これはいい話を聞いたと思いました。  

    

さらに調査する必要がありますが、今後の墨田区議会改革の中で、ICTを活用した改革も提案していこうと思います。 

   

自治行政権、財政権、立法権の備わった真の地方政府が構築されれば、自治体同士の善政競争の時代が到来します。 

   

そして、その最も近道は議会改革を進めることだと確信します。 

   

地方議会・議員にエールを送り続けてくれている北川教授ほか多くの方のご支援に応えるためにも急がねばなりません。 

    

    

 

動画配信サイトでも同士の講演が紹介されています。わかりやすいので興味のある方はご覧ください。                    

視察報告①

   

28日から本日まで仙台市、山形市、米沢市を視察してまいりました。

   

28日は仙台市へ。

  

被災地の仙台を訪れることに関しては、現場の最前線で活動されている職員の方の負担になるのではないかとためらいもありましたが、墨田区が仙台市と防災協定を結んでいることから、墨田区の職員が派遣されていること、向島消防団が義援金を直接仙台市の消防局に届けたことなどの経緯があったため、実現したものです。

  

ただし、お話を伺うのはできるだけ短時間にして、あとは現地視察をさせていただきました。    

  

おもに被害のひどかった若林区の荒浜地区を視察させていただきました。

  

仙台市は他市に比べればがれきの撤去などが進んでいるほうです。

  

写真の荒浜小学校の校庭にはバイクや車、農機具などがれきを仕分けしておりました。

  

同小学校は2階まで津波が押し寄せたそうで、現在使用していません。廃校に
                  する予定だそうです。

 

いたるところには花が。

  

海岸沿いも訪問いたしました。

    

本来であれば、この時期大勢の子どもたちでにぎわうであろう海岸公園、海水浴場にはミニーマウスとともに花が供えられていて、胸に迫るものがありました。

  

あらためて哀悼の思いを強くするとともに復興へ向けお手伝いできることは何でもやらせていただこうと決意しました。    

   

 仙台市は復興へ向けた取り組みも進んでいます。

  

市独自に仙台市震災復興計画を策定するため現在必死に取り組んでいます。

  

これまで地域別に市民との座談会を開催。現在復興計画の素案となる復興ビジョンを策定し、市民の声を反映する復興計画の策定を目指しています。

  

国はこうした現場発の復興計画の作成の支援に徹したほうがよいと思うのですが...

  

  

新タワー建設・観光対策特別委員会

   

新タワー建設・観光対策特別委員会が開会されました。

    

今日の報告事項は、

① 区内循環バスの運行事業者の決定について

② 押上・業平橋駅周辺地区に係る区画整理、交通広場、街区公園の整備概要について

③ 大横川親水公園業平橋エントランス整備の概要について

の3点でした。   

 

     

運行事業者は3路線とも京成バスに決定しました。

  

民間の活力を生かしサービス水準の向上のために、事業スキームをどうするかには関心が高かったのですが、想定通りの結果だったので納得は致しました。

  

しかし、乗降客数の見込みは甘いと言わざるを得ず、想定通りの収支計画でいくかどうかしっかりと監視していきます。

   

明日から会派の視察です。

  

これから準備をしますので、今日は短めですが、これで終了いたします...

  

  

藤沢市視察報告

  

日帰りで藤沢市に視察に行ってまいりました。

     

視察項目は「公共施設マネジメント白書」について

  

  

専門的な内容になりますが、これからの行政改革にはなくてはならない視点です。

  

高度経済成長時代に多くの公共施設や道路・橋などのインフラ整備を進めてきたのは多くの自治体に共通しています。

  

更新時期がきている施設が多数存在しているにもかかわらず、財源不足などを理由に不備が発見されてから場当たり的な補修などで対応することも多くの自治体で共通しています。

  

こうした問題点の存在は以前から指摘されていたところですが、藤沢市は全国に先駆け、学校を含めた公共施設の耐震の状況を一元的に把握する必要性から調査を進めたことが白書を作成するきっかけになったとのことでした。

