Twitter
外部リンク
サイト管理者
神奈川県 赤井和憲
akai.kazunori@nifty.com
カテゴリー(未分類)

統一選挙後半、市議会議員選挙3日目、
本日、町村議会選挙が告示になりました。
前半、道府県議会選挙、公明党は全勝させて頂きました。
後半も大勝利目指して頑張ります。

190416正庁本日、県庁での最後の仕事があり登庁。
「正庁」の内覧会がありました。
「正庁」は、三大節(元日、紀元節、天長節)拝賀式場等の
儀式に使用する部屋で、皇后、天皇の御真影を掲示し、
奉拝する場として使用される部屋。
神奈川県庁本庁舎4階に配置されていました。
今回、催事等でも活用できるよう、
創建当時の雰囲気に復元する改修工事を行っていました。

平成の次の「令和」に合わせるかのように
平成 31 年3月末に完成。
今後、GW等に一般公開する予定になっています。

県議会議員として最後の登庁に合わせて、内覧しました。

統一選挙前半戦が始まりました。

神奈川県議会平塚市選挙区は、28年ぶりの無投票。

「藤井しんすけ」が国替えで6期目の当選を果たしました!

これまで赤井は4期連続、2位で当選してきましたが。

今回、事務長赤井が届け出順くじ引きで1番を引きました。

無投票なので、なんと今後の平塚市内での順番、藤井が全て1番になります。1903291903291

神奈川県議会平成31年第一回定例会が終了。
最終日3/15、今期で勇退する議員で記念撮影。
4期16年間、皆様からのご支援で無事、議会活動を勤めさせて頂くことができました。大変有難うございました。
団塊の世代の代表として、認知症対策、高齢者を標準とする仕組み作り、DMAT、そしてSDGs推進、など数多くの実績も作らせていただきました。
皆様のご声援に、心より感謝いたします。
大変お世話になりました
F646A3EC-3FAA-49B2-8BDB-8DDB80786E5A

2月22日(金)赤井かずのり、議員生活最後の本会議質問をしました。

インターネット録画中継があります
http://www.kanagawa-pref.stream.jfit.co.jp/

190222看板
質問項目を掲載します。

発言の要旨 (答弁を求める者)
1 SDGs推進に係る市町村との連携・協力について(知事)
2 エシカル消費の促進について(知事)
3 海の豊かさを守るための取組について(環境農政局長)
4 持続可能な社会の達成に向けたスポーツの貢献について(スポーツ局長)
5 持続可能な開発のための教育の推進について(教育長)
6 いのちを守る救急電話相談の充実について(健康医療局長)
7 シェアサイクルを活用した観光振興について(知事)

また、今期最後の定例会の為、全県議と黒岩知事ら理事との記念撮影が行われました。190222写真撮影

赤井かずのりアクションレポート(徒然綴り) – Yahoo!ブログ

兵庫県立美術館に蓑豊館長を訪ねました。

イメージ 2
 金沢生まれで、神奈川県二宮町、鎌倉市で育ち、 慶應大学、ハーバード大学大学院卒業、文学博士号取得、現在77歳。

永年、米国のシカゴ美術館東洋部長など経験から、大阪市立美術館、金沢21世紀美術館の初代館長を歴任。
アートが街を変える、美術館は面白い、との思想のもと、多くの観客を集めています。

イメージ 1

先日訪問、懇談させていただいた兵庫県立美術館、館長の蓑豊氏が、2/3付け聖教新聞12面に、国際博物館会議に寄せて、として全面掲載されています。

今年、京都で開催の国際博物館会議(ICOM)の組織副委員長に就任されました。
蓑館長は、金沢21世紀美術館の発展に初代館長として尽力、「美術館の奇跡」として注目されました。「芸術で感性を磨き社会も繁栄する」とのこと。(蓑豊氏は赤井の従兄弟になります)

全国92自治体の賛同を得て、SDGs日本モデル宣言を採択しました。
「SEGSs 全国フォーラム2019」が開催され、神奈川県は33市町村全てが宣言に賛同署名を、片山さつき特命大臣らが立会人署名を。190131SDGS

自治体の役割について、国谷裕子さんの進行で全国のモデル自治体の首長からの取り組み状況が報告されました。190131宣言

「未来の世代に質の良いバトンを渡そう」、と国連広報センター根本かおる所長、エシカル協会末吉里花代表理事、CSO ネットワーク黒田かをり事務局長、シンクザアース上田壮一代表理事、慶応大学蟹江教授らのディスカッションもおこなわれました。190131sdgsS学園

最後にESDの取り組み紹介として、県内3校から選ばれた、母校湘南学園中学校高等学校から次世代からのメッセージが紹介。

結党55周年を迎える本年、統一選挙、参議院選挙の大勝利の決起大会となる、公明党神奈川県本部新春の集い、1000名を越える方々をお迎えして開催。190116県本部

公明党山口代表からの挨拶や、神奈川県黒岩知事、横浜市林市長ら県下市町村長もご来賓としてご参加くださり、代表して黒岩知事からご挨拶も頂きました。190116beisyera

今回は運営役員を統一外、勇退議員で、座間市安田議員、寒川町太田議員らと受付役員でした。

190116受付

恒例の福島復興支援物産展も福島県本部の甚野議長らが賑やかに開催。190116福島

新年明けましておめでとうございます。190101 190102 190103 190106 190107

相模湾から昇る初日の出、大磯海岸兜岩を臨むスナップです。

決戦の年、新年の会が始まりました。平塚選挙区の県・市議会新人と元気にスタート。

新春の賀詞交換会が始まりました。

地元花水地区は花水公民館で開催。地元出身の河野太郎外務大臣も多忙の中、出席して挨拶。

新年度予算は20年前に比べ社会保障費等が倍増に、此れからの世代に付けを残さないための対策を検討していく必要がある。とのこと。

港地区新春の集いでは、1年半の外務大臣経験から、英語教育の重要性を訴えていました。

黒岩知事に2件の要望を提出。

1、県営団地(約45,000戸)の建て替えについて、今後長期にわたる計画に伴い、維持管理計画もしっかりと対応し、居住者約9万人に安心を。
2、道路標識、路面表示などの整備推進を積極的に行って欲しい。その為の全面的な財政支援を。
平成30年県議会定例会の最終日にあたり、新年度対応の緊急要望をしました。181221知事要望

佐々木さやか国政報告会開催。

太田昭宏元国交大臣から、SS(佐々木さやか)の
第1のSは清潔。
第2のSはスピード。
6年任期の参院議員、来夏参院選で当選すると
2025年までの任期となり、

181203佐々木さやか時局この大事な時代の活躍の場を頂きたいと力説。