Archive for 2010年 11月

平成21年度決算を不認定!

 29日の区議会本会議で平成21年度の一般会計決算について、自民・共産の反対で不認定となりました(その他の特別会計は認定)。

 決算の不認定は今回が初めてですので、今朝の朝刊各紙は地方版で取り上げておりました。すでに決算特別委員会で不認定の結論が出ていたので予想どおりですが、すでに執行された予算に対する法的拘束力がないため、区政に直接の影響はありません。自民党幹事長の「区長への不信任ではない」とのコメントも報道されていました。一般の区民の方にはよくわからない部分もあると思いますので、11月6日のブログにも書きましたが、区長・区議会双方が説明責任を果たし、区民の理解を得なければならないと思っています。

 私自身はこのたびの経過に違和感を感じています。

 どういう場合に不認定にするのか、基準があいまいだからかもしれませんが、このままでは区長が「重く受け止め」「謝罪する」だけで終わってしまいます。これで幕引きしてはいけません。

 そもそも税金のムダを指摘し、責任の所在を明らかにするよう追求したのは私ども公明党でした。ムダを指摘しておきながら、なぜ公明党は認定したかというと、第一に、景気の先行きが不透明な中、多額の維持費がかかる施設を計画通りすすめることがよいのかどうか、検証したうえで結果として断念したことは、むしろ将来の税金のムダを未然に防ぐことと判断したからです。
 第二に、税金のムダは明らかになったわけですから、予算の執行に法的拘束力のない不認定との結論を出すことよりも、責任の取り方、再発防止策をどうするかのほうが重要と考えたからです。事実、不認定との結論は注目されるものの、再発防止策についてとりあげる議員もマスコミもありません。これでは単なるパフォーマンスと言われても仕方がないと考えます。
 そして第三は、これは議員の私自身反省を込め申し上げるのですが、議会にも責任の一端はあるということです。言い換えれば、一方的に区長を攻めるだけでは、同じような問題がまた起こる可能性があるということです。
 どういうことかというと、このたびの環境ふれあい館の実施設計は昨年度ですが、保留とした段階で自転車駐車場の実施設計費用を今年度に計上している事実を、本来は2~3月に行われた予算特別委員会で取り上げねばいけなかったのです。議事録をみると、一部の議員は取り上げているものの大きな問題が内在しているとは認識していなかったようです。議会側がもっと早く税金のムダに気づいていれば、状況は変わっていた可能性もあります。

 私は、こうした点をふまえ、今回の件は区政に内在する根本的なひずみを改革するいいチャンスだと思っています。一般的に課題解決に重要なことは、その根本原因をしっかり把握しどう改めるかの道筋を見つけることと思います。
 今回の例でいえば情報公開・情報開示のあり方に不備があるということだと考えます。環境ふれあい館の建設は基本計画事業です。基本計画は区の最上位の計画です。その建設を断念するという基本計画の変更ともいうべき情報を保留にしたまま1年近く放置した事実は許されることではありません。
 議会側もスカイツリー街区内に類似施設ができるから保留にしたという子どもだましのような言い訳をうのみにし、これまで追及しなかった責任を感じるべきでしょう。

 こうした問題を解決するために、適切な情報を適切な時期に開示し議論する仕組みをつくる必要があります。

 議会側としてできることは、基本計画など重要な計画の制定・改定もしくは変更を議会の議決事件に追加することです。これにより、重要な計画の変更を行政側だけの判断・独断で行うことができなくなります。今後の議会改革を進める中で、通年議会、予算特別委員会の常任委員会化など他の多くの項目と共に、この議決事件の拡大についても検討していく必要があります。他の会派の理解も必要なので、今後働きかけていこうと思います。

 議会側にも責任があると申し上げましたが、圧倒的な責任は執行部側にあります。なぜなら、すべての情報は執行部側が握っているからです。触れてほしくない情報は隠したがる体質が今回の件で露呈しました。

