カテゴリー(未分類)

5月3日は69回目の「憲法記念日」です。
「平和の党・公明党」上牧町内、6か所で街頭活動を行いました。

☆「平和安全法制」について
   専守防衛に徹する。非核三原則を守る。軍事大国にならない。安全保障     の基本理念は全く変わりません。
   憲法9条の下、武力の行使は、日本を守る「自国防衛」に限定されてい ます。
   憲法9条の下、許される自衛の措置の限界を明らかにしました。「新3要件」で厳格な歯止めをかけました。
☆「憲法改正」について
   現憲法は優れた憲法であり、平和・人権・民主の憲法の三原則を堅持しつつ、時代の変化、時代の要請に伴って、新たな理念や条文を加える「加憲」が最も現実的で妥当な手法と考えています。

4月23日、スーパー「おくやま・上牧店」前で行われました「奈良県熊本地震被災者救援の会」(代表:吉條 真理子)の募金活動に公明党議員・党員が協力させていただきました。
多くの皆様より「どこかで募金をしたいと思っていました。」「熊本に親戚がいます。」などのお声と共に真心からの募金をいただきました。
ほんとうに有難うございました。感謝申し上げます。

熊本、大分県を襲った地震犠牲となられた方々の、ご冥福をお祈り申し上げます。また被災された方々へ心からお見舞いを申し上げます。
4月21日 午後2時から広陵町役場から北葛城郡の上牧町、王寺町、河合町、広陵町から各町の災害備蓄用品(トイレットペーパー・ブルーシート・粉ミルク・保存食など)を宇土市に輸送しました。広陵町職員4名も現地の支援に向けて出発しました。

現地では公明議員が炊き出しや救援物資搬入などに全力で携わっています。
被災された皆様が1日でも早く安心して生活ができますように、いま出来る支援をおこなってまいります。

公明党奈良県本部女性局は2016年度の年度当初にあたり、4月5日、荒井正吾知事に対し「妊娠期から子育て期への支援」について3項目「女性の力があらゆる分野で最大限に発揮できる支援」について4項目の政策要望を行ないました。

公明党が選挙公約にも掲げてきた「軽減税率」が2017年4月の消費税率10%への引き上げと同時に導入されます。飲食料品全般(酒類・外食除く)と定期購読の新聞(週2回以上発行)の税率が8%に軽減されます。
✿世界では当たり前の制度です。(軽減税率は世界で消費税がある162ヵ国のうち125ヵ国で導入しています。)✿公明党は生活者の声を聞き、軽減税率導入を粘り強く訴えてきました。(対象を日々の生活で多く利用する加工食品も対象に含めることを主張し飲食料品全般が対象になりました。)✿軽減税率が適用されることで負担軽減額は、1世帯平均で年間1万3000円程度(民間試算)に上ります。
これからも、公明党は地域の皆様お一人おひとりの声に耳を傾け、生活者の目線で様々な課題に取り組んでまいります。
sns_74842_0583219001454937278_0.jpgDSCN1267

1月30日(土) 午後1時30分~
 2000年会館2階 多目的室におきまして議会報告会を行ないました。今回の報告会が4回目になります。土曜日の午後からの開催に53名の多くのみなさんにお集まりいただきありがとうございました。
1、始めに下記項目3点について各議員から報告を行ないました。
①平成26年度決算報告について
②ごみ処理問題の現状について
③議会改革の現状について
2、報告後、議会報告について、その他について、の質疑をお受けしました。 皆さんより色々と質問をいただきました。特に、上牧町が直面している平成28年から焼却を民間委託する事になる、ゴミ中継施設に関するご意見が多くありました。皆さんからいただいた多くのご意見は今後の議会運営に活かして参ります。

IMG_2736IMG_2739

 

1月25日(月) 午前

「医療費助成を高校卒業までに拡充する事」

「子ども医療費を窓口負担のない助成制度とされる事」の

   要望書を上牧町長に提出しました。
 DSCN1258
 DSCN1260

  昨年、厚労省は「子ども医療費制度の在り方等に関する検討会」を開き、少子高齢化や子育て支援などの課題を見据え、子供の医療費について、受診状況や提供体制、自己負担のあり方などが検討されています。
上牧町においても、子どもを育てやすい環境づくりの取り組みを要望しました。

sns_74842_0742010001453574538_0.jpg13日(水)午後3時からホテル日航奈良で開催しました。
 山口公明党代表を迎えて平成28年の公明党『奈良県本部新春年賀会』をホテル日航奈良にて開催いたしました。

 荒井知事はじめ多数の来賓や各諸団体の代表、奈良県下の多くの首長にご出席をいただき総勢600名の盛大な新春年賀会おこなわせていただきました。

 ご出席頂きました皆様ありがとうございました。

1月11日(祝月) sns_74842_0201068001453572092_0.jpg

 本日晴れて成人式を迎えられた皆様、誠におめでとうございます。皆様の新しい門出に際し、心からお慶び申し上げます。ご家族の皆様にも心からお祝い申し上げます。
 昨年、選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法改正が実現し、本年夏の参議院選挙から導入されることになりました。本日は、これまで公明党が若い世代の声を政策として実現してきた数多くの実績のうち、主なものをご紹介させていただきました。
 /一点目は、携帯電話に関する政策です。「ケータイといえば公明党」です。例えば、携帯電話会社を変更しても番号が変わらない「ナンバーポータビリティー制度」を推進。今はスマホが普及し、それに伴って高機能化が進み、利用料が年々上がってきているため、より安く使いやすい携帯電話料金の実現について、公明党が政府に提言。これを受け、より多くの利用者にとって安い料金となるよう様々な方策が取りまとめられ、大きく動き出しました。
 /二点目は、奨学金の拡充です。公明党は奨学金の拡充にどこよりも真剣に取り組んでまいりました。日本の奨学金は、かつては厳しい成績要件がありました。公明党は、学ぶ事を希望する、意欲のある学生にはチャンスを与えるべき、と強く主張し、平成11年には、有利子の第二種奨学金を「きぼう21プラン奨学金」として抜本拡充し、成績要件を事実上撤廃。奨学金の制度拡充を常にリードしてきたのが公明党です。
返済が不要な給付型の奨学金の創設をめざすなど、制度の充実に向けてさらに取り組んでまいります。
 /三点目は、若者の就職支援です。公明党は、どこよりも若い世代の就職支援に全力で取り組んでまいりました。例えば、「ジョブカフェ」。これは、進路で悩む若者を支援するため、気軽に就職などについて相談できる場として、全国100か所以上に整備してきました。給付金をもらいながら職業訓練を受ける事ができる、「求職者支援制度」の創設にも尽力して参りました。
公明党は、今回の18歳選挙権の実現を機に、さらに若い世代の声を政治に届けて参ります。今後とも公明党に対し、ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2016年 1月 11日 (成人の祝日です)
  「成人の日」が11日を中心に、各地で晴れやかに行われております。上牧町においてもペガサスホールで10時より「上牧町の成人式」の式典が開催されました。
 今日のペガサスホールは晴れやかな振り袖姿、正装した成人の方たちでたいへんにぎやかでした。上牧町の新成人は254 人です。ご家族の皆様、誠におめでとうございます。成長した姿がとてもまぶしく感動しました。これからの成長が楽しみです。
DSCN1252

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
上牧町 長岡照美