  

マネジメント白書の特色として

 ・ 減価償却費相当額を加えたコスト計算(信じられないことですが、公共施設には減価償却という概念が存在しません)

 ・ 施設の稼働率(公民館等)

 ・ 地域別の施設一覧等    

などが明確になり、多くの課題が浮き彫りになりました。

  

今後の少子高齢化、生産年齢人口の減少など踏まえ、学校を含めた施設の統廃合、売却はもちろんのこと、更新にかかる経費の平準化と財源のねん出など、すべてが困難を極める問題といえましょう。

  

事実、地域主体のまちづくりを進めるために設置した「地域戦略会議」に施設の廃止などを問題提起すると、多くの反対にあうそうです。

  

地道に市財政の今後の見通しや施設の適正な規模・配置について丁寧に市民に説明する必要がありそうです。

    

       

墨田区では学校の統廃合を進めていますが、これからは複合的な施設整備が当たり前の時代です。

  

一度すべての公共施設の実態を把握し今後の整備計画を立てるためにも、公共施設マネジメント白書は必須であると考えます。

  

すでに議会の場で何度か取り上げていますが、一向にやる気のない区の姿勢は、将来の世代に対する責任感の欠如といってよいでしょう。

  

一方で、スカイツリーに関連した観光関連施設や地域プラザなどのコミュニティ施設、保健センターなどの新設が計画されています。

  

本年、基本計画の中間の見直しが予定されていますが、本来は公共施設をマネジメントするという発想がなければ、ハコモノ行政と批判されてもしようがないと思います。

  

地域経営という視点からも、公共施設の全貌を把握することは重要な要素ですので、引き続き提言してまいります。

  

  

もっと感性を磨かなければなりません

    

先日、業平橋駅付近を歩いていた時のことです。

  

私の数十メートル前方を、補助輪のついた自転車に乗った2~3歳の女の子とそのお父さんと思われる2人連れが楽しそうに歩いておりました。

  

すると、業平橋駅を通り過ぎたところで女の子の体が大きく右に傾きそのまま転倒。

    

すぐに泣きやみ、たいしたケガもなかったようなのでほっとしたのですが、原因は何だったのでしょう?

  

 業平橋駅前の道路は現在下水道工事が行われています。加えて電線地中化工事も進行中です。

  

その影響で道路を掘ったあとの埋め戻しが、ところによっては不備がありでこぼこになっていることがあります。

  

ちょっとしたでこぼこに補助輪がはまってバランスを崩し転倒してしまったようです。

   

普通の大人であれば特に不便を感じないことでも、こどもや高齢者、障がい者にとって危険がいっぱいというケースは意外に多いものです。

  

こうした観点から見ると、区内の歩道はバリアフリー化が東京都の中では遅れていると言わざるをえません。

  

計画的にバリアフリー化を進めるとともに、工事途中で掘ったあとに埋め戻す際に平坦にするよう施工業者への指導も徹底しなければなりません。

  

22日の発達障がい児・不登校児支援のNPOを紹介した時にも触れましたが、ちょっと授業が理解できないというだけで、ついてこれなくなり、結果としてストレスがたまり爆発してしまうこともあれば、不登校になることもあるのです。

   

ちょっとしたボタンの掛け違いに気がつかないがゆえに、排除の論理で特別支援の対象に追い込まれるわけです。

   

信じられないかもしれませんが、有名大学に通う学生がひらがなが書けないといった例やアルファベットのd,b,pの区別がつかない子もいるのです。

  

理解できない子の存在に気がつかず、その子の内面に入って何が問題であるかにも気づかずに授業をすすめてしまう教師ほど発達障がいの児童にとって不幸なことはありません。

   

読み書きが理解できない子に通常の授業を強いるよりも、一人ひとりにあった対応をすることで、改善できるノウハウも確立されてきたので、教師の能力アップがこれから重要になってきます。