 したがって、執行部側に求めることは、予算編成過程の透明化が第一と考えます。予算編成に関する基本的なスケジュールは、1月末に予算案が公表され、それをもとに2月~3月の予算委員会で審議をするというものです。1か月前後という短期間では、1000億を超える一般会計とその他特別会計の内容を調査し審議に臨むには時間がなさすぎます。議会側として事前に充分精査できる体制づくりはこれまでもたびたび求めてきましたが、改めてその重要性を訴え、区長に「予算編成過程の途中において新規事業や重要な事業などを時期を決め公開すること」を強く求めていきたいと思います。

 区長、役人側には最も嫌がることと思いますが、区政の透明性を高め、今回のような税金のムダを排すためにも必要なことですので実現するまで取り組んでまいります。 

   

錦中地区育成委員会主催の地域教育懇談会

 「スクールカウンセラーから見た子どもの現状と地域の役割」というテーマで開催された錦中地区育成委員会主催の地域教育懇談会に参加させていただきました;

                                   

  12年間にわたり墨田区内の学校でスクールカウンセラーとして勤務している早川和子先生に講演していただきました。

 何をしなければいけないのか、何をしてはいけないのか、が分かっていない子どもが増えている。また、発達障害の子どもが増えている。こうした実態があるそうで、以前と比べると確実に増えているとのことでした。

 独自に「フレンドシップサポート」というプログラムをつくり実施していて、そのうちの一部を私たちも実際にやってみましたが、コミュニケーションをとることが苦手な子に有効なツールと感じました。

 大規模校も小規模校も携わる時間は一緒で、中学校が年/280時間、小学校が年/212時間だそうです。小学校は来年度若干増えると聞いているとのことでしたが、大規模校に行ったときには、トイレに行くひまもないとか。こうした現場の実態や声を踏まえ、時間数の増加と児童・生徒数に応じた時間配分など見直しの必要性を感じました。

  

12月4日(土)「ふれあいフェスティバル」が開催されます! 

 前日からの続き...  

 すいません。障害者施策については個人的に思い入れが強く、長くなるので2日間に分けて掲載させていただきます。 

ふれあいフェスティバル チラシ表

  15年前の平成7年、国は12月3日から9日までの1週間を障がい者週間として定めました。以後この1週間は、障がい者福祉についての関心と理解を深めるとともに障がい者の社会参加意欲を高めるため、全国各地で各種イベントやフォーラムなどが開催されます。 

 墨田区においては左のチラシのとおりふれあいフェスティバル{12月4日(土)午前10時~午後1時 すみだリバーサイドホール}が開催されます。
 また、時期はずれますが、
すみだ障害者就労支援フェア2010就労者パネル展{12月4日(火)~18日(土) すみだリバーサイドホール・1階ギャラリー}も開催されます。  

 詳細はそれぞれのホームページで確認してください。  

 多くの方が参加することを念願しています。  

 ふれあいフェスティバルでは、補助犬の実演を見ることもできます。最近区内でも盲導犬とともに歩いている視覚障害者に出会うことが多くなりました。満員の通勤電車の中でも

ふれあいフェスティバル チラシ裏

見かけることが増えてきています。こうした光景が日常当たり前のようにならなければなりません。
 喫茶店でも居酒屋でも映画館でもデパートでも・・・当たり前のように、障がいをもった方々と出会い、適切なサービスを受けることで健常者も障がい者もともに普通の日常を送ることができる。こうしたことがまったく違和感のない日本にしなければならないと思います。 

 私が障がい者施策に強い思いを持っているのは、忘れられない出来事があるからです。 

 区議会議員になって間もない約7年前のこと。ある軽い障がいを持った方と話す機会がありました。言われなければわからない程度の軽い障がいでしたので、一般の会社に勤めていると聞いていたのですが、数ヶ月前にリストラにされ、失業中とのこと。そして、リストラの理由を聞いて愕然としました。「仕事がとろい」ということだと言うのです。 

 いうまでもなく、こうした理由でリストラすることはできません。深い憤りとともに私どもの責任の重さを痛感いたしました。 

 この話をうかがって、全国で先進的な取り組みをしている例を精力的に調査。また、書籍等を通じ先進諸国の障害者施策なども調べ、日本の障害者福祉の遅れを痛感し、昨日紹介した質問をするに至った次第です。今年勇退したはまよつ敏子前副代表の友人である社会福祉法人プロップステーション理事長の竹中ナミさんのことを知ったのもこのころです。竹中ナミさんのことは別の機会に触れますが、関西の元気印の女性で、言っては申し訳ないですが普通のおばさんです。普通のおばさんが日本の障がい者行政を大きく改革してきた事実があるのです。現場の最前線にこそ課題解決の種があるのです。 

 このような経緯があるので、私の障がい者に係る質問は検索していただければわかると思いますが、常に障がい者の目線で、どうすることが障がいの程度に応じた自立につながるのか、という視点にたったものだと自負しています。 

 毎年成人の日に、トリフォニーホールで行われる成人の集いとは別に、手をつなぐ親の会主催の成人の集いが曳舟文化センターで開催されます。知的障がいのお子様をもった親・家族の会ですが、成人の日を迎えた息子・娘たちを見つめるお父さん・お母さんの脳裏には、これまでのことが走馬灯のように思い浮かんでいることと思います。 

 泣いたり、笑ったり、時には病を抱えているお子様もいるので徹夜で看病した方もいるでしょう。これまでいつ夜がきていつ朝がきたのかわからないようなほど頑張ってこられたものと思います。 

 そして、これから頑張らなければいけないのは、私たち議員であると深く決意するのです。 

  

環境改善功労者表彰式・ふれあいセンターまつりに参加!

 今日は午前10時からリバーサイドホールで開催された「環境改善功労者表彰式」に出席。

 これは、地域の中で防火、防犯、美化・リサイクル、保健衛生、やさしいまちの各活動に日頃より貢献していただいている、個人・団体・企業などを区長からの感謝状と記念品を添え、表彰するものです。

 例年通り多数の方に授与されました。今日の表彰が契機となり、さらに地域活動が活性化されることを願うものですが、毎年参加していると、やや形式的な行事だなと感じるようになりました。

 来賓として私たち区議会議員以外に警察署長、消防署長なども出席していますし、主催者側から区長、幹部職員も出席しています。いい機会ですからこうした地域の最前線で活動されている方々と懇談の機会を持ったらよいのではないかと思います。行政や議員だけでなく、警察や消防に対しても多くの区民は不満・不安を持っているので、現場の声を聞く良いチャンスだと思うのですが...



  感謝状贈呈式終了後、緑4丁目のふれあいセンターへ。

 

 障がい者や高齢者の作業所、障がい者就労支援センターなどが入る複合施設です。

 恒例の行事ですが、障がい者、高齢者の作業風景の見学、ゲームコーナーや屋台、バザーなどとともに、前の道路を通行止めにして、錦糸中学校のブラスバンド部の皆さんが演奏を披露してくれるなど内容が盛りだくさんのイベントで、大勢のかたがたでにぎわっていました。 

 ふれあいセンターと道を挟んで反対側の敷地は、下記のように現在更地ですが、障がい者の就労支援総合支援センターができる予定です。平成24年春開設を目途に来年度着工します。現在のふれあいセンター内の就労支援センターは、私たちの質問がきっかけで開設されましたが(平成15年平成16年の決算特別委員会における私の質問と答弁をご覧いただけば、この間の障がい者の就労支援および自立支援の取り組みが前進した経過が分かると思います)、相談機能中心の規模が小さいものでした。

 職業訓練や就労後のフォローなど多角的に支援するためには、総合的な施設が必要との判断からこのたび決定したものです。

 私は小さい敷地ですが、施設を整備するのであれば、就労支援だけではなく障がい者総合支援センター機能も持たせるべきだと主張しています。

 これは、就労のみならず年金や障がい者サービスなどすべての相談対応が可能になること。また現在精神障がいの方は窓口が保険計画課で知的・身体障がい者と別ですが、精神障がいの方も同じ窓口で対応できること、などサービスの向上に大きく寄与でき施設です。そしてそのためには、少なくても総合支援機能は民間委託で勧めることのほうが効果的、かつ効率的であると考えています。

 今のところ、区はこうした主張にゼロ回答ですが、精神障がいの方の各種相談に対する対応は難しいというのが本音だろうと思います。つまり、所管が違う、いわゆる縦割り行政によるものです。

 区民の目線、障がい者本人の目線でみれば、どちらがサービス品質が高いか明らかですので、今後、総合支援センター開設へ向けあきらめずに取り組んでまいります。    明日に続く...