   

こうしたいろいろなことを見、聞き、学び、経験するなかで他の人が気付かないことに気づくことのできる感性をもっと磨かなければならないと感じました。

  

  

 

新タワー建設・観光対策特別委員会・現地調査

    

スカイツリー街区内の現地調査を実施いたしました。

  

委員以外の議員及び観光・建設に関連する幹部職員も出席いたしました。

   

東武鉄道第2ビル内で説明をうかがったのち、現地へ。

    

スカイツリーの第一展望台、観光プラザ建設予定地、イーストタワー31階の無料展望コーナーの3か所を見学いたしました。

  

本格的な内装工事はこれからですが、エレベーターのスピードと快適性などは体感いたしました。

    

やや耳に違和感を感じる方がいるかもしれませんが、個人的にはあっという間についてしまったというスピードに驚嘆しました。

  

日本の技術はやはり大したものです。

  

展望室は雨の日などの眺望が課題となるでしょう。

  

観光プラザも内装がこれからだったのでイメージがわかなかったのですが、思ったより広い印象でした。

  

全国にある「道の駅」のような機能をもった施設を提案し実現したものなので、すみだの歴史・文化および観光情報の発信拠点として、また区内生産品の展示・販売の拠点として活性化に資する施設となるよう今後もチェックしてまいります。

  

地方の道府県が都心にアンテナショップを出していますが、すみだ版のアンテナショップともいえます。

   

アンテナショップは単に物産品の販売だけでなく、訪れた方に行ってみたいなと思わせなければいけません。

  

観光プラザにおいても区内の観光スポットに行ってみたいなと思わせるインセンティブを与えるミッションも持っています。

  

こうした観光プラザのもつ役割・機能が十分発揮される施設となるようこれからもしっかりよ監視し、また言うべきことは言い、提案するべきものは提案してまいります。

  

  

忙しい一日でした

  

今朝は9時から加藤都議を交え総支部の打ち合わせ。

  

街頭演説や広報誌の打ち合わせを行いました。

  

終了後友人と待ち合わせて、浅草へ。

  

毎月恒例の浅草21世紀7月公演を観てきました。

  

終了後歩いていると路上パフォーマンスをしている若者が。

  

  

浅草にはこうしたパフォーマーが集まるパワーがあります。

  

妙といえば妙ですが、こどもは初めて見る光景に大喜びでした。

  

浅草から吾妻橋3丁目の納涼会に。

  

今年は節電のため盆踊りはやらずに屋台のみ。

  

それでも大勢のこどもたちでにぎわっていました。

  

その後京島に移動し、私が会長を務める友交野球連盟の監督会議に出席。

  

今年度は幸い試合日に雨で中止になることが少なく順調に試合を消化しています。

  

最後まで熱中症に気をつけ仲良く元気にプレイしていただきたいと挨拶させていただきました。

  

  

発達障害児支援:ライズ学園を視察

   

茨城県つくば市にあるNPO法人リヴォルヴ学校教育研究所が運営する発達障害児・不登校の子どもたちを支援するライズ学園を視察してまいりました。

  

 発達障害といっても多様な概念を包括し、その支援のために何をすることがよいのか、正直戸惑いも持っておりました。

  

理事長の小野村先生の話をうかがって一つの解決法を見出した気がします。いわば、目からうろこでした。

  

  

私は発達障害は神経系統の何らかの異常があるものと思い込んでいましたが、それでは説明のつかないぐらい古今東西多くの偉人の中に発達障害者がいます。それらの偉人を発達障害とひとくくりにしてよいものか?