  午後からは、あいさつ回りと区民相談で約40件訪問。

 

 スカイツリーからちょっとはなれたところの商店の方は、スカイツリー効果が感じられないと嘆いていました。スカイツリー関連のイベントに関心があるそうです。10月に実施したジャズフェスティバルのようなイベントをもっと面的な広がりを持たせられないかとのこと。イベントに関しては私にも腹案があるので、しばらくスカイツリー関連の話で盛り上がりました。

  

区議会第4回定例会が始まりました

 本日から区議会第4回定例会が始まりました。

 下記の日程で開催されます。

 11月26日 (金) 午後1時  本会議
 11月29日 (月) 午後1時  本会議
 12月   2日 (木) 午後1時  区民文教委員会
 12月 3日 (金) 午後1時  福祉保健委員会
 12月 6日 (月) 午後1時  産業都市委員会
 12月 7日 (火) 午後1時  企画総務委員会
 12月 9日 (木) 午前11時 議会運営委員会
 12月10日 (金) 午後1時  本会議

 公明党から高橋区議が代表質問をいたします。

 内容は、

 1.ICTを活用した観光情報の発信について
 2.国保レセプトを活用した医療費の削減について
 3.買い物支援サービスについて
 4.家具転倒防止器具取付事業等の拡充について
 5.ひきこもり支援について

 以上、大要5点にわたり質問いたします。公明党は7人の区議団で知恵を絞りチームワークで質問原稿を作成いたします。

 今回、私はICTを活用した観光情報の発信について調査・研究・原稿作成に係わりました。

 また、私は企画総務委員会所属なので12月7日の委員会に出席し、丁々発止の質問をいたします。

 傍聴していただけたら幸甚です。

  

東京スカイツリーですみだをげんきに!!②

 
「ワカモノ」「ヨソモノ」「バカモノ」の視点
 


 私はスカイツリーの誘致が決定する前からすみだのまちおこしは観光でと訴え続けてきました。
 

 なぜか?長い景気低迷の中にあって、元気がなくなっている区民とまちそのものを元気にするには、多くの方を糾合しコミュニティを復活させるツールの必要性を痛感し、思索を重ねていました。その結果、観光を区政の柱に据えてはどうかという結論に達したのです。

 もともと戦前のすみだは台東区に負けないほど寄席や映画館があり、区内外から大勢の方が集う賑わいのある街だったのです。もちろん相撲の興行も集客力のある一大イベントでした。北十間川沿いには夕方になると屋台が設置され、さながら、今はやりの屋台村の様相を呈していたそうです。こうした昔の賑わいを復活させるキーワードは観光であるとして議会の中でもたびたび観光施策について取り上げました。 

  旧跡、明治の文豪や落語家のゆかりの地、将棋の名人の事跡、勝海舟像、また何よりも北斎館の建設予定など、活用法によって集客能力のあるスポットに事欠かない街ですが、こうした点を点から線、線から面へと広げることの必要性を訴え続けました。
 
  そうした折に東京スカイツリーの誘致が決定し、観光の核ができることとなりました。
 こうした経緯から誘致決定直後の平成18年6月の第2回定例会で提案したことが今回サブタイトルに掲げた「ワカモノ、ヨソモノ、バカモノ」の視点をすみだのまちおこしに!ということだったのです。
 
 今ではこの3つの視点は多くの方に知られることとなったので改めて説明することもないかもしれませんが

  ワカモノ=若い人ならではの発想
 
ヨソモノ=外部からの新しい視点徹底的なこだわり
 バカモノ=常識にとらわれない大胆な発想 といった意味になります。

 地域の活性化にはこの3つの要素が欠かせないということです。 

 当時としては斬新な提案として受け入れてはくれましたが、以後の経過をみると物足りなさを感じます。ワカモノの発想も充分取り入れていると思えないですし、バカモノが区内のいたるところやあらゆる分野で誕生することを期待したのですが、いまいち物足りなさを感じます。何よりも区長あるいは区役所そのものがバカモノにならなければいけないのに、スマートに事業を進めようとしすぎているのではないかと感じます。 

 私自身反省していますが、自分がまずこれだけは譲れないという「バカモノ」になってがむしゃらに前に進んでいこうと決意しているところです。 

、 

第12回図書館総合展

 今日から26日までの日間開催される第12回図書館総合展に、大越区議、とも区議の3人で行ってきました。

 

 

 同展は図書館業界最大のイベントとして回を重ねるごとに内容が充実していますが、今回視察に訪れた最大の目的は、図書館流通センター主催のフォーラム「図書館を使った調べる学習コンクール:その効果について総合的に評価する」に参加するためです。

 「図書館を使った調べる学習コンクール」とは、聞きなれない言葉だと思いますが、調べる学習や学校図書館の重要性に着目し、調べる力、書く力、表現力などのスキル向上に寄与することを目的に1997年にスタートしたものです。興味ある方はぜひ主催しているNPO図書館の学校のホームページをご覧になってください。

 会派として、かねてより子どもの教育環境の整備は最重要の課題として取り組み、その中でも学校図書館の充実と学校図書館と公共図書館の連携について先進事例を紹介しながら様々な事業を提案してまいりました。

 様々調査した結果、学校図書館を強制的に充実させるツールとしてこの「図書館を使った調べる学習コンクール」への参加が最適であると判断し、このたびの決算特別委員会で再度協力に提案いたしました。

  今日のフォーラムは今年で14回目をむかえた同コンクールの効果について東京大学の根本教授と大学院生が詳細に検証した結果を報告するもので、私のこれまでの取り組みが間違っていなかったことがわかり、あらためて墨田区においても同コンクールへの参加を前提とした地域コンクールの開催を実現するまで徹底して取り組もうと決意いたしました。

 終了後、根本先生と懇談。新たな学習指導要領ので、調べる学習の評価が高まるよう期待しているが、サポート体制の重要性について認識が一致しました。

 主催者の図書館流通センターの話では、都内では来年度から学校図書館支援員の配置を検討している自治体がかなりのかずにのぼるとのこと。調べる学習を進めるには学校側の協力が不可欠なことから、専門職の司書の配置を強く求めていきたいと思います・

 午後から展示コーナーに移動。図書館に係わる企業・団体の各種展示を見学いたしました。

 

 昨年墨田区が所蔵する古くからの写真データをデータベース化したのですが、その作業を受託した企業が出展していて、そのデータを活用し、区に新たな提案をしているそうですが、その展示を見ると非常に興味深いものでした。

 上の写真は、わかりづらいかもしれませんが、iPadのようにデジタル画像を触るだけでサイズを変えたり、向きを変えたりできるもので、技術の進歩で可能性が大きく開かれることを実感しました。

  

学生と意見交換

 私のブログを見た早稲田大学大学院の政治学研究科の学生から、取材させてほしいと連絡いただきお会いしました。

 今日の午前9時から10時までの1時間ほどでしたが、3名の学生と様々な話題について話をさせていただきました。

 

 大学院でジャーナリズムを学んでいて、授業の一環で「スカイツリー」に関連する取材をしているそうです。また、ウェブマガジン「Spork!」(http://www.spork.jp/)を運営しているとのことですが、拝見すると社会への問題提起や地域の活性化の取材に全国各地を回り、真摯に取り組む姿勢は私にとっても学ぶことが多く、今後も参考にさせていただこうと思っています。関心のある方は、是非ご覧になってください。