  

集団の中で他の人に学習面でついてこれないちょっとした「ちがい」あるいは「個性」ととらえて対応することが重要であると感じました。

  

 

  

私ども公明党は障害者施策の中で最も遅れていた発達障害児・者支援のため、平成16年には発達障害者支援法を成立させ、また昨年の障害者自立支援法改正の中に発達障害児。者が障害の中に範囲に含まれることを条文で明確にするよう推進してまいりました。

  

しかし、法律や制度を現場を知らないものがつくったのではないかと感じざるをえません。

  

私たちは法律を整備したことでよしとする自己満足に陥っているのではないかと反省もいたしました。

  

どの制度も現場の声を反映させるのは当然ですが、とりわけ発達障害児・者施策は歴史が浅いだけにより現場を理解して進めていかねばなりません。

  

しかし、現実はそうはいっていないことも今日の話でよく理解できました。

  

特別支援教育が前進していることは事実ですが、何が問題でなぜそうなっているのか、そしてどうしていけばよいのか、改めて思索してまいります。

  

まずは、小野村先生を墨田区にお呼びし、教員、保護者、幼稚園教諭、保育士、保健士などを対象に講演会ができないか調整していきたいと思います。

    

今日の私の感動をきっと理解していただけると確信します。

  

  

やる気があっても...

   

今日イベント企画会社の代表の方とお会いしました。

  

以前から親交のある方ですが、墨田区と台東区で各種イベントを企画、主催していらっしゃいます。

  

スカイツリーをきっかけとして、すみだを盛り上げるために継続してできる『何か』をやりたいね、ということで以前からたびたびお会いして意見交換しているのですが、今のところまだ形になっていません。

  

イベントに限らずあらゆる可能性を追求しているところです。

  

資金力はありませんが、それでも行政や観光協会を当てにしないで成果を上げたいなと思っています。

  

私自身も知恵を絞って考えているところです。

  

是非ご期待を!

  

  

鍛えの夏

  

第2回定例会終了後から第3回定例会が始まるまでの7月~8月は、私たち地方議員にとって年間のうち最も重要な機関であり、いわば『鍛えの夏』といってよいと思います。

     

第3回定例会以降行政が来年度の予算編成作業にとりかかり始めるため、第3回定例会およびその後の決算特別委員会における質疑が来年度の施策に反映される可能性が高くなるからです。

  

いかに説得力があり、かつ建設的な質問をして前向きな答弁を引き出すことができるか、そのために真夏の真っただ中のこの期間における研鑽により、政策形成能力に磨きをかけることがとても重要です。

  

私は街頭活動や自ら訪問するなどして、区民のど真ん中に入り、議会報告を含め現在の課題やニーズを把握することに努めることにしています。これは、夏だけではなく常に議員の基本活動として行わなければいけないことですが、それに加えて、区内の各種団体の皆様と意見交換をしたり、自らのスキルアップのため、先進自治体への視察やセミナー、シンポジウムなどに積極的に参加することにしています。

  

そんなわけで今日は区民相談対応が終わったあとは区役所で視察・研修のスケジュール調整と視察先自治体の事前調査を終日行っておりました。

  

詳細は終了後に報告いたしますが、現時点で、発達障害児支援、公共施設のマネジメント、防災対策、観光まちづくりや、特色ある教育に取り組む先進自治体やNPO法人への調査、および地方議会におけるローカルマニフェストの今後の展開、事業の複合化・統合化による効率化と経費節減、広域連携の展開可能性などのセミナーやシンポジウムへの参加を予定しています。

   

特にこの分野と限るわけではなく、幅広い分野にわたり調査・研究する予定です。

  

区民の皆様の税金から調査のための経費を出していただいているので、必ず成果を出してまいります。

  

そしてその結果、来年度の施策事業に反映できるよう全力で取り組んでまいります。

     

まもなく午後11時。関西以西では記録的な豪雨で被害も出てしまいました。

  

幸い今日の東京は思ったより台風の影響がありませんでした。

  

明日も大きな被害がでなければよいのですが...

  

  

Twitter
カレンダー
2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
外部リンク
サイト管理者
墨田区 加納進
kanou-s-komei@polka.ocn.ne.jp