 取材依頼のきっかけは、このたびの決算特別委員会において墨田区政において過去にない「不認定」という結論を出したことでした。そして、その経緯と今後の対応について伺いたいとのことでした。

 自民党が不認定とした理由。逆に公明党が認定した理由。今後来年度の予算平成作業で予想されることなどから、スカイツリーの誘致を機に墨田区をどういった街にしたいのか、という私のビジョンなども語らせていただきました。

 短時間でしたが、真剣な学生の琴線に触れ、私のほうが学ぶものが多く、かつ9月末に立ち上げたばかりの私の拙いホームページを見ていただいていたことに、感謝の思いでいっぱいになりました。

 

ふれあいまつり・青少年健全育成区民大会

 昨日は墨田福祉作業所で開催された恒例の「第29回ふれあいまつり」を見学してきました。

 障がい者本人やその家族、職員、ボランティアの方々による手作りのイベントで地域の皆様も大勢参加されていました。墨田川高校の吹奏楽部の演奏もあったそうですが、訪問した時間が昼休み時だったので聴くことができなくて残念。でも、これも恒例ですが、墨田福祉作業所オリジナルの特製梅干しと梅漬けを買ってきました。本格的でとてもおいしいです。

 先週は厚生会館で「厚生会館まつり」、来週は緑のふれあいセンターで「ふれあいセンターまつり」が開催されるなど、連続して障がい者施設のイベントが続きます。

 ふれあいセンターは、障がい者・高齢者施設であるとともに保育園も併設されているので、規模もやや大きいイベントになるかと思います。関心のある方は是非見学に訪れてください。

 

 墨田福祉作業所をあとにして曳舟文化センターで行われている「墨田区青少年健全育成区民大会」に出席いたしました。

 区内の小中学生の作文コンクールのようなイメージがありますが、青少年を取り巻くさまざまな課題を解決するため、青少年健全育成活動に携わっている関係者が一堂に会すことで、広く区民に啓発するとともに、さらなる青少年健全育成活動の充実を図るものです。

 表彰された児童生徒の顔は緊張しながらも喜びに満ちた表情で、こうした活動を継続することの大切さを感じました。

  

昭和の面影を訪ねて

 5年ほど前から交流している漫画家のうゑださと士さんを訪問してきました。

     

「下町のガキ大将!」シリーズ

 うゑださんは昭和30年代の光景を描くことをライフワークとし、平成21年度の日本漫画家協会特別賞を受賞された方です。

   

 これまでに、子どもの遊び、都電のある風景、想い出の歌謡曲、昭和の慕情などの各シリーズを一枚の色紙絵として描いてこられました。約200点になるとのことですが、このほどそれらの作品群の中から34点を選び「うゑださと士色紙画展図録」として自費出版で本にまとめたとの連絡をいただいたので、購入するために訪問したものです。

    

 ご覧いただけばわかると思いますが、情感のこもった画風で、私の記憶とも相まって何とも言えないほのぼのとした感情が湧きあがってきます。

    

 うゑださんは神田生まれの神田育ち。今も神田にお住まいですが、神田には下町の面影はない。人情も残っていない、さびしくなったものだと嘆いています。下町の光景が残るすみだがとてもうらやましいとも言っていました。私からも、スカイツリーの建設がすすむ一方長屋や路地が残るすみだの光景をぜひ取り上げていただきたいとお願いしておきました。

   

 きっと、若い方も含め幅広い世代の方々から共感を得られるのではないかな、と感じます。

    

 夕刻から神田のもつ焼き屋さんで初めてうゑださんと酒を酌み交わしました。不遇時代の長かったこと。その分多くの応援してくれる方に巡り合えたこと。そして、助けてくれた人に恩返しがしたいこと、など様々な思いを語ってくれました。

     

 うゑださんの絵がもっと広く世に知られることを願いながら、次は漫画家協会の大賞を狙ってくださいと励まし、再会を約し家路につきました。

   

   

「想い出の歌謡曲」シリーズ

 

  

Twitter
カレンダー
2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
外部リンク
サイト管理者
墨田区 加納進
kanou-s-komei@polka.ocn.ne.